アズキの「渋切り」 料理科学の森
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アズキの「渋切り」 料理科学の森

2020-06-05 17:00




    アズキを茹で終わった後、ザルに上げて水を注ぎます。
    これは「渋切り」で、皮や子葉(しよう・・種子の中の胚にすでにできている、最初の葉)に含まれるタンニン、その他アクや渋味成分を洗い流すのが目的である。

    アズキを煮るときに、水に漬けずに煮る理由

    参考文献 「こつ」の科学

    公式ホームぺージ 料理科学の森

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。