刺激物について 料理科学の森
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

刺激物について 料理科学の森

2020-09-24 17:00




    刺激物とは、
    カプサイシン
    イソチオシアネート
    ピペリン
    といった、三叉神経(さんさしんけい)への刺激作用がある物質です。

    それらは、「ニンニク」「唐辛子」「黒コショウ」「マスタード」「ワサビ」「ホースラディッシュ」「ショウガ」「クレソン」「ルッコラ」「大根」など様々な食材に含まれています。
    薬味につかわれる野菜の辛味成分


    ここからは主観です

    色々調べてみたが、ハッキリとした定義があるわけではなく、医療の現場では「タバコ」「酒」「コーヒー(カフェイン)」なども含むようです

    参考文献 食感をめぐるサイエンス

    公式ホームぺージ 料理科学の森


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。