ワラビやゼンマイのアク汁つけ 料理科学の森
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ワラビやゼンマイのアク汁つけ 料理科学の森

2020-11-26 17:00




    アク汁(灰汁)とは、草木灰、つまり藁灰(わらばい)や木灰(きばい)などの灰を水に浸して上澄みをすくった液のこと。
    このアク汁の主成分は、アルカリ性の炭酸カリウムである。

    線維の多いワラビ、ゼンマイのような山菜や、ヨモギのようなかたい薬草をアク汁(アルカリ性)につけると、軟らかく煮ることができ、色どりもよくなる
    アク汁の代わりに重曹(0.2~0.3%の濃度)を使っても、アルカリ性になるため同様の効果があある。

    ワラビの毒について

    参考文献 「こつ」の科学

    公式ホームぺージ 料理科学の森

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。