ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

真ん中に大きな穴のある杓子(しゃくし) 料理科学の森
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

真ん中に大きな穴のある杓子(しゃくし) 料理科学の森

2020-12-31 17:00

    普通の杓子(しゃくし)でかき混ぜると、粘度のある食材は杓子にくっついてしまう。

    穴あき杓子のメリットは
    材料どうしがくっつきにくい
    ●穴の縁では材料が2倍以上早く混ざる
    という2つの利点がある

    穴あき杓子は、イタリアでは「リゾット杓子」、フランスでは「かき混ぜ用杓子」という名前で呼ばれている

    木杓子でかき混ぜることと言われる理由

    参考文献 フランス式おいしい調理科学の雑学

    公式ホームぺージ 料理科学の森

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。