紹興酒に砂糖 料理科学の森
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

紹興酒に砂糖 料理科学の森

2021-01-27 17:00
  • 1




今回はネタ話です

紹興酒などの※黄酒には、よく砂糖が添えられる場合がある。
※黄酒(ホワンチュウ)は、中国の米を原料にする醸造酒。紹興酒は代表的な黄酒であり、老酒(ラオチュウ)は長期熟成させた黄酒

この意味は、「手前どもがお出しするこの酒は粗末なもので、とてもこのままでは飲めたシロモノではありませんから、どうぞこの砂糖でも入れて、甘い味にしてお召し上がりください」のシグナルです。
「そうですか、そりゃどうも」とその砂糖を入れるのは、さぞかしその通りまずいだろうと同意することになってしまいます。


ここからは主観です
上記の話は本場の中国の話であって、日本では砂糖を入れて飲むこと自体は、失礼ではないと思われますが、覚えておくとよいでしょう。
中国では、紹興酒には何も入れずに飲むのが一般的なようです。

参考文献 ガストロミ

公式ホームぺージ 料理科学の森


広告
×
紹興酒はマズくはないけど,舌触りが微妙に合わない。
結果,飲んだ後に砂糖を齧るクセがついてしまった。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。