ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ワインとぶどうジュースの風味の違い 料理科学の森
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ワインとぶどうジュースの風味の違い 料理科学の森

2021-02-19 17:00
  • 2




アロマ分子は、その物理的性質によって、液体中での性質が変わる。

●アロマ分子が疎水性(水に溶けにくい)場合
→脂肪に溶けやすくなる
→水分子に囲まれた場合、溶けにくいためヘッドノード(最初に感じる香)に出ていき、嗅覚で感知しやすい状態になる
→飲み物に含まれるアルコールが少ないほど、疎水性のアロマ分子がヘッドノードに逃げてしまう

●アロマ分子が親水性(水に溶けやすい)場合
→水に溶けやすい
→水分子に囲まれた場合、液体中にとどまるため、嗅覚で感知しにくい
→飲み物に含まれるアルコールが多いほど、親水性のアロマ分子がヘッドノードに逃げてしまう


ここからは主観です
一般的な香りは、水に溶けにくくアルコールや油脂に溶けやすいとされています。
※もちろん、水に溶けやすい香りもあります

つまり、アルコールや油脂が含まれていると香りが揮発しにくいということです。
結果、ワインよりぶどうジュースの方が香りが感じやすいとされている

参考文献 フードペアリング大全

公式ホームぺージ 料理科学の森

広告
×
どの辺が料理科学?要素皆無だと思うがw
2ヶ月前
×
>親水性(しんすいせい、hydrophile、hydrophilicity)とは、水 (H2O) との間に親和性を示す化学種や置換基の物理的特性を指す めっちゃ科学してるぞ、料理ではないがw
2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。