ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

石焼の保温力 料理科学の森
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

石焼の保温力 料理科学の森

2021-04-14 17:00




    石は非常に熱容量が高く、保温性が良い。
    これは、土鍋や陶器の焼き物なども同様である。
    つまり、いったん加熱されてそれ自体の温度が十分上昇すると、火が消えても長時間、熱を強力に供給し続ける事ができる

    放射熱の発散も大で、食品を平均に焼くことが可能
    また、焼いているときの温度からさらに上昇することもないので、焼き物が黒焦げになることがなく穏やかに火が通り、口当たりの良い焼き物ができる

    熱伝導率について

    参考文献 調理事典

    公式ホームぺージ 料理科学の森

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。