ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

じゃがいもの品種の味わい比較 料理科学の森
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

じゃがいもの品種の味わい比較 料理科学の森

2021-04-20 17:00
  • 1




【男爵】
うま味と甘味があり、エグみのない苦味が隠し味的な役割をしている
→付け合わせとしてバランスが良い

【メークイン】
苦味とエグみが強く「強いじゃがいも感」がある
→味の濃い料理の付け合わせに向いている

【インカの目覚め】
甘味やうま味、その余韻が楽しめる味わいで、苦味やエグみといった「じゃがいも感」を決定づける要素が少ない。
→栗やサツマイモ、かぼちゃに例えられることが多い
→付け合わせに使う場合、料理によっては個性に欠ける可能性がある

男爵薯とメークインの違い
じゃがいもの芽には毒がある

参考文献 「うまい!」の科学

公式ホームぺージ 料理科学の森

広告
×
うーんこれ多分、収穫時期にもよるような気がする。早掘りはエグみが強いとか、新じゃがだと味が薄いとかある。
あと今年は記録的なジャガイモ不足(年度前半期)。ひょっとしたら後半も種イモ不足で高くなるかもしれない。なので自家栽培するといいかもしれない。
2週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。