ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

燻製の防腐性 料理科学の森
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

燻製の防腐性 料理科学の森

2021-06-13 17:00
  • 1




温燻(おんくん)、冷燻(れいくん)ともに、煙の中に含まれる防腐性の物質によって材料の保存性を高める

【理由】
木材の燻製には、ホルムアルデヒド、酢酸(食酢)、その他有機酸など、微生物の増殖を抑える化合物が含まれる
また、酸の影響で燻煙は微生物が増殖しにくいpH2.5程度となる
さらに燻煙に含まれているフェノール化合物の多くも抗菌活性を持っており、加えて抗酸化活性もあるため、燻製にした肉や魚は酸敗臭が生じにくい

参考文献 マギーキッチンサイエンス 調理事典 総合調理科学事典

公式ホームぺージ 料理科学の森

広告
×
へー
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。