ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

麹の糖化作用 料理科学の森
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

麹の糖化作用 料理科学の森

2021-06-14 17:00




    麹(こうじ)の中には強力なアミラーゼが含まれる
    これがでんぷんを糖化する。
    アミラーゼは、40℃程度でよく働き、65℃以上になると活性を失う


    麹とは、蒸煮した白米、大麦、大豆などの穀類や豆類に、こうじかびを繁殖させたもの
    アミラーゼやプロテアーゼなどの分解酵素をだし、でんぷんやタンパク質を分解し、それを栄養源に酵母や微生物が繁殖して発酵食品独特の風味を付与する

    参考文献 調理事典 総合調理科学事典

    公式ホームぺージ 料理科学の森

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。