ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ヒマシ油のしぼりカスは猛毒 料理科学の森
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ヒマシ油のしぼりカスは猛毒 料理科学の森

2021-06-20 17:00
  • 3


今回はネタ話です。

食用油ではないが、植物油にヒマシ油があります。
日本では下剤として用いられています。

写真 トウゴマ(唐胡麻)

画像 ウィキペディアより

ヒマシ油はトウゴマ(唐胡麻)という高さ10mにも達する植物の種から採られます。
植物油脂としては、粘度、比重ともに最大であり、流動性も高いので各種工業用として用いられています。
トウゴマの種にはリシンという猛毒が含まれています。しかし、リシンはタンパク質毒であり、ヒマシ油を採るときにはトウゴマの種を加熱して炙るため、リシンは熱変性して毒性を失っていることになります。

ヘビ酒の毒成分

参考文献 食品の科学

公式ホームぺージ 料理科学の森

広告
×
へー
1ヶ月前
×
喧嘩商売でみたやつか
1ヶ月前
×
傘に仕込んだエアガンで暗殺に使われたヤツな
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。