クトゥルフ神話系mugenストーリー「D:code」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

クトゥルフ神話系mugenストーリー「D:code」

2019-08-15 01:12
    mugenというゲームツールを使った創作動画「mugenストーリー」。
    ニコニコ動画でよくみるボイスロイド劇場やTRPGリプレイ動画に近い部類の動画である。
    動画の中でキャラクターたちが動き、作者独自のストーリーを紡ぎだすことができる。
    簡単な話、草薙京やソル・バッドガイ、テリー・ボガードといった有名キャラからオリジナルのキャラクターまで何でもありのストーリーを作ることができる。

    mugenストーリーの内容は様々ではあるけれど、その中でも今年になって投稿された作品がある。
    その作品名は【D:code】。
    アメリカ合衆国マサチューセッツ州の架空都市【アーカムシティ】で起きた神々の遺産を巡る戦いに巻き込まれた人々の戦いを記録したストーリーである。

    タイトルや上記の文章でお察しの方もいるだろうが、このストーリーはクトゥルフ神話を取り入れた内容なのである。

    といってもラヴクラフト全集やらルールブックのシナリオにあるような未知との恐怖、コズミックホラーへの抗い、脱出ではなくいわゆる【戦うクトゥルフ神話】の内容なのである。

    【あらすじ】
    《遥か大昔、宇宙より飛来した旧支配者たちはアーカムシティで地球の侵略を始めたが、【コード】と呼ばれる超能力を扱う人々、人々の祈りを受けて来訪した旧き神々によって封印されアーカムシティには現代に至るまで平穏な時が訪れる。
    時は流れ、突如アーカムシティに【ヨグ=ソトース】を名乗る少女が現れ封印された旧支配者たちやその眷属たちを解き放ってしまう。

    ヨグ=ソトースは【夜会】と称し、【事象を書き換える力】を景品にアーカムシティで殺し合いを始める。そこに偶然居合わせた格闘家のテリー・ボガードはとある女性との約束を交わし、彼女の妹とアーカムシティの平和を守ることを決意するのであった。》

    要はアーカムシティに出現する旧支配者やその眷属たちと超能力で対抗する。
    登場する旧支配者として、イタクァやクトゥグア、ナグとイェブなどが現在登場している。

    【超能力・コードについて】
    人間では普段抗うことすら困難な相手に対して【コード】と呼ばれる超能力で戦うのだ。
    コードとは別世界へ接続し、その世界の力を一時的に得るものだ。
    そしてコードを使うものたちを【コード使い】と呼ぶ。
    例えるならスクライドのアルター能力やGAROの鎧に近い。

    今作ではその別世界の力は主に仮面ライダーとなっている。(もちろんライダー以外にもある。)
    仮面ライダーVS旧支配者なんてpixivやらハーメルンなどにありそうなものだが。

    【簡単な登場人物紹介(職業と主な目的と変身する力)】
    ・テリー・ボガード(仮面ライダーディケイド)
     格闘家。【夜会】に巻き込まれるも、約束を守るために戦う主人公。

    ・東雲アズハ(仮面ライダージョーカー)
     探偵。アーカムシティに蔓延る謎を解き明かす。

    ・シスター・ナイア
     ンガイ教会のシスター、ただの一般人。テリーやアズハのサポートを行う。

    ・レラ(仮面ライダーウィザード)
     高校生。10年前に家族を殺した怪物を追っている。

    ・カンナ(仮面ライダーキバ)
     高校生。ヨグ=ソトースの企みを阻止すべく善なるコード使いたちを集める。

    ・ロック・ハワード(仮面ライダークウガ)
     格闘家。旧支配者から人々を守るために戦う。

    ・アネル・ロランジュ(アル・アジフ)
     高校生。10年前に死んだと思われていた兄を救うために戦う。

    ・ゾディアック・ロランジュ(仮面ライダーナイト)
     不明。ヨグ=ソトースと手を組み、神々の遺産を狙っている。

    ・刑死者(仮面ライダー王蛇)
     不明。ゾディアックに雇われ、金のために動く。


    文才がないのでこれで本作の面白さがわかるかどうかは不明であるが、
    もし特撮とクトゥルフ神話が好きな人がいるならば是非この作品をお勧めしたい。


    wikiはこちら
    http://www30.atwiki.jp/niconicomugen/pages/8886.html
    ここまでのご購読ありがとうございました。
    興味があれば本記事、動画へのコメントをよろしくお願いします。



    ちなみにこのD:codeの作者はこの記事を書いた者と同一人物である。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。