ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ワインのラベルからわかること。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ワインのラベルからわかること。

2013-06-10 12:59
    前々回、ワインの大まかな分類について書きましたが、
    今回は具体的にワインのラベルを見ていこうと思います。
    日本にあるワインについては、基本的にラベルを見ればどのようなものかわかります。
    以下の写真をご覧下さい。

    ル・オー・メドック・ド・ジスクール(LE HAUT MEDOC DE GISCOURS)


    ヴィンテージが違うだけで、どちらも同じワインのラベルです。
    よく見ると'98と'06でラベルが少し変わってますね。
    現行ヴィンテージは2008年。価格はだいたい2千円台後半。
    3千円出せばまず間違いなく買えるはず。

    このワイン、前回書いた『神の雫』に序盤で登場しています。
    その頃は、2000年ヴィンテージで1000円台だと言うんだから、
    今からしたら嘘だろうと思えるような話。『神の雫』登場後に、
    約1,000円値上がりしたということですね。どんどん値上がりしますね……

    ここで少しこのワインについて説明をします。
    98年のラベルにも小さく書いてありますが、フランス産のワインです。

    少し難しい話をします。
    フランスには、原産地統制名称、通称AOCというものがあります。
    法律はどんどん変わるものですので、僕も細かいところは詳しくありません。
    しかし、フランスワインの中でも、最高級ワインに位置づけられるのが
    AOCであることにはそうそう
    変わらないでしょう。
    AOCは、アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレの頭文字です。
    スペルはお調べください。

    AOCを名乗るためには非常に厳しい規制があり、
    生産地域、品種、最低アルコール度数、最高アルコール度数、

    最大収穫量、栽培法、剪定方法、醸造法、熟成条件、試飲検査があります。

    またラベルには、①原産地名称、②原産地統制名称、③瓶詰め元の名前、住所
    ④容量、⑤アルコール度 の記載が法律で義務付けられています。
    ※意外なのは、ヴィンテージ表記は任意事項であることです。

    他の国のワインでも同じようなことが言えるのですが、
    どの国も厳しい法律を持っていること、また、表示に関する法律は
    大雑把に見るとだいたい同じである為、ワインはラベルを見れば、

    生産地域やら、それに伴いどのような品種で造られているかが(ざっくりと)わかります。

    HAUT-MEDOCという言葉を最初に書いてありますが、
    これはフランスのボルドーという地方にある地区の名前です。
    HAUT-MEDOCというA.O.Cには、赤ワインしか存在しません。
    また、使用して良いブドウ品種は、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、
    カベルネ・フラン、カルメネール、プティ・ヴェルド、マルベック。以上です。
    これ以外のブドウ品種は使用してはいけません。使用するのであれば、
    A.O.C HAUT-MEDOCを名乗ることは出来ません。

    また、造り手によって差はありますが、この地域のワインは
    カベルネ・ソーヴィニヨン主体で造られています。
    つまり、その時点で「基本的な」味わいの傾向はわかります。

    よって、ラベルによって生産地域等がわかれば、使用されている品種がわかり、
    味の傾向がわかるということになります。もちろん、何度も繰り返しますが、
    これは「基本的な」傾向です。その点は注意してください。

    ※13.07.06修正

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。