• 【進撃!第二次作戦「南方作戦」】イベントメモ【E6】

    2019-12-15 16:10
    E1【八駆見参!バリ島沖海戦】
    E2【強襲!第二次ジャワ沖海戦】
    E3【激突!スラバヤ沖海戦】
    E4【バタビア沖海戦】
    E5【ダバオ沖哨戒線】

    E6【激闘!第三次ソロモン海戦】

    輸送ゲージ




    ゲージ1本目は輸送連合。
    基本的にS勝利は狙わずA勝利を重ねる想定の編成、A勝利8回で達成できるはず。
    道中ボス共に航空勢力はいないため瑞雲で制空を取る。
    晴嵐ではなく瑞雲を使用しているのは対空射撃回避補正がある機体を使用するため。
    また道中の潜水艦対策で対潜装備も少し積んでおく。
    道中支援はほぼ必須、突破率が全然違うので支援を出した方が安くつくはず。
    決戦支援はA勝利狙いならいらなさそう。



    第一隊は道中のボス前マスに、第二隊は潜水艦マスに、第三隊はボスマスに送る。
    S勝利も狙うなら第一隊もボスマスの方が良さそう。



    ルートはC→F→I→K→N→O→P。

    Cマスは能動分岐。
    Dマスは通常戦闘マスだけど
    輸送連合には少しきつい相手のため
    潜水艦マスを選んだ方が多分楽。



    Fマス


    随伴艦が4隻確定なため基地航空隊を送っても旗艦が残りやすい。
    砲撃戦後の雷撃を撃たせないためにも対潜艦が1隻欲しい。

    Kマス


    夜戦マス。
    駆逐艦が多いため支援がかなり有効。
    陣形は支援ありなら単縦陣、
    支援なしなら警戒陣が良さそう。











    Nマス


    こちらは駆逐艦が多いためツ級の砲撃もかなり痛い。
    A勝利狙いならならここに基地航空隊を送りたい。

    ボス(P)マス


    削り中も最終も同じ編成だったはず。
    旗艦が堅いためS勝利を狙いにくい。
    辿り着けばA勝利は割と余裕。













    ゲージ1本目での出撃回数は18回。資源の消費は以下。

     ↓

    少々遠征分の回復あり。


    ギミック解除


    輸送ゲージを削り切ったら戦力ゲージ前にルート追加のギミック解除。
    ・NマスS勝利
    ・PマスS勝利
    ・VマスA勝利2回
    ・Eマス航空優勢
    ・Hマス航空優勢
    ・Mマス航空優勢
    ・基地防空航空優勢
    でルートが追加される。

    N/PマスS勝利は輸送ゲージ時の編成を通常装備に変更して使用する。
    基地航空隊を一方に集中させて1マスずつ攻略すればそれほど難しくない。

    次はE/H/Mマス航空優勢をまとめて実行。

    ルートは、
    A→B→E→D→F→G→H→J→K→M。

    道中全8戦あるが、
    それぞれのマスに対策をしていれば
    撤退になるのは夜戦マスくらい。








    水上部隊で軽空母を2隻編成、全スロットに艦戦を乗せ航戦にも1つ積む。
    道中で通常戦闘が1戦あるためネルソンタッチを使える並び順にしておく。
    道中に潜水艦マスがあるため第二艦隊には対潜装備を積む。
    また、夜戦マスもあるため対潜艦は下の方に配置する。



    第一隊と第三隊は通常戦闘マスのDマスに、第二隊はBマスとFマスに1回ずつ送る。

    Bマス


    Fマスと同じ編成。

    Eマス


    ギミック対象マス。
    見た目ほど制空値は高くなく、
    基地航空隊なしでも航空優勢は取れる。












    Dマス


    ツ級フラグシップ2隻の単縦陣のケースもあるはず。
    基地航空隊とネルソンタッチでほとんど倒せる。

    Hマス


    Eマスと同様。














    Jマス


    航空優勢が取れないが
    ギミック対象マスではないため
    特に問題ない。












    Mマス


    E/Hマスと同様。














    次はVマスA勝利。




    Vマスへ向かうため機動部隊で編制。
    最短ルートを通るため高速統一。また、空母3隻、内正規空母2隻に抑える。
    砲撃戦が第二艦隊から始まるため戦艦が1隻いると少し楽。
    道中の潜水艦マス用に対潜装備も積む。



    第一隊と第三隊は陸戦2陸攻2でVマスへ送る。
    Vマスはかなり制空値が高いためこれでも航空劣勢は割とギリギリ。
    第二隊は道中の潜水艦マスへ。



    ルートはC→F→G→J→L→R→V。








    Lマス


    砲撃戦で当たると少し痛い。














    Vマス


    制空値がかなり高め。
    そのため基地航空隊があまり当てにならないが、
    A勝利なら支援なしでもそれなりに取れる。












    最後に基地防空航空優勢。


    上の画像の編成で制空確保可能。
    制空値が高い方から詰めれば2隊で航空優勢取れるかも?


    戦力ゲージ削り




    ネルソンタッチに特攻艦の比叡と霧島を参加させる。
    第一艦隊が6隻未満になるとネルソンタッチを出せないため秋津洲にダメコンを乗せる。
    司令部施設は主に第二艦隊の撤退用。
    秋津洲には回避重視でSGレーダーを乗せたが射程が中になるので他の電探の方が良さそう。
    第二艦隊は道中の潜水艦マス対策に対潜艦を2隻。
    夜戦マスで警戒陣を使うため4番艦に軽巡を置く。
    ボスマスで夜戦時に5番艦まで残っていることがあるため
    特攻艦の夕立は6番艦ではなく5番艦に置いておく。



    第一隊、第二隊はボスマスに、第三隊は潜水艦マスに送る。



    ルートは
    A→B→D→I→K→X→S→W。







    Sマス


    ネ級改の攻撃が痛い。














    ボス(W)マス


    削り中編成。
    第一艦隊の随伴艦が堅く非常に戦い辛い。
    ただ当てさすれば割合ダメージ分は削れるので
    支援や基地航空隊で手数を稼ぎたい。

    時間はかかるがこの後のギミックのため
    ゲージ破壊可能になるまで削る。









    ギミック解除


    戦力ゲージを破壊可能な段階まで削り切ったら装甲破壊のギミック解除。
    ・SマスS勝利
    ・QマスS勝利
    ・VマスS勝利
    ・Mマス航空優勢
    ・基地防空航空優勢2回
    でボス旗艦に対するダメージ増加。

    SマスS勝利はボス用の編成で基地航空隊をSマスに送れば特に問題なし。
    VマスS勝利はルート解放ギミックと同じ編成で行けるはず。
    基地防空航空優勢はルート解放ギミックと同様。

    QマスはVマス用編成で軽空母を正規空母に替えれば上の画像のルートで到達可能。
    敵編制は以下。
    Qマス


    Vマスと比べてかなり軽め。
    辿り着けば特に問題なくS勝利を取れるはず。













    最後にMマス航空優勢。


    潜水艦と基地航空隊でMマスの航空優勢を目指す。
    潜水艦ならMマスまでの道中でダメージを受ける可能性があるのは夜戦マスのみ。
    かつ目的のMマスは空襲マスのため潜水艦なら大破しても進撃できる。



    基地航空隊は全てMマスへ。
    この編成なら艦上偵察機を高高度局戦に代えればそのまま基地防空もできる。


    戦力ゲージ破壊




    司令部施設と秋津洲のダメコンを外す。
    秋津洲は2スロット目に修理施設を装備して第二艦隊の4~6番艦を修理できるようにする。
    第二艦隊は夕立をカットイン装備に変更、運が低いため旗艦に置く。
    止めを刺せる雪風と綾波は下の方に配置。



    第一隊、第二隊はボスマスに、第三隊は潜水艦マスに送る。



    ルートは
    A→B→D→I→K→X→S→W。







    ボス(W)マス


    最終編成。
    第一艦隊がさらに堅くなる。
    S勝利は現実的ではないので、
    止めを刺せる艦を複数用意するのが良さそう。













    魚雷2つの夕立でも上手く刺されば
    一撃で旗艦を落とせる。








    ゲージ2本目での出撃回数はギミック解除も含めて57回。E6全体で計75回。
    資源の消費は以下。

     ↓


     



  • 広告
  • 【進撃!第二次作戦「南方作戦」】イベントメモ【E5】

    2019-12-08 12:56
    E1【八駆見参!バリ島沖海戦】
    E2【強襲!第二次ジャワ沖海戦】
    E3【激突!スラバヤ沖海戦】
    E4【バタビア沖海戦】

    E5【ダバオ沖哨戒線】

    ゲージ1本目


    ゲージ1本目は通常艦隊。
    制空値は道中で航空優勢以上が取れる程度にする。
    ボスが潜水艦のため駆逐艦は全員対潜装備。
    道中は警戒陣を使うため被弾が大きくなりやすい4番艦に戦艦を置く。
    警戒陣だと支援の効果も薄いため支援は道中決戦共に使用しない。



    第一隊は道中の通常戦闘マスそれぞれに1回ずつ、
    第二隊は道中の潜水艦マスとボスマスに1回ずつ送る。
    別のマスに送ると疲労が溜まりやすいため定期的に休息させないと命中率が落ちる。


    ルートはC→E→G→J。

    Bマスが空襲マスのため
    Cマスより多少楽だが、
    もっと軽い編成にしないと
    Bマスには行けない模様。




    Cマス


    基地航空隊が随伴艦を片付けてくれれば先制対潜で大体旗艦も落とせる。

    Eマス


    ハズレ編成ではツ級フラグシップが混じる。

    Gマス


    陣形が輪形陣で固定のため
    見た目ほど強くはない。
    雷撃もほとんどあたらないため
    基地航空隊はEマス集中も良さそう。











    ボス(J)マス


    左と中央は削り中、右が最終。
    削り中で編成が2パターンあるが、潜水艦の性能は変わらないためあまり影響はない。
    削り中でも最終でも対潜装備がしっかりしていれば簡単に装甲を抜ける。


    ゲージ1本目での出撃回数は6回。資源の消費は以下。

     ↓



    ゲージ2本目




    ゲージ2本目は水上部隊、装備は道中重視。
    制空は道中の通常戦闘で航空優勢以上、空襲戦で航空拮抗以上、ボス航空拮抗。
    支援なしではS勝利はほぼ無理だが、それなりにボスへ辿り着くため少しずつ削れる。



    第一隊は陸戦2陸攻2でボスマスへ、第二隊は道中の潜水艦マス2ヵ所に1回ずつ送る。
    ボスマスでは航空劣勢になっているはず。


    ルートは
    A→C→(B→)E→F→I→K→O。

    Cマスからの分岐はランダム。
    軽空母を1隻に減らすと
    C→Eで固定できる。




    Aマス


    Cマスより少し強めの編成。














    Bマス


    空襲戦。
    他の空襲戦マスより若干弱い。
    ここで被害を受けることはほとんどないが、道中の戦闘が多いため燃料の消費が痛い。

    Fマス


    空襲戦。
    右の編成の場合それなりに対空がないと航空拮抗も取れない。
    ラストは右の編成固定ではないが、恐らく左の編成は出ない。

    Iマス


    通常戦闘。
    軽空母の攻撃が結構痛い。
    ラストは右の編成で固定。

    Kマス


    空襲戦。
    恐らくFマスと同様。

    ボス(O)マス


    削り編成。
    ボスがとんでもなく堅い訳ではないが、
    道中の潜水艦対策や制空値の確保のため
    こちらの手数が少なく非常に辛い。

    当たり具合が悪く夜戦の相手が
    第二艦隊になることもそれなりにあるので、
    削り中から決戦支援があっても良さそう。








    ラストは編成を変更。




    第一艦隊は道中戦を減らすため軽空母を1隻に削減、制空は航巡と航戦で補う。
    ボスマスでは基地航空隊と合わせて制空拮抗。
    長門と陸奥は特殊砲撃に特化するために道中の弾着観測を捨てて電探を装備。
    第二艦隊は対潜艦を2隻に削減。
    浜風はボスに対して特攻があるが特攻倍率を掛けても北上の方がまだ火力があるはずなので
    北上を下の方に配置する。
    浜風の電探は対空カットインも出せるようにGFCSの方が良かったかも。



    制空値調整のため第一隊は陸戦3陸攻1に変更。
    対象マスは削り時と同じ。

    ボス(O)マス


    最終編成。
    制空値がかなり上がるため、
    航空拮抗を取るのもかなりきつい。
    ボスの装甲は恐らく変更なし。

    長門の特殊砲撃か夜戦のカットインが当たれば
    一撃で倒せる可能性もあるため、
    支援は全力で出して随伴艦の数を減らしたい。










    当たればなんとかなる。









    ゲージ2本目での出撃回数は46回、E5全体では計52回。
    ゲージ2本目での資源の消費は以下。

     ↓



    E6【激闘!第三次ソロモン海戦】

     


  • 【進撃!第二次作戦「南方作戦」】イベントメモ【E4】

    2019-12-04 03:03
    E1【八駆見参!バリ島沖海戦】
    E2【強襲!第二次ジャワ沖海戦】
    E3【激突!スラバヤ沖海戦】

    E4【バタビア沖海戦】

    輸送ゲージ




    明石でルート固定する水上部隊を編成。
    明石は砲を積んでも駆逐艦程度の火力しかないためとりあえずバルジを装備してみたものの、
    装甲も駆逐艦程度しかないので回避率を上げる缶やタービンの方が良いかも。
    道中、ボス共に航空戦力はいないため、空母は攻撃機のみ。
    道中は第二艦隊が砲撃戦をすることはほとんどないため、第二艦隊に輸送用装備を積む。
    夜戦火力はないためボス昼でS勝利を取れなかった場合は夜戦せずに諦める。



    基地航空隊は両方ボスマスへ。
    ボスマスに航空勢力がいないため陸攻4で編成。



    ルートはF→G→I→J→M→N→P。
    Iマスが泊地修理。







    Fマス


    基地航空隊は片方こっちに
    送っても良さそう。













    Gマス


    今回の編成では余裕を持って第一艦隊だけで倒せる。














    Mマス


    Gマス同様水上部隊なら
    特に問題にならない。













    ボス(P)マス


    タ級が混ざるパターンもあり。
    削り時、破壊時で編成が固定されているわけではなさそう。
    A勝利を取るだけなら基地航空隊なしでも割と楽。
    S勝利を狙うなら特攻艦を第二艦隊に置かないと安定しなさそう。











    輸送ゲージでの出撃回数は6回。資源の消費は以下。

     ↓



    戦力ゲージ




    戦力ゲージでも明石でルート固定する水上部隊を編成。
    戦力ゲージでは空襲マスがあるため対空装備に。
    削り中は安定のため対潜艦を2隻用意する。3隻いても良いかも。



    基地航空隊は両方ボスマスへ。
    削り中はボスマスに航空勢力がいないため陸攻4で編成。



    ルートはF→G→I→J→M→N→R→S。








    Rマス


    空襲戦マス。右のパターンはラストのみ。
    今回の編成では左のパターンで優勢、中央のパターンで拮抗。

    ボス(S)マス


    削り中編成。
    夜戦開始時には大体第一艦隊の上2隻が残る。
    当たり方次第では支援なしでもS勝利を狙える。
    削るだけなら支援なしで十分。












    ギミック解除


    破壊可能なところまでゲージを削ったら特攻に補正がかかるギミックを解除。
    ギミック解除には、
    ・PマスA勝利2回
    ・EマスS勝利
    ・基地防空優勢
    が必要。

    まずPマスA勝利。




    今回は水上部隊でたどり着けないため輸送連合を編成。
    砲撃戦は第一艦隊から始まるので火力を出せる駆逐艦は第一艦隊へ、
    それ以外の駆逐艦は対潜装備で第二艦隊へ。



    基地航空隊は道中のL,Mマスに1部隊ずつ送る。
    目的のPマスはA勝利で良いので基地航空隊なしでも問題ないはず。

    Kマス


    対潜艦が3隻もいれば割と安定する。














    Lマス


    旗艦の軽巡改の砲撃が若干痛い。
    ただ基地航空隊を送っておけば
    第二艦隊に回るまでに倒せるはず。












    目的のPマスは輸送ゲージ時と変わらず。


    次はEマスS勝利と基地防空。




    Eマスに辿り着くため機動部隊を編成。
    基本的にゲージ削り時の編成をそのまま機動部隊に流用した編成で問題ない。



    Eマスは道中もEマスそのものも大して強くないため、並行して基地防空優勢を目指す。



    ルートはA→C→E。
    Hマスは雰囲気マスなので
    Eマスから進撃しても問題ない。






    Cマス


    雷撃戦までもつれると少し痛い。














    Eマス


    目的のマス。
    特に気にすることはないはず。














    ギミックを解除したらゲージ破壊。




    ラストは編成を少し変更。
    ラストは空襲マスの制空値が少し上がるため水戦を1つ積んで制空値調整、
    削り時の構成でも航空拮抗は取れそうだが念のため。
    第二艦隊は対潜艦を減らして由良は夜戦カットインが出せる装備にしておく。
    画像では探照灯持ちを2番手に置いてるが、夜戦時には敵の1,2番艦が残ることが多いので、
    3番手に置いた方が良さそう。
    ラストはボスにも航空戦力がいるが基地航空隊は全て攻撃機のままで航空劣勢が取れるはず。

    ボス(S)マス


    最終編成。
    削り時と若干編成が異なるが
    同じような感覚で戦えるはず。















    ギミック解放後は特攻艦であれば
    それなりに装甲を抜けるはず。








    戦力ゲージでの出撃回数はギミック解除を含めて12回、E4全体では計18回。
    戦力ゲージでの資源の消費は以下。

     ↓



    E5【ダバオ沖哨戒線】
    E6【激闘!第三次ソロモン海戦】