【捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)】イベントメモ【E6】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)】イベントメモ【E6】

2018-03-01 01:57
    E1【作戦開始 前路哨戒を厳とせよ!】
    E2【威風堂々 出撃!栗田艦隊】
    E3【小沢機動部隊 全力出撃!】
    E4【サマール沖 その先へ――】
    E5【多号作戦改】

    E6【追撃!第二遊撃部隊】

    E6のゲージは3本。
    まずは1本目。


    編成は上のような感じで。
    駆逐艦はルート固定のため2隻必要。
    今回は道中の通常戦闘マスを1巡で切り抜けるため戦艦は採用していない。
    また、航空戦での被害軽減のため航巡を2隻採用して水戦を乗せる。
    ただ制空計算は割と適当なので水戦は3つでも同じくらいの制空状態になるかも。

    基地航空隊は飛ばす先の候補として空襲戦マス、潜水艦マス、ボスマスがある。
    今回は照月を編成しているため空襲戦マスへの支援を少なめにして、
    第一は2ヶ所の空襲戦マスに各1回ずつ、第二はボスマス、第三は潜水艦マスに送った。



    駆逐艦のルート固定は
    O→Pのため、ここまでに駆逐艦を
    退避させるとボスに到達できない。






    敵編成は以下。

    Cマス


    空襲戦。
    軽空母はeliteだが艦載機は黒艦載機。

    Hマス


    潜水艦マス。
    梯形陣固定で全てソ級のため警戒陣を使用してもそれなりに攻撃を受ける。
    対潜哨戒機を編成した基地航空隊を飛ばせば全滅させることも可能なので
    できればここに飛ばしておきたい。

    Gマス


    雷撃戦での被害は怖いが、制空が取れるため砲撃戦である程度は倒せる。
    ここは他のマスよりは楽なため、キツい場合でも基地航空隊は他に回して
    支援で対応した方が良さそう。

    Oマス


    Gマスと比べて砲撃戦はキツいが雷撃戦はそれほどでもない。
    戦艦を入れない編成だとここの砲撃戦が1巡で終わるので被害が出る前に終わりやすい。

    Pマス


    空襲戦。
    Cマスより若干強い。
    Cマスは初戦で撤退しても損害は
    小さいためこっちに基地航空隊を
    2回送っても良いかも。










    ボス(U)マス


    右の編成はラスト。
    削り中は随伴艦が弱く支援なしでS勝利も狙える。
    ラストもそれほど強化されないが、戦艦が混じるため砲撃戦が長くなる。
    戦艦を入れていない編成だと砲撃戦の回数が増えるのは被害が増えるだけなので
    夜戦までに大破艦が出やすくなる。
    ラストは支援なしでも倒せそうだが、決戦支援を出してさっさと終わらせた方が
    資材の消耗が少なそう。


    ゲージ1本目破壊時点での出撃回数は6回。資源の消費は以下。


     ↓



    次はゲージ2本目。
    ゲージ1本目破壊時点ではゲージが出現していないのでギミック解除から。

    ゲージ出現のためには
    KマスでA勝利以上
    IマスでS勝利が必要。

    Hマスは能動分岐。
    それぞれのギミックマスへは
    一定の索敵値で行ける。


    Kマス


    Kマスは空母棲気を中心とした編成。
    こっちはA勝利以上で十分なので空母棲姫は倒せなくても大丈夫。
    空母は出撃できないので制空を取るなら航巡で。












    Iマス


    こちらはS勝利が必要だがかなり軽い編成。














    ゲージが出現したら次は本戦。


    削りは上のような編成で。
    削り中は道中ボス共に航空勢力が出現しないため水戦1つを持たせて制空確保。
    水爆でも取れるけどボス戦前に全滅するとキツいので水戦の方が良さそう。
    基地航空隊は全て攻撃機にしてボスマスへ。


    ルートはF→J→N→L→Q→V
    Lマスの分岐は索敵成功で
    Qマスに向かうように変更される。







    Jマス


    重巡を中心とした編成。
    単縦陣でも警戒陣でも大丈夫。

    ゲージ破壊可能になると右の編成に
    固定になるみたいなので
    事故が多ければラストは警戒陣に
    固定する手も。








    Lマス


    軽量艦編成。
    単縦陣や複縦陣の編成を引けば楽だが警戒陣はなかなか攻撃が当たらない。
    かといって特に対策仕様がないのでとりあえず単縦陣で良さそう。

    Qマス


    Iマスと似た編成だがリ級改は出なさそう。














    ボス(V)マス


    ラストは右の編成。航空勢力が加わって制空を取る必要が生じる。
    随伴艦はかなり弱いがボスが相当固い。
    随伴艦は支援なしでも昼の内に全滅できるが、その状況からボスを倒しきれないことも。
    ひとまず昼の内に随伴艦をすべて倒して夜戦は集中攻撃で削り、
    後ろに配置した高火力艦で倒しきるようにしたい。

    ラストはちょっと編成を変更。


    水戦を積むために重巡と航巡を入れ替え、司令部施設を外して昼戦で火力のある戦艦を前へ。
    雪風はとどめ用にカットイン装備に変更。
    ボス戦で制空を取るために水戦を3つ積んだけど、
    基地航空隊を弄って2つで済むようにした方が良かったかも。
    支援は道中ボス共に使わなかったけどラストは決戦くらい出しても良さそう。



    ボスは島風以下の3隻なら
    装甲を抜けるはず。








    ゲージ2本目の出撃回数はギミック解除を含めて12回、ここまでの合計は18回。
    ゲージ2本目での資源の消費は以下。


     ↓



    次はゲージ3本目。
    ゲージ3本目は出現させるために基地防空優勢が3回必要。
    これは志摩艦隊札の潜水艦をCマスまで送って基地空襲を発生させれば達成できる。

    ゲージ出現後の編成は下のような感じで。


    編成と基地航空隊は基本的に第1ゲージの時と同じような感じに。
    今回は航巡の水戦を1つ減らして夜偵を装備、
    基地航空隊はボスマス用の第2隊を陸戦2陸攻2に変更。


    ルートも第1ゲージとほぼ同じ。
    基地航空隊も第1ゲージの時の同様に
    第1隊C,Rマスへ、
    第2隊をボスマスへ、
    第3隊をHマスへ送る。





    敵編成は以下、第1ゲージと同じ個所は省略。

    Rマス


    空襲戦。
    第1ゲージのPマスより若干強い。













    ボス(W)マス


    ラストの編成は取り忘れ。
    ラストは戦艦棲姫と軽空母が2隻に増える。

    削り中は随伴艦が弱く削るのは容易。
    戦艦棲姫がいる分第1ゲージよりキツい程度。











    ラストは特効を持つ誰かが
    ボスを狙い打ってくれれば終わる。

    今回は決戦支援なしでも
    運良くなんとかなったけど
    最後は決戦支援を送るべき。





    ゲージ3本目の出撃回数はギミック解除を含めて11回、E6での合計は29回。
    ゲージ3本目での資源の消費は以下。


     ↓


    E6全体では一番消費した燃料が2万強、一番消費してない弾薬が6千前後。
    連合艦隊ではなかったけどさすがにゲージが3本もあるとそれなりの消費に。

    E7【暁の水平線に勝利を──】

     
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。