【進撃!第二次作戦「南方作戦」】イベントメモ【E6】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【進撃!第二次作戦「南方作戦」】イベントメモ【E6】

2019-12-15 16:10
    E1【八駆見参!バリ島沖海戦】
    E2【強襲!第二次ジャワ沖海戦】
    E3【激突!スラバヤ沖海戦】
    E4【バタビア沖海戦】
    E5【ダバオ沖哨戒線】

    E6【激闘!第三次ソロモン海戦】

    輸送ゲージ




    ゲージ1本目は輸送連合。
    基本的にS勝利は狙わずA勝利を重ねる想定の編成、A勝利8回で達成できるはず。
    道中ボス共に航空勢力はいないため瑞雲で制空を取る。
    晴嵐ではなく瑞雲を使用しているのは対空射撃回避補正がある機体を使用するため。
    また道中の潜水艦対策で対潜装備も少し積んでおく。
    道中支援はほぼ必須、突破率が全然違うので支援を出した方が安くつくはず。
    決戦支援はA勝利狙いならいらなさそう。



    第一隊は道中のボス前マスに、第二隊は潜水艦マスに、第三隊はボスマスに送る。
    S勝利も狙うなら第一隊もボスマスの方が良さそう。



    ルートはC→F→I→K→N→O→P。

    Cマスは能動分岐。
    Dマスは通常戦闘マスだけど
    輸送連合には少しきつい相手のため
    潜水艦マスを選んだ方が多分楽。



    Fマス


    随伴艦が4隻確定なため基地航空隊を送っても旗艦が残りやすい。
    砲撃戦後の雷撃を撃たせないためにも対潜艦が1隻欲しい。

    Kマス


    夜戦マス。
    駆逐艦が多いため支援がかなり有効。
    陣形は支援ありなら単縦陣、
    支援なしなら警戒陣が良さそう。











    Nマス


    こちらは駆逐艦が多いためツ級の砲撃もかなり痛い。
    A勝利狙いならならここに基地航空隊を送りたい。

    ボス(P)マス


    削り中も最終も同じ編成だったはず。
    旗艦が堅いためS勝利を狙いにくい。
    辿り着けばA勝利は割と余裕。













    ゲージ1本目での出撃回数は18回。資源の消費は以下。

     ↓

    少々遠征分の回復あり。


    ギミック解除


    輸送ゲージを削り切ったら戦力ゲージ前にルート追加のギミック解除。
    ・NマスS勝利
    ・PマスS勝利
    ・VマスA勝利2回
    ・Eマス航空優勢
    ・Hマス航空優勢
    ・Mマス航空優勢
    ・基地防空航空優勢
    でルートが追加される。

    N/PマスS勝利は輸送ゲージ時の編成を通常装備に変更して使用する。
    基地航空隊を一方に集中させて1マスずつ攻略すればそれほど難しくない。

    次はE/H/Mマス航空優勢をまとめて実行。

    ルートは、
    A→B→E→D→F→G→H→J→K→M。

    道中全8戦あるが、
    それぞれのマスに対策をしていれば
    撤退になるのは夜戦マスくらい。








    水上部隊で軽空母を2隻編成、全スロットに艦戦を乗せ航戦にも1つ積む。
    道中で通常戦闘が1戦あるためネルソンタッチを使える並び順にしておく。
    道中に潜水艦マスがあるため第二艦隊には対潜装備を積む。
    また、夜戦マスもあるため対潜艦は下の方に配置する。



    第一隊と第三隊は通常戦闘マスのDマスに、第二隊はBマスとFマスに1回ずつ送る。

    Bマス


    Fマスと同じ編成。

    Eマス


    ギミック対象マス。
    見た目ほど制空値は高くなく、
    基地航空隊なしでも航空優勢は取れる。












    Dマス


    ツ級フラグシップ2隻の単縦陣のケースもあるはず。
    基地航空隊とネルソンタッチでほとんど倒せる。

    Hマス


    Eマスと同様。














    Jマス


    航空優勢が取れないが
    ギミック対象マスではないため
    特に問題ない。












    Mマス


    E/Hマスと同様。














    次はVマスA勝利。




    Vマスへ向かうため機動部隊で編制。
    最短ルートを通るため高速統一。また、空母3隻、内正規空母2隻に抑える。
    砲撃戦が第二艦隊から始まるため戦艦が1隻いると少し楽。
    道中の潜水艦マス用に対潜装備も積む。



    第一隊と第三隊は陸戦2陸攻2でVマスへ送る。
    Vマスはかなり制空値が高いためこれでも航空劣勢は割とギリギリ。
    第二隊は道中の潜水艦マスへ。



    ルートはC→F→G→J→L→R→V。








    Lマス


    砲撃戦で当たると少し痛い。














    Vマス


    制空値がかなり高め。
    そのため基地航空隊があまり当てにならないが、
    A勝利なら支援なしでもそれなりに取れる。












    最後に基地防空航空優勢。


    上の画像の編成で制空確保可能。
    制空値が高い方から詰めれば2隊で航空優勢取れるかも?


    戦力ゲージ削り




    ネルソンタッチに特攻艦の比叡と霧島を参加させる。
    第一艦隊が6隻未満になるとネルソンタッチを出せないため秋津洲にダメコンを乗せる。
    司令部施設は主に第二艦隊の撤退用。
    秋津洲には回避重視でSGレーダーを乗せたが射程が中になるので他の電探の方が良さそう。
    第二艦隊は道中の潜水艦マス対策に対潜艦を2隻。
    夜戦マスで警戒陣を使うため4番艦に軽巡を置く。
    ボスマスで夜戦時に5番艦まで残っていることがあるため
    特攻艦の夕立は6番艦ではなく5番艦に置いておく。



    第一隊、第二隊はボスマスに、第三隊は潜水艦マスに送る。



    ルートは
    A→B→D→I→K→X→S→W。







    Sマス


    ネ級改の攻撃が痛い。














    ボス(W)マス


    削り中編成。
    第一艦隊の随伴艦が堅く非常に戦い辛い。
    ただ当てさすれば割合ダメージ分は削れるので
    支援や基地航空隊で手数を稼ぎたい。

    時間はかかるがこの後のギミックのため
    ゲージ破壊可能になるまで削る。









    ギミック解除


    戦力ゲージを破壊可能な段階まで削り切ったら装甲破壊のギミック解除。
    ・SマスS勝利
    ・QマスS勝利
    ・VマスS勝利
    ・Mマス航空優勢
    ・基地防空航空優勢2回
    でボス旗艦に対するダメージ増加。

    SマスS勝利はボス用の編成で基地航空隊をSマスに送れば特に問題なし。
    VマスS勝利はルート解放ギミックと同じ編成で行けるはず。
    基地防空航空優勢はルート解放ギミックと同様。

    QマスはVマス用編成で軽空母を正規空母に替えれば上の画像のルートで到達可能。
    敵編制は以下。
    Qマス


    Vマスと比べてかなり軽め。
    辿り着けば特に問題なくS勝利を取れるはず。













    最後にMマス航空優勢。


    潜水艦と基地航空隊でMマスの航空優勢を目指す。
    潜水艦ならMマスまでの道中でダメージを受ける可能性があるのは夜戦マスのみ。
    かつ目的のMマスは空襲マスのため潜水艦なら大破しても進撃できる。



    基地航空隊は全てMマスへ。
    この編成なら艦上偵察機を高高度局戦に代えればそのまま基地防空もできる。


    戦力ゲージ破壊




    司令部施設と秋津洲のダメコンを外す。
    秋津洲は2スロット目に修理施設を装備して第二艦隊の4~6番艦を修理できるようにする。
    第二艦隊は夕立をカットイン装備に変更、運が低いため旗艦に置く。
    止めを刺せる雪風と綾波は下の方に配置。



    第一隊、第二隊はボスマスに、第三隊は潜水艦マスに送る。



    ルートは
    A→B→D→I→K→X→S→W。







    ボス(W)マス


    最終編成。
    第一艦隊がさらに堅くなる。
    S勝利は現実的ではないので、
    止めを刺せる艦を複数用意するのが良さそう。













    魚雷2つの夕立でも上手く刺されば
    一撃で旗艦を落とせる。








    ゲージ2本目での出撃回数はギミック解除も含めて57回。E6全体で計75回。
    資源の消費は以下。

     ↓


     



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。