【侵攻阻止!島嶼防衛強化作戦】イベントメモ【E4】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【侵攻阻止!島嶼防衛強化作戦】イベントメモ【E4】

2020-07-07 03:25
    E1【鎮魂、キ504船団】
    E2【瀬底島、その先へーー】
    E3【五島列島沖海底の祈り】

    E4【反転!敵任務部隊を撃て!】

    輸送ゲージ1本目




    最上、瑞鳳、霞はサブ。
    上の編成の場合、S勝利5回でゲージ破壊できる。
    敵航空勢力はボスマスだけなので基地航空隊と合わせて優勢以上を取れるように調整。
    空母はダメージ補正が入る九三一空を装備。
    ダメージ補正は異なる種類の九三一空を装備するごとに倍率が上がる。



    基地航空隊は第一隊、第二隊を陸戦1陸攻3でボスマスへ。
    出撃は2部隊までなので第三隊は防空。



    ルートはC→E→H→L→M。








    Eマス


    潜水艦マス。

    Hマス


    輸送部隊なので事故になる可能性あり。
    ただ、道中が短いため、
    支援を送るより退避させるか
    出直した方が消費は少なくなりそう。











    ボス(M)マス


    削り時も最後もいずれかの編成。
    基地航空隊で随伴艦のほとんどは倒せるため夜戦まで行けばS勝利は問題なく取れる。

    ゲージ1本目での出撃回数は5回。資源の消費は以下。

     ↓



    ギミック解除


    ボスマス出現のために
    ・Aマス航空優勢
    ・Gマス航空優勢
    ・DマスS勝利
    が必要。



    まずAマス航空優勢。
    ゲージ1本目の艦に加えてサラトガはサブ持ち。
    道中は潜水艦のみのため基本は対潜装備。
    基地航空隊は不要なため、防空担当の部隊以外は退避させておく。

    Bマス


    潜水艦マス。














    Aマス


    ギミック対象マス。
    制空値はそれほど高くなく、空母2隻程度で十分。
















    次にGマス航空優勢とDマスS勝利。
    ここまでの艦に加えて大鳳はサブ持ち。
    こちらも基地航空隊は不要。

    Gマス


    ギミック対象マス。
    こちらも制空値は高くない。













    Dマス


    ギミック対象マス。
    特に堅い敵も出現せず、
    砲撃戦前に倒せる程度。













    輸送ゲージ2本目




    ボスがそれなりに堅く輸送護衛部隊ではS勝利を狙いにくいため空母機動部隊で編成。
    この編成の場合、S勝利6回A勝利2回でゲージ破壊可能。
    瑞鳳に補正があるが、正規空母を2隻に減らすと第一ボスのほうに逸れる。



    基地航空隊は第一隊、第二隊を陸戦1陸攻3でボスマスへ。


    ルートは
    C→E→G→F→D→O→Q→R。

    C,Fマスは能動分岐。






    Oマス


    事故要因になるのはヌ級改くらい。
    複数艦が大破することはほとんどないので護衛退避で対応できる。

    ボス(R)マス


    削り時も最後もいずれかの編成。
    重巡2隻が堅いが九三一空持ちの空母なら十分なダメージを与えられる。

    ゲージ2本目での出撃回数はギミック解除を含めて10回。資源の消費は以下。

     ↓




    ギミック解除
    ボスマス出現のためにMマスS勝利が必要。
    編成はゲージ1本目の編成の輸送装備を通常装備に代えたもので十分。


    戦力ゲージ




    ここまでの艦に加えて千歳もサブ。
    九三一空に特効があるため空母機動部隊で編成。
    また、戦爆カットインで火力を上げるためにそれぞれに艦爆も装備させる。
    制空値は基地航空隊と合わせてギリギリ制空権確保できる程度。
    第一艦隊に戦艦を入れられる枠があるので特効艦の山城を編成。
    第二艦隊は特効艦で編成。
    装備はボスに対して有効打を出すことより、
    道中やボス第二艦隊に対して安定した火力を出せることを優先。
    ボス前で単縦陣潜水艦が出るので1隻は対潜装備に。



    基地航空隊は第一隊、第二隊ともボスマスへ。
    ボスマスの必要半径が8のため陸偵で届くようにする。
    第一隊は航空劣勢、第二隊は航空拮抗になるはず。



    ルートは
    C→E→H→S→V→X→Z3。







    Sマス


    空襲戦マス。
    右の編成はラストのみ。

    Xマス


    右の編成はラストのみ。
    潜水艦が単縦陣で出てくる場合があるため放置すると危険だが、
    エリートの方は対潜装備を2つも積んでいれば第四陣形でも先制対潜でほぼ倒せる。
    フラグシップの方もほぼ中破以上までいける。
    第二陣形だと先制対潜で確実に倒せるが、第四陣形は特効艦の効果もあって
    那智・足柄がレ級を倒せる可能性があるため第四陣形の方が良さそう。

    ボス(Z3)マス


    左が削り中、右がラスト。
    左第二艦隊2番艦と右第二艦隊2,3番艦のナ級は先制雷撃持ち。
    削り中は堅い随伴艦が戦艦棲姫だけということもあり比較的S勝利を狙いやすい。
    一方ラストは随伴艦が堅い艦に置き換わるだけでなくボス自体もかなり堅くなるため、
    決戦支援はほぼ必須。
    また、ゲージを削り切った後、
    ・XマスA勝利
    ・MマスS勝利
    ・RマスS勝利
    ・基地防空航空優勢2回
    でボスの装甲破砕効果がある。



    ゲージ破壊時は第一艦隊を若干変更。
    瑞鳳の司令部施設は艦戦に代えてより高火力のカットインができるように。
    水爆装備で一部の敵に対して特攻があるため山城の水偵を水爆に変更。
    触接率が大幅に下がるため千歳に彩雲を装備。
    2巡目で空母が優先して攻撃できるように山城を4番艦に変更。
    空母は砲撃戦での回避率が重要だったため噴進砲よりタービンの方が良かったかも。



    ラストは山城。
    基本的に空母の方が火力があるが、
    装甲破砕+T字有利で
    山城でも有効打を出せる。





    ゲージ3本目での出撃回数はギミック解除を含めて36回、E4全体では計51回。
    資源の消費は以下。

     ↓



    E5【南方戦線 島嶼海上輸送作戦】
    E6【鉄底海峡の死闘】
    E7【決戦!南太平洋海戦】

     


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。