【侵攻阻止!島嶼防衛強化作戦】イベントメモ【E5】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【侵攻阻止!島嶼防衛強化作戦】イベントメモ【E5】

2020-07-19 05:41
    E1【鎮魂、キ504船団】
    E2【瀬底島、その先へーー】
    E3【五島列島沖海底の祈り】
    E4【反転!敵任務部隊を撃て!】

    E5【南方戦線 島嶼海上輸送作戦】

    ギミック解除


    ボスマス出現のために
    ・FマスS勝利
    ・QマスS勝利
    ・VマスS勝利
    ・WマスS勝利
    ・基地防空航空優勢2回
    が必要。
    この海域は基地航空隊2隊までしか出撃できないため、1隊を防空に割り当てておけば
    基地防空航空優勢は勝手に達成される。



    まず、FマスS勝利。
    目的のマスは潜水艦で道中戦もないため対潜装備のみで十分。


    基地航空隊は空襲対策の防空のみ設定しておく。















    Fマス


    ギミック対象マス。

















    次にQマス。
    通常艦隊でも到達できるが対ボス用編成の水上打撃部隊でやった方が楽。
    上記編成だと水上打撃部隊と同じルートを辿るので無駄に撤退リスクが高いだけになる。



    基地航空隊は道中Mマスとギミック対象のQマスに出すのが良さそう。

    Iマス


    潜水艦マス。
    対潜艦が1隻いると楽。

    Kマス


    他のマスと比べて弱め。
    通常艦隊の場合でも警戒陣を使わず
    単縦陣で倒しきっても良さそう。












    Mマス


    雷巡が残ると厄介。

    Oマス


    空襲戦マス。
    制空権喪失でもそれほど被害は出ない印象。













    Qマス


    ギミック対象マス。
    警戒陣のパターンを引くとやや面倒。






    次にWマス。
    空母機動部隊での編成が必要。
    Pマスの分岐で低速混じりまたは駆逐艦4隻以上でWマス方向に向かうらしい。
    制空値は道中の空襲戦で拮抗になる程度。
    戦力に余裕があるため対潜艦も2隻用意。



    基地航空隊は第一隊はPマスへ、第二隊をWマスに送る。

    Hマス


    潜水艦マス。














    Jマス


    雷巡が厄介。
    基地航空隊をギミック対象マスではなくここに送るのも良さそう。













    Pマス


    重巡の攻撃が当たると痛いため
    基地航空隊も利用して何とかしたい。













    Tマス


    空襲戦マス。














    Wマス


    ギミック対象マス。
    軽空母、軽巡の改はそれなりに堅いため
    夜戦までもつれる可能性はあるがS勝利自体は簡単。

















    最後にVマス。
    こちらも空母機動部隊での編成が必要。
    Pマスの分岐で高速統一かつ駆逐艦3隻以上でVマス方向に向かうらしい。
    Wマス編成からの変更点は龍鳳高速化、三隈で制空値調整、第二艦隊の駆逐艦を重巡に入替。
    基地航空隊はWマスのときと同様。Wマスに送っていた隊をVマスへ送る。

    Rマス


    空襲戦マス。














    Vマス


    ギミック対象マス。
    Wマスと若干異なるが同じ感覚でS勝利を取れる。














    戦力ゲージ




    ボスマスへ向かう際は水上打撃部隊で編成する。
    道中は若干長いがボスは弱め。
    制空値は道中の空襲戦で拮抗になる程度。
    道中の潜水艦マス用に対潜艦を2隻編成する。



    基地航空隊は第一隊、第二隊を陸偵1陸攻3でボスマスへ。
    行動半径は足りているが手数より一撃を重くして敵艦の数を減らすことを重視。


    ルートは
    D→E→G→I→K→M→O→Q→Y。

    E,Gマスは能動分岐。
    Qマスのギミックを解除したときと
    同じルート。




    ボス(Y)マス


    左が削り中、右が最後の編成。
    軽巡棲姫は先制雷撃持ち。
    ナ級も先制雷撃してくるはずだが、大抵の場合基地航空隊と航空戦で随伴艦が壊滅するため
    特に気にならない。



    特効艦が大破したり撤退したりしても
    倒せる程度には弱い。








    ギミック解除


    ボスマス出現のために
    ・BマスS勝利
    ・X1マスS勝利2回
    ・X2マスS勝利2回
    ・基地防空航空優勢
    が必要。



    まずX1,X2マス。
    道中もギミック対象マスも潜水艦のみのため基本的に対潜装備のみで問題ない。
    ただFマスの分岐である程度索敵値が必要なため彩雲を積んだ軽空母も1隻入れておく。



    基地航空隊は東海隊をX2マスに送ったが明らかに火力過多だったため防空だけで良さそう。

    X1マス


    ギミック対象マス。
    先制対潜艦が何隻もいれば被害を受けることもない。

    X2マス


    ギミック対象マス。
    旗艦は堅いが先制対潜を含めて2巡もすれば
    倒せないということはないはず。















    次はBマス。
    道中戦がなくギミック対象マスも強くないため割と適当で問題ない。
    基地航空隊も防空以外は不要。

    Bマス


    ギミック対象マス。
    警戒陣を引くと若干面倒。


    輸送ゲージ


    通常艦隊での輸送のため一度に輸送できる量が少ない。
    上の画像でS勝利時100ちょっとなので、これだけ輸送装備にしてもS勝利10回は必要になる。
    ボスマスでは新艦2隻がドロップ対象になっているため、
    輸送量は控えめにして新艦を掘りながらゲージを削る手も。
    特効艦かつ高火力の神通が夜戦まで残ってるかどうかでS勝利の取りやすさが変わるため、
    多少道中撤退の確率を上げてでも旗艦に置くのが良さそう。



    基地航空隊は第一隊をBマス、第二隊をボスマスへ。
    今回も威力重視で陸偵を編成。



    ルートはC→B→Z6→Z5→Z4→Z。








    Z6マス


    Bマスと比べて敵艦の数が少なく警戒陣のパターンもないため
    警戒陣を選択しても雷撃戦までにある程度倒せる。

    Z5マス


    空襲戦。
    敵はそれほど強くないが、
    輸送装備がメインだと対空装備を
    持てないため、ある程度被害は出る。











    ボス(Z)マス


    削り中かラストかに関わらずどの編成も出る。
    ネ級改は先制雷撃持ち。
    A勝利は基地航空隊だけでも狙えるくらいなので回数を重ねればいずれ終わる。


    ゲージ1本目での出撃回数はギミック解除を含めて10回、
    ゲージ2本目での出撃回数はギミック解除を含めて21回、E5全体では計31回。
    資源の消費は以下。

     ↓



    E6【鉄底海峡の死闘】
    E7【決戦!南太平洋海戦】

     


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。