【侵攻阻止!島嶼防衛強化作戦】イベントメモ【E7】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【侵攻阻止!島嶼防衛強化作戦】イベントメモ【E7】

2020-07-25 15:26
    E1【鎮魂、キ504船団】
    E2【瀬底島、その先へーー】
    E3【五島列島沖海底の祈り】
    E4【反転!敵任務部隊を撃て!】
    E5【南方戦線 島嶼海上輸送作戦】
    E6【鉄底海峡の死闘】

    E7【決戦!南太平洋海戦】

    ゲージ1本目




    水上打撃部隊で編成。
    ボスは陸上型がメインのため対陸装備を多めに採用。
    ルート固定で水上電探が4個必要かつ駆逐艦もある程度必要。
    護衛退避するとルート固定できなくなる可能性が高いため司令部施設は不使用。
    制空値は道中の空襲戦で航空劣勢、ボスマスで基地航空隊と合わせて航空拮抗になる程度。



    基地航空隊は陸戦1陸攻3で全てボスマスへ。



    ルートはF→I→K→N→O→X。

    Kマスで水上電探が4個必要。






    Fマス


    空襲戦マス。














    Iマス


    警戒陣のパターンが厄介。
    道中支援を出しても良さそう。

    Nマス


    空襲戦マス。














    Oマス


    ここも警戒陣のパターン有り。
    Iマスよりは弱いので道中支援を出していれば問題にはならなさそう。
    ここなら護衛退避しても問題ないはずなので、
    道中支援を出さないなら司令部施設を持たせても良いかも。

    ボス(X)マス


    左が削り中、右が最後の編成。
    E6のゲージ1本目と同じような編成で対陸装備が揃っていればそれほど強くない。
    最後は基地航空隊が刺さりにくくはなるが、それでも決戦支援は要らない程度。


    ゲージ1本目での出撃回数は10回、資源の消費は以下。

     ↓



    ギミック解除


    ボスマス出現のために
    ・Eマス航空優勢
    ・Fマス航空優勢
    ・Hマス航空優勢
    ・Jマス到達
    ・RマスS勝利
    ・基地防空航空優勢2回
    が必要。





    まずRマス。
    水上打撃部隊で編成。
    ゲージ1本目のときの編成をベースに戦艦を3隻に増やしてルートを変える。



    基地航空隊は1隊を道中の潜水艦マスに送る。
    1隊は防空にして基地防空航空優勢のギミックを解除。
    残りの1隊は節約のため退避。

    Mマス


    基地航空隊を送ると楽。

    Rマス


    ギミック対象マス。
    特に苦労するような編成ではない。


















    次にF,H,Jマス。
    空母機動部隊で編成。
    Fマスに寄るために低速艦が必要。
    道中空襲戦のみのため、航空優勢が取れる最低限の編成で十分。
    基地航空隊は防空のみ。

    Hマス


    ギミック対象マス。
    空母2隻に艦戦を積めば
    航空優勢を取れるはず。
    Fマスも同様。














    最後にEマス。
    通常艦隊で編成。
    道中が潜水艦マスのみ、目的地が空襲戦マスなので対潜艦と空母のみで十分。
    通常艦隊は連合艦隊とは別の札が付くがここでしか使わないので使用しない艦のみで編成。
    基地航空隊は防空のみ。

    Cマス


    特殊な敵艦は出ないため基地航空隊は不要。














    Eマス


    ギミック対象マス。
    ここも空母2隻分で足りるはず。














    ゲージ2本目削り




    空母機動部隊で編成。
    サウスダコタは特効艦のため育てながら使用する。
    村田隊に特効があるため全滅しにくいように空母の一番大きいスロットに装備する。
    制空値は道中拮抗、ボスマスは基地航空隊と合わせて優勢が取れる程度。
    できるだけ航巡の水戦にまかせて空母に攻撃機を積めるようにする。
    道中の空襲戦が多いため強めの対空カットインが使える艦がいると楽。



    第一隊、第三隊は陸戦1陸攻3でボスマスへ、第二隊は道中の潜水艦マスへ送る。



    ルートは
    D→H→V→V1→V3→V4→Y。







    Vマス


    潜水艦マス。
    基地航空隊を送れば事故になることはほとんどない。

    V1マス


    空襲戦マス。
    今回の編成ではどのパターンでも拮抗になるはず。

    V3マス


    航空戦での空母の攻撃が割と刺さるためそれほど苦労しない。
    通常戦闘はここだけのため、削り中の道中支援は不要。

    V4マス


    空襲戦マス。
    V1マスと同様。

    ボス(Y)マス


    画像は削り中の編成。
    航空勢力が多いためE6-2以上に
    基地航空隊の攻撃が当たらない。

    それでも堅い随伴艦は2隻だけなので
    S勝利は取りにくいものの削るのは難しくない。










    ゲージ2本目破壊




    特効の関係で恐らく最高火力を出せる赤城を旗艦に変更。
    航巡は水戦を増やしてボスマスでの制空権確保を狙う。
    制空権を確保した上で対空カットインが発動すれば敵空母を完全に無力化できる場合もある。



    基地航空隊は全てボスマスへ。
    第一隊、第二隊は航空劣勢、第三隊は航空拮抗を狙う。
    東海隊がないため、道中の潜水艦対策には対潜支援哨戒の道中支援を出す。

    ボス(Z)マス


    画像はゲージ破壊時の編成。
    決戦支援はほぼ必須。

    航空戦で空母を無力化できれば
    こちらの第一艦隊の被害も減り手数が増えるため
    かなり戦いやすくなる。











    ラストはサウスダコタ。
    未改造でも上手く当たれば
    十分なダメージを出せる。







    ゲージ2本目での出撃回数はギミック解除を含めて20回、資源の消費は以下。

     ↓



    ギミック解除


    ボスマス出現のために
    ・VマスS勝利
    ・V4マス航空優勢
    ・XマスA勝利
    ・基地防空航空優勢2回
    が必要。
    これらはゲージ2本目削り中に達成したものもカウントされる。
    達成してない場合、Vマスは基地航空隊で、
    V4マスはゲージ2本目用編成に艦戦を多く積んだ編成で、
    Xマスはゲージ1本目と同じ編成で達成可能。



    ボスマス出現後は新しいスタート地点の出現のために
    ・V4マス航空優勢2回
    ・W4マス航空優勢2回
    ・XマスA勝利2回
    ・YマスA勝利2回
    ・ZマスA勝利3回
    が必要。
    Xマスは前ギミックと同様に、ゲージ1本目と同じ編成で達成可能。
    V4マスも前ギミックと同様に、ゲージ2本目用編成に艦戦を多く積んだ編成で達成可能。
    そのまま先に進めばW4マスも併せて達成可能。

    Wマス


    制空値はそれほど高くなく
    航空戦でほぼ壊滅できる。













    W4マス


    ギミック対象マス。
    右の編成はゲージ3本目のラストのみ。
    V4マスの最高制空値編成より制空値は低いためV4マスで優勢を取れるならここも大丈夫。





    次はYマス。
    Zマス出現後は機動部隊でYマスに到達することができなくなるため、水上部隊で編成する。
    制空値は基地航空隊と合わせて航空優勢が取れる程度。
    Yマスは削り中の編成に戻っているが機動部隊で戦うより若干きつい。
    決戦支援を出しても良さそう。



    基地航空隊の第一隊、第二隊はボスマスへ、第三隊はMマスへ送る。






    最後にZマス。
    高速統一の空母機動部隊で編成。
    制空値は基地航空隊と合わせて航空優勢が取れる程度。
    航巡を軽空母に代えるとボス前で遠回りのルートに逸れる。



    基地航空隊の第一隊、第二隊はボスマスへ、第三隊はMマスへ送る。
    Zマスは必要行動半径が9のため二式大艇を使用して行動半径を伸ばす。

    ボス(Z)マス


    画像はゲージ削り中の編成。
    第二艦隊の駆逐艦が割と堅く、
    取りこぼしてA勝利を逃すこともある。

    支援なしでもA勝利は十分狙えるが、
    道中が長く何度も来るのが面倒なため、
    支援を出して確実にA勝利を取る方が良さそう。









    ゲージ3本目削り




    空母機動部隊で編成。
    新しいスタート地点から出る場合は低速艦混じりでも問題ない。
    第一艦隊は特殊砲撃を使える長門型と特攻持ちの空母をメインに編成する。
    軽空母を外せば道中の潜水艦マスを回避して最短ルートを通れるが、
    空いた枠に戦艦を入れることはできず他に採用したい艦もないため軽空母を編成する。
    制空値は道中空襲戦で航空拮抗、ボスマスで基地航空隊と合わせて航空優勢が取れる程度。
    噴式機による攻撃には村田隊によって発生する特効が乗るため採用してみたが、
    ボスマスで艦爆が枯れやすく、砲撃戦でカットイン攻撃を出せなくなることが多かったため、
    攻爆戦戦にしてカットインが出やすいようにした方が良かったかもしれない。
    長門型は特効のある徹甲弾と三式弾を持たせたうえで、特殊砲撃時に補正のある装備にする。
    第二艦隊の夕雲と巻雲は発動率重視のカットイン装備。
    連撃装備とどちらが良いかは不明。



    基地航空隊は旧スタート地点からの出撃時と同様。
    第三隊はZ1マスに送る。



    ルートはZ2→Z1→W2→W4→Z。








    Z2マス


    航空勢力がいないため航空戦でほとんど倒せる。

    Z1マス


    潜水艦マス。
    軽空母を抜けば回避できるが、
    通る場合は対策が必要。













    ギミック解除


    ボスの装甲破砕のために
    ・Nマス航空優勢
    ・Qマス航空優勢
    ・V1マス航空優勢
    ・V4マス航空優勢
    ・W3マスS勝利
    ・Z2マスS勝利
    ・Z3マスS勝利2回
    ・XマスA勝利2回
    ・YマスA勝利2回
    が必要。
    X,Yマスは新スタート地点追加時のギミックと同様に解除。





    まず、W3,Z2,Z3マス。
    ボスマス削り編成をベースに全艦高速化、第二艦隊に戦艦を加えると全マスに到達できる。
    基地航空隊は不要。

    Z3マス


    S勝利は簡単。
    2回必要な点だけ注意。













    W3マス






















    次にV1マス。
    旧スタート地点からの出撃が必要なため、空母が4隻以上必要。
    道中の潜水艦マス対策に対潜艦か基地航空隊の東海隊があると楽。






    次にV4マス。
    高速統一の戦艦3軽空母1でV4マスに向かうはず。
    水上打撃部隊では航空優勢が厳しいため基地航空隊も利用する。



    第一隊はV4マスへ、第二隊は道中の潜水艦マスに送る。




    次にQマス。
    V4マス編成に低速艦が混じれば到達できるはず。
    戦艦か軽空母を低速に変えるのが良さそう。
    基地航空隊も同様。

    Qマス


    V4マスと同じ編成。
    V4マスを達成できる編成なら問題ないはず。


















    最後にNマス。
    Q,V4マスより制空値は低いが、こちらも軽空母が使えないため基地航空隊が必要。



    道中に潜水艦マスがないため、空襲戦用の隊だけで十分。














    ゲージ3本目破壊




    制空値を基地航空隊と合わせて制空権確保できるように編成。
    反航戦だと厳しいため彩雲は不使用。
    第二艦隊に夜戦用の装備を増やす。



    基地航空隊は全てボスマスへ送る。
    熟練度ありきで全隊航空劣勢になるはず。
    道中の潜水艦マスは対潜哨戒支援で対処する。

    ボス(Z)マス


    画像はゲージ破壊時の編成。
    決戦支援は必須。
    開幕でナ級を落とせないとかなり厳しい。

    本隊の方は特殊砲撃がどこに当たるか次第。
    空母を一撃で落とすのは厳しいが
    下3隻なら一撃で落とせる可能性がある。










    ラストは風雲。









    ゲージ3本目での出撃回数はギミック解除を含めて38回、E7全体では68回。
    資源の消費は以下。

     ↓


     

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。