空から落ちるいくつかの願い
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

空から落ちるいくつかの願い

2016-05-14 01:33

    空から落ちるいくつかの願い


    継ぎ接ぎだらけのココロ

    上辺だけのやさしさに

    あたたかく感じるのは、人肌という

    まやかし


    何度求めたとて

    埋まらぬ理由は存じてよう

    失えば寂しくなり

    欲して、また空虚


    明日は君がいない

    自由な空を飛びたいと

    願うにはまだ苦しみ足りないみたいね

    はせる


    カラカラになった喉で

    歌う風は人知れず

    冷たく感じた眼(まなこ)

    見透かす様で、

    怯えていた


    何度求めたとて

    虚空をうめるものはなく

    手の届くものは全て

    壊して、また迷子


    明日は誰がいない?

    自由な空を飛びたいと

    願うにはまだ悲しみ足りないみたいね

    とじる


    明日は君がいて

    薄暗い空を眺めて

    少しでもいっしょだって思えるのかな

    ここに






    __________________________________________


    お久しぶりの新曲の歌詞です。
    まだお披露目するまでは時間かかりそうですが…
    ワンマンライブにはきっと。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。