【パワプロ2014】170SA+総変43に向けて【1601~1625人目】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【パワプロ2014】170SA+総変43に向けて【1601~1625人目】

2020-02-23 01:08
    ※補足1 デッキ及びスキルについて
    特別な断りがない限り、デッキ及びスキルは以下の通り。
    デッキ:変化球5人+朱雀
    スキル:朱雀「神の技」、大塔「変化を極める」、「得意練習・全員」×2、「指導・球」「指導・変」





    ※補足2 大学の育成ボーナスについて
    大学のボーナスは長らく「練習」「コツ」「イベント」の3つを採用していたが、今回変更。新たに採用したものは「スキル」。これを入れることによって、「得意練習・全員」の発動率が上昇するのでは?と言う説を現在考えているため。ボーナスは最大で3つまでしか付与できないため、今まで採用していた3つのうちどれかを外す必要があるが、「練習」は変化球ポイントを稼ぐうえで必須なので外せない。残り2つのうちどちらかを外す必要があり、その分はリアル運気で補うしかない。
    なお、本来なら「練習」「スキル」に加えて残り1枠には「コツ」or「イベント」、最低でも「博士」あたりは欲しいのだが、お試し要素も含まれるので現状は完全に無駄ボーナスの「ラブパワー」だが妥協した結果である。





    ⇒数人育成してみて
    タッグ具合があまりにも微妙すぎるため、スキルボーナスはなくても良いと言う結論に達する。


    ●1601人目 129/32/59/不眠症(2020/02/22)
    気分を新たに厳選するもいきなりの44分厳選。まあ最近は悲しいが良くあることなのであまり気にならなくなってきた。さて育成の方はと言うと、前半はすこぶる好調で期待感を持たせてくれるものの、後半は失速してしまう。何のためのボナ厳選だったのかとも思うが、それでも6球種目を2まで伸ばすことはできたので最終結果は悪いとまでは言えない。育成を続けてみれば壱琉戦まで頻繁にいけるかもしれないし、もう少し様子を見ることにする。

    ●1602人目 127/30/61/シュート/虫歯(2020/02/22)
    12月・1月と連続して変化球図鑑を購入。おかげで早々と変化球練習レベル5に到達する。しかし後半はまたしても失速。2連続で6球種目を取得しているのは良いのだが壱琉戦はできないので素直に喜べない。イベントボーナスがないので筋力ポイントの回収も安定しないし。

    ●1603人目 130/31/49/不眠症
    開幕から全然集まらない。練習試合時点で2球種目までしか取得していない。その後も流れは変わらず、7月に変化球図鑑を購入してやっとレベル5。過去を見返してもここまで酷いレベルはそう見つからないぞ。リセしようと思っていたその時に博士登場、潰すならもっと早く潰しに来い。こういう流れの時は大抵手術成功するんだよなあと思ったが、やはり予想通り成功してリセ。

    ●1604人目 127/39/53/カーブ/サボり(2020/02/22)
    今回も流れが悪かった。後半はメンタル練習ばかり、お前はメンタリストにでもなりたいのかと突っ込みたいレベル。スキルボーナスはやはり意味がなかったのであろうか。ボーナス厳選をやり直す必要がありそうだ。

    ●1605人目 128/35/58/サボり(2020/02/22)
    ※ボーナス厳選
    六面大学でコツ・イベントの2つが揃ったので試しに育成してみる。カスタム運もタッグ運も悪くなく、6球種目も取得。かなり順調ではあったが、8月に肘爆弾が爆発して終了。練習ボーナスがなくてもそれなりに勝負できるような流れだっただけに残念。

    ●1606人目 130/34/59/サボり(2020/02/24)
    今回もカスタム運は悪くない。本来はもっとストレス展開だったと記憶しているので、恐らくはたまたま運が良いだけであろう。レべル12にしてからのタッグ具合も十分で、6球種目まで取得することができた。博士来ずリセ。

    ●1607人目 129/30/66/不眠症(2020/02/24)
    チームメイトは集まらない、カスタムは失敗が多い、と最悪の育成。5人タッグが初めてできたのがなんと4月。いくらレベル10や12での集まり具合が重要とは言え、ここまで酷いと流石に挽回不可能だった。

    ●1608人目 132/29/47/不眠症(2020/02/24)
    38分厳選。しかし流れは良くない。フラストレーションが最大となったのは、カスタム失敗やイベントでやる気最低になった後、3週連続でタッグが来た時。やる気がある時に来てくれないといくらレベル12であってもポイントが稼げない。結局この分が最後まで響いて5球種途中までしか伸ばせずリセ。

    ●1609人目 132/28/50/サボり(2020/02/24)
    ※六面大学を諦めてボナ厳選。なんと一発目でパワフル学園に「練習・コツ・試合」ボーナスを引く。イベントアップがないのが不安だが育成をしてみることを決意。
    序盤こそバイト運の無さに悩まされたが、集まり具合が非常に良い。さらに追い風だったのがショップの品揃えだった。回復アイテムが複数あったり、月末にサボりを付与された次の週に万能スケジュール帳を用意してくれたりと、VIP待遇を受けることができた。6月には6球種目を取得、最終的な能力は4まで伸びて壱琉戦も消化したが博士が来ずリセ。

    ●1610人目 130/24/66/不眠症(2020/02/24)
    恐らく全体的な流れは平均的なレベルだろうが、前回の後だと物足りなく感じる。最後は変化球に加えて精神ポイントも足りなくなりリセ。

    ●1611人目 132/22/49/サボり(2020/02/24)
    前半はまずまずだったが後半がとにかくダメ。集まり具合は最悪だし、ショップ運もないので変化球レベルを上げることすら難しかった。数回タッグしただけのほぼメンタリスト状態。

    ●1612人目 132/34/58/サボり(2020/02/28)
    デッキ:朱雀・あおい・神楽坂・パピヨン・蝶野・大塔
    スキル:朱雀・神楽坂・大塔各固有、得全2、指導変
    神楽坂に変更することにより、メリットデメリット両方あるのでここに記載しておく。メリットはもちろん変化球ポイントを稼ぎやすくなること。なので変化球機材レベル上げのための練習を無理する必要性が減る。その分を球速練習や精神練習に充てることも可能となる。デメリットは指導球を外しているために筋力ポイントや精神ポイントが不足しがちになること。球速練習や精神練習を増やしたとしても余裕が出るわけではないので、コツ練習やイベントの引きが重要となってくる。
    さて肝心の育成は、タッグ運が悪く試合できなかった。特に書くべきことも見当たらないと言う平凡すぎる育成。いくら神楽坂固有の力があろうとも、やはり最重要事項のタッグ運に恵まれないことには勝負にすらならない。

    ●1613人目 131/34/66/不眠症(2020/02/28)
    デッキ及びスキル:前回と同じ
    前回よりはそれなりに集まったがまだまだ。6球種目を取得できずリセ。

    ●1614人目 128/33/49/虫歯(2020/02/28)
    デッキ及びスキル:前回と同じ
    練習試合以降の5人タッグがわずか1回。低迷期。

    ●1615人目 127/24/59/虫歯(2020/02/28)
    デッキ及びスキル:前回と同じ
    学園祭の的当てで変化球機材のレベルがアップし、期待が高まる。チームメイトもその流れに呼応するかのごとく、非常に集まりが良い。春先には早くも6球種目を取得。夏場に神の技で筋力ポイントを確保し、球速を上げていく。その途中、博士が登場する。球速がまだ150km/hにも満たない状況でタイミングとしては早いが、成功すればワンチャンあるか・・・?少なくとも神宮行きはほぼ確定と期待感は最高潮に。しかしながら、こう言う時こそ手術失敗するのがお約束。残念ながらクリアはまだまだ先になるのであった。

    ●1616人目 132/36/51/虫歯(2020/02/29)
    デッキ及びスキル:前回と同じ
    流れは前回同様悪くない。中盤では変化球図鑑の購入も成功する。5球種目まで順調に伸ばし、7月にタッグを行い、いよいよ6球種目を取得・・・と思ったその時博士登場。出るタイミングが1ターン早い。手術失敗だったので即リセだが、できれば博士のタイミングがもう少し遅ければもっと楽しめる。

    ●1617人目 132/34/57/虫歯(2020/02/29)
    デッキ及びスキル:前回と同じ
    全体的に集まりが悪い。特に後半はほとんど精神練習しかできず変化球が伸びない。4球種目途中でリセ。

    ●1618人目 130/30/56/虫歯(2020/02/29)
    デッキ及びスキル:前回と同じ
    練習試合時点でコントロールがEにもならず、今回も流れの悪さに辟易する。試合後は一転、徐々に集まり具合が良くなり流れの変化に期待したが、終盤で再び失速。

    ●1619人目 127/34/53/虫歯(2020/02/29)
    デッキ及びスキル:前回と同じ
    今回も集まらない。明らかに停滞期。

    ●1620人目 129/35/59/不眠症(2020/02/29)
    デッキ及びスキル:前回と同じ
    筋力ポイントは不足していたが6球種目は取得することができた。試合は2試合とも失点すると言う体たらくだが無事勝利。しかし博士来ずリセ。

    ●1621人目 128/24/52/不眠症(2020/03/02)
    デッキ及びスキル:前回と同じ
    ボーナス:練習・イベ・試合 に変更
    タッグ運はそれなりに良く壱琉戦までできた。しかし、育成前に懸念していた通り球速コツが拾えない。博士無しで160km/hに到達するかしないかのレベルなので、朱雀がポイントをたくさんくれるか大塔や蝶野あたりが球速コツをくれるかしてくれないと厳しい育成になる。

    ●1622人目 130/29/61/シンカー/不眠症(2020/03/02)
    デッキ及びスキル:前回と同じ
    今回は朱雀とのタッグ練習を2回行い、うち1回はポイントをくれた。しかし球速コツは最後まで拾うことができなかったため、今回も筋力ポイントが厳しい。まあそれ以前にタッグ練習の回数が足りず初戦後リセではあったのだが。やはりボナ厳選も妥協はできないか・・・?

    ●1623人目 129/36/50/サボり(2020/03/04)
    デッキ及びスキル:前回と同じ
    チームメイトの評価がうまい具合に上がる。11月4週にまさかの5人タッグ、これは最速レベルと言って良い。しかしいい流れだったのは年内だけ。練習試合時点で4球種目途中と早くも怪しい雰囲気になり、その後もタッグが全く来ないわけではないが勢いがあるとも言い難く、結局試合できずリセ。朱雀だけは唯一味方してくれ、タッグ練習複数回+コツ練習でのポイント取得2回だった。それでも球速コツを拾えなかったので筋力ポイントはやや足りない感じであった。

    ●1624人目 127/38/63/サボり(2020/03/05)
    デッキ及びスキル:前回と同じ
    集まらない、バイト運がない、ショップも微妙とほとんど良いことがない。おまけに練習試合は先発で相手はシトラス、粘り強い打線を相手にほとんど毎回ピンチを背負っての投球をすることになり時間がかかる。ストレスはたまる。ようやく試合が終わっても状況は変わらず、全然集まらない。肘爆弾持ちなのを気遣ってチームメイトが集まらないのか?だとすればそれは余計な気遣いと言うものだ。

    ●1625人目 132/24/51/サボり(2020/03/05)
    デッキ及びスキル:前回と同じ
    前半はまあまあ。練習試合時点で4球種目までほぼ完成。試合の勝利報酬で変化球練習がレベルアップし後半に期待すると、それに呼応したかのようにチームメイトが集まりだす。神楽坂を使用したデッキとしては初の総変37を達成し博士を待つ。筋力ポイントは相変わらず不安ではあるが、それでも何とかチャンスがありそうなレベルまでは達する。しかし最後まで博士来ず終戦。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。