ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

備忘録 隋末唐初の群雄
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

備忘録 隋末唐初の群雄

2018-06-11 21:04
    613年 楊玄感黎陽で挙兵し洛陽を攻撃したが隋軍により鎮圧されて楊玄感は滅亡した
    しかし後に続くものが絶えず群雄割拠の様相を呈した(楊玄感自身隋の重臣の息子だったが、
    宇文化及も重臣の息子で、李密も貴族集団の上位の出身。王世充も隋で将軍してたし李淵も太原に駐屯してたし)もうわかんねえなこれ(え?


    群雄に擁立された隋の皇族
    ③隋 恭帝   楊侑   605~619  617~618 煬帝の孫 元徳太子楊昭の子
             李淵により擁立 半年在位ののち禅譲させられる(え 唐の酅国公
             のちころころされた
    ❸隋  秦王  楊浩   ??~618  618    文帝の孫 秦王楊俊の子
             煬帝が弑され宇文化及により擁立 半年在位ののち
             宇文化及に禅譲させられる(え 廃帝となりころころされた

    ❹隋 恭帝   楊侗   604~619  618~619 煬帝の孫 元徳太子楊昭の子
             度々洛陽の留守を任された 煬帝が宇文化及に弑されると段達らに擁立
             され即位した 11か月後王世充が李密を破って実権を掌握すると禅譲
             させられる
     王世充の鄭の国公とされる ひと月後ころころされた
       隋王   楊政道/楊愍 618?~650? 620~630 煬帝の孫 斉王楊暕の末子
                            東突厥に擁立され隋王に
                            東突厥が滅亡すると唐に帰順


    群雄たち
    ※楚  楚国公  楊玄感 ??~613  613  食糧輸送の官に付いていた黎陽で挙兵
                           洛陽を攻撃するが落とせず数ヶ月で滅亡
        天子   劉元進 ??~613  613  郷里の指導者 楊玄感の乱を受け起兵
                            数か月後王世充によって討伐される
             朱燮  ??~613  613  挙兵するも敗れる(え
             管崇  ??~613  613  挙兵するも敗れる(え

    ※楚  迦楼羅王 朱粲  ??~621  615~619 隋の県佐史だったが従軍
                          迦楼羅王を自称(615
                          皇帝を僭称(615
                          敗退後王世充の元に逃亡(619
                          王世充とともに滅亡(621

        元興王  操師乞 ??~616  615~616 挙兵後元興王を号すが破れる
    ※楚  皇帝   林士弘 ??~622  616~622 操師乞の後を継ぐ 一旦唐に降る
                        622    再び乱を起こすが病没

        東郡公  翟譲  ??~617  616~617 瓦崗にて隋に叛く
    ※魏  魏公   李密  582~618  617~618 武川鎮軍閥中の名家の出
                      楊玄感と交流があり乱に合流 敗れて野に隠れる
                      翟譲らが反乱を起こすと表舞台に現れ大いに勢力を
                      伸ばす→翟譲らを廃す→恭帝侗に恭順す→
                      王世充に敗れ、李淵に降る(のち処刑される

        東海公  高士達 ??~616  611~616 
                      山東で発生した民衆叛乱の指導者 河北に拠る
    ※夏  長楽王  竇建徳 573~621  616~621 高士達の勢力を継ぐ
                      617年 長楽王 618年 夏王 を自称
                      虎牢関で李世民の軍に破れ捕らえられ長安で処刑
        漢東王  劉黒闥 ??~623  621~623 竇建徳の勢力を継ぐ
                      二度にわたり大敗し 唐により滅ぼされた
        魯王   徐円朗 ??~623  621~623  617年挙兵 李密に付く 
                      李密が王世充に敗れると竇建徳に従う
                      唐に帰順し魯郡公とされる(619
                      劉黒闥が起兵すると魯王を自称(621
                      野に下ろうとしたらころころされる(623

        大乗皇帝 高曇晟 ??~618  618 嬀州懐戎県で乱を起こす
                        三か月後高開道にころされる
        燕王   高開道 ??~624  618~624 唐に降ったり背いたりを繰り返す
                      突厥を頼みとするが部下に裏切られ滅亡


    ※定楊可汗    劉武周 ??~622  617~622 突厥に帰順 
                   李世民に敗れ突厥に亡命
                   突厥から馬邑に逃亡しようとしてバレて突厥にころされた
             宋金剛 ??~620   竇建徳に敗れて劉武周の元に逃亡
                         突厥に亡命後逃亡しようとしてころされた
             苑君璋 ??~??  622~627 劉武周の部衆を引継ぐ 突厥と連携
                           のち唐に降り芮国公とされる

    ※梁  皇帝   梁師都 ??~628  617~628 突厥と同盟 唐に抵抗

    ※秦  皇帝   薛挙  ??~618  617~618 隴西にて割拠
        皇帝   薛仁杲 ??~619  618~619 薛挙の子 唐に敗れる

    ※許  皇帝   宇文化及??~619  618~619 煬帝を弑する 秦王楊浩を擁立
                           禅譲をうけて 許の皇帝となる
                           のち竇建徳により滅ぼされる

    ※涼  皇帝   李軌  ??~619  617~619 河西大涼王を自称 河西地方を領す
                           のち唐により滅ぼされる

    ※梁  皇帝   蕭銑  583~621  617~621 後梁・宣帝の曾孫
                           梁公・梁王を相次いで自称 荊州を領す
                           梁の皇帝を称す(618
                           唐の軍門に下り長安で斬られる(621

    ※鄭  皇帝   王世充 ??~621  619~621 隋で将軍だった
                        越王楊侗を皇帝に擁立(618
                        権力闘争に勝利し皇帝に(619
                        救援を依頼した竇建徳軍が敗れると降伏(621
                        平民とされたが仇敵にころされた(621

    ※呉  皇帝   李子通 ??~622  615~621 楚王を自称(615
                        江都を落とす(618
                        江都にて皇帝を称す(619
                        杜伏威に二度敗れ 捕らえられる(621
                        再起を図ったかどで捕らえら処される(622

    ※楚       杜伏威 ??~624  613~622
                        越王楊侗から隋の楚王とされる(617
                        唐に帰順 呉王とされる(619
                        唐に降り 長安に入る(622
                        輔公祏が叛くところされた(624

    ※宋  皇帝   輔公祏 ??~624  623~624 杜伏威に従う
                        杜伏威に従い唐に降るが兵権を奪われる(619
                        自立を図る(623
                        敗れて捕縛され斬られた(624

    ※梁  梁王   
    沈法興 ??~621  618~621 
                          李子通 杜伏威 との角逐のなかで滅亡

        永楽王  郭子和 ??~664  617~618 
                      梁師都と連合 のち唐に降る

        幽州総管 羅芸  ??~627  616~619
                        627 
                      幽州総管を自称 のち唐に降る
                      後年豳州に拠って叛き敗れて逃亡を図るがころされた

        交趾太守 丘和  552~637  616~622 交趾近辺を治める 唐に帰順(622
                      唐の交州大総管 左武衛大将軍 などを歴任

        高州総管 馮盎  ??~646  618~622 唐に帰順(622

    ※燕  漫天王  王須抜 ??~617  615~617 幽州に勢力を築くも敗れる
             魏刀児 ??~618  617~618 王須抜を継ぐも竇建徳に敗れる

        劉王   劉龍児 ??~614  614
        突利可汗 劉季真 ??~620  617~620 劉龍児の子 劉武周に付く
                             一旦唐に降るも叛き滅亡
        拓定王  劉六児 ??~620        劉龍児の子 捕えられ斬られる

             王薄  ??~622  611~619 知世郎を自称 一時李密を匿う
                              唐に帰順するも 暗殺される(え

        無上王  盧明月 ??~617  614~617 
                        隋の張須陀軍と対峙した指導者
                        のち王世充に敗れ斬られる

             向海明 ??~613  613    挙兵するも敗れる(え
        皇王   劉迦論 ??~614  614    挙兵するも上郡で敗れ斬られた
        宋義王  孟海公 ??~621  613~621 
             甯長真 ??~626  ??~618 蕭銑に帰順(618 唐に降る(622
             張金称 ??~616  611~616
             格謙  ??~??  613~616
        平原公  郝孝德 ??~??  613~617
        天子   李弘芝 ??~617  614~617

    ほか多数(え

    ●唐  太祖   李淵  566~635  618~626 隋の唐国公
                           太原にて挙兵(617
                           長安を落とし根拠地に(617
        太宗   李世民 598~649  626~649
                           玄武門の変ののち譲位され即位(626
                           中華統一をはたす(628
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。