ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

私的なメモ ローマ歴代皇帝(え(え
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

私的なメモ ローマ歴代皇帝(え(え

2018-06-22 20:07
    市民、元老院の中の第一人者「プリンケプス」にして
    「執政官権限」「上級の属州総督権限」「護民官職権」を身に帯び
    「カエサル」「アウグストゥス」の称号を保持
    「インペラトル」の称号の個人名としての使用 この称号の使用を事実上独占
    「最高神祇官」の職に就き

    国家の父」の称号をも保持 したオクタウィアヌス先生ぱねえっす(え

    「プリンキパトゥス」       前27~284
     ユリウス・クラウディウス朝   前27~068
    ①アウグストゥス 前63~014  前27~014
     ガイウス・ユリウス・カエサル・オクタウィアヌス・アウグストゥス

    ②ティベリウス     前42~037  014~037
     ティベリウス・クラウディウス・ネロ
    →ティベリウス・ユリウス・カエサル
    ➂カリグラ       012~041  037~041
     ガイウス・ユリウス・カエサル・アウグストゥス・ゲルマニクス
    ④クラウディウス    前10~054  041~054
     ティベリウス・クラウディウス・ネロ・カエサル・ドルスス
    ⑤ネロ         037~068  054~068
     ネロ・クラウディウス・カエサル・ドルスス・ゲルマニクス

     四皇帝の年    069
    ⑥ガルバ        前03~069  068~069  在位7カ月
     セルウィウス・スルピキウス・ガルバ
    ⑦オト         032~069  069     在位3カ月
     マルクス・サルウィウス・オト
    ウィテッリウス    015~069  069     在位8カ月
     アウルス・ウィテッリウス
    ウェスパシアヌス     

     フラウィウス朝        069~096
    ⑨ウェスパシアヌス   009~079  069~079
     ティトゥス・フラウィウス・ウェスパシアヌス
    ⑩ティトゥス      039~081  079~081
     ティトゥス・フラウィウス・ウェスパシアヌス
    ドミティアヌス    051~096  081~096
     ティトゥス・フラウィウス・ドミティアヌス

     ネルウァ・アントニヌス朝   096~192
    ネルウァ       035~098  096~098
     マルクス・コッケイウス・ネルウァ
    ⑬トラヤヌス      053~117  098~117
     マルクス・ウルピウス・トラヤヌス
    ハドリアヌス     076~138  117~138
     プブリウス・アエリウス・トラヤヌス・ハドリアヌス
    アントニヌス・ピウス 086~161  138~161
     ティトゥス・フルウィウス・アエリウス・ハドリアヌス・アントニヌス・アウグストゥス・ピウス
    マルクス・アウレリウス・アントニヌス 121~180  161~180
     カエサル・マルクス・アウレリウス・アントニヌス・アウグストゥス
    ○ルキウス・ウェルス  130~169  161~169(共同皇帝
     ルキウス・ケイオニウス・コンモドゥス・ウェルス
    ⑰コンモドゥス     161~192  180~192
     ルキウス・アウレリウス・コンモドゥス・アントニヌス

     五皇帝の年    193
    ペルティナクス    126~193  193   在位3カ月
     プブリウス・ヘルウィウス・ペルティナクス
    ディディウス・ユリアヌス 133~193  193 在位2カ月余 帝位競売にて競り落とす
     マルクス・ディディウス・セウェルス・ユリアヌス
    ●ペスケンニウス・ニゲル 135~194  193~194 帝位請求者(僭称
     ガイウス・ペスケンニウス・ニゲル
    ●クロディウス・アルビヌス 150~197  193~194 帝位請求者(僭称
                         196~197
     デキムス・クロディウス・アルビヌス
    ⑳セプティミウス・セウェルス

     セウェルス朝         193~217・218~235
    ⑳セプティミウス・セウェルス 146~211  193~211
     ルキウス・セプティミウス・セウェルス
    カラカラ          188~217  209~217
     ルキウス・セプティミウス・バッシアヌス
    ○ゲタ            189~211  209~211(共同皇帝
     プブリウス・セプティミウス・ゲタ
    マクリヌス         165~218  217~218
     マルクス・オペッリウス・セウェルス・マクリヌス
    ディアドゥメニアヌス    208~218  217~218(共同皇帝
     マルクス・オペッリウス・アントニヌス・ディアドゥメニアヌス
    ㉓エラガバルス        203~222  218~222
     マルクス・アウレリウス・アントニヌス・アウグストゥス
    アレクサンデル・セウェルス 208~235  222~235
     マルクス・ユリウス・ゲッシウス・バッシアヌス・アレクシアヌス

     軍人皇帝時代         235~285
    ㉕マクシミヌス・トラクス   173~238  235~238
     ガイウス・ユリウス・ウェルス・マクシミヌス
    ○小マクシミヌス       220~238  236~238(共同皇帝
     ガイウス・ユリウス・ウェルス・マクシミヌス
    ●マグヌス                 235    ゲルマニアで皇帝僭称
    ●クァルティヌス              235    オスロエネで皇帝僭称
    ㉖ゴルディアヌス1世     159~238  238    在位ひと月弱
     マルクス・アントニウス・ゴルディアヌス・センプロニアヌス・ロマヌス・アフリカヌス

    ゴルディアヌス2世     192~238  238(共同皇帝 在位ひと月弱
     マルクス・アントニウス・ゴルディアヌス・センプロニアヌス・ロマヌス・アフリカヌス
    プピエヌス・マクシムス   178~238  238    在位三ヶ月
     マルクス・クロディウス・プピエヌス・マクシムス
    バルビヌス         165~238  238    在位三ヶ月
     デキムス・カエリウス・カルウィヌス・バルビヌス
    ゴルディアヌス3世     225~244  238~244 ゴルディアヌス1世の孫
     マルクス・アントニウス・ゴルディアヌス・ピウス
    サビニアヌス               240    アフリカで皇帝僭称
    ㉙ピリップス・アラブス    204~249  244~249
     マルクス・ユリウス・ピリップス
    ○ピリップス2世       238~249  244~249(共同皇帝
     マルクス・ユリウス・セウェルス・ピリップス  ピリップス・アラブスの子

    ●パカティアヌス              248–249 モエシアで皇帝僭称
    ヨタピアヌス               248–249 シリア属州で皇帝僭称
    ㉚デキウス          201~251  249~251  ゲルマン軍に敗れ戦死
     ガイウス・メッシウス・クィントゥス・トラヤヌス・デキウス
    ○ヘレンニウス・エトルスクス 227~251  251(共同皇帝 デキウスの子 ゲル(略
     クィントゥス・ヘレンニウス・エトルスクス・メッシウス・デキウス
    リキニアヌス               250    ローマ市で皇帝僭称
    プリスクス                250    マケドニア属州で皇帝僭称
    ホスティリアヌス      230~251  251    デキウスの子
     ガイウス・ウァレンス・ホスティリアヌス・メッシウス・クィントゥス
    ㉜トレボニアヌス・ガッルス  206~253  251~253
     ガイウス・ウィビウス・トレボニアヌス・ガッルス
    ○ウォルシアヌス       ??~253  251~253(共同皇帝
     ガイウス・ウィビウス・ウォルシアヌス     トレボニアヌス・ガッルスの子

    アエミリアヌス       207~253  253  在位三カ月 
     マルクス・アエミリウス・アエミリアヌス    トレボニアヌス・ガッルスより簒奪
    ウァレリアヌス       200~264  253~260  アエミリウスより簒奪
     プブリウス・リキニウス・ウァレリアヌス    ペルシア軍に敗れ捕虜に
    ●ウラニウス・アントニウス         253~254 シリアで皇帝僭称
    ㉟ガッリエヌス        218~268  253~268 ウァレリアヌスの子
     プブリウス・リキニウス・エグナティウス・ガッリエヌス
    ○サロニヌス         242~260  260(共同皇帝 ガッリエヌスの子
     プブリウス・リキニウス・コルネリウス・サロニヌス
    レガリアヌス               260    パンノニアで皇帝僭称
    マクリアヌス・マヨル           260~261 皇帝僭称者
    マクリアヌス・ミノル           260~261 皇帝僭称者
                                マクリアヌス・マヨルの子

    ●クィエトゥス               260~261 皇帝僭称者
                                マクリアヌス・マヨルの子
    ●バッリスタ                260~264 皇帝僭称者
    テッサロニクス              261    アカエアで皇帝僭称
    ●ピソ                   261    アカエアで皇帝僭称
    ムッシウス・アエミリアヌス        260~261 アエギュプトゥスで皇帝僭称
    ●アウレオルス               268    パンノニアで皇帝僭称
    ㊱クラウディウス・ゴティクス 214~270  268~270 ガッリエヌスより簒奪
     マルクス・アウレリウス・クラウディウス・ゴティクス
    ●ケンソリヌス               269~270 イタリア本土で皇帝僭称?
    クィンティッルス      ??~270  270  クラウディウス・ゴティクスの弟
     マルクス・アウレリウス・クラウディウス・クィンティッルス
    ㊳アウレリアヌス       214~275  270~275 クィンティッルスより簒奪
     ルキウス・ドミティウス・アウレリアヌス  ガリア帝国 パルミラ王国を滅ぼす
                          帝国の再統一を達成
    フェリキッシムス             271    ローマ市内で皇帝僭称
    セプティミウス              271    ダルマティアで皇帝僭称
    ウルバヌス                272    皇帝僭称者
    フィルムス                273    アエギュプトゥスで皇帝僭称
    タキトゥス         200~276  275~276
     マルクス・クラウディウス・タキトゥス
    ㊵フロリアヌス        ??~276  276    タキトゥスの異母(父)弟

     マルクス・アンニウス・フロリアヌス          在位88日
    ㊶プロブス          232~282  276~282 フロリアヌスから簒奪
     マルクス・アウレリウス・プロブス
    ●プロクルス              280 ゲルマニア・インフェリオルで皇帝僭称
    ●サトゥルニヌス              281    アエギュプトゥスで皇帝僭称
    ㊷カルス           224~283  282~283 プロブスより簒奪
     マルクス・ヌメリウス・カルス
    ㊸カリヌス          250~285  283~285 カルスの子
     マルクス・アウレリウス・カリヌス
    ○ヌメリアヌス        253~284  283~284 カルスの子
     マルクス・アウレリウス・ヌメリウス・ヌメリアヌス

    「ドミナートゥス」           284~
     帝国の分担統治制度          286~
     テトラルキア(四分割統治、四分治制) 293~313
    ㊹ディオクレティアヌス    244~311  284~305 カリヌスより簒奪
     ガイウス・アウレリウス・ウァレリウス・ディオクレティアヌス  東方正帝(286
                                    引退(305
    マクシミアヌス       250~310  286~305 ディオクレティアヌスの同僚
     マルクス・アウレリウス・ウァレリウス・マクシミアヌス 西方正帝(286
                                引退させられる(305
                          306~308 息子に復帰させられる(僭称
                          310    復帰を図るも敗れる(僭称
                                ほどなくしぼう
    ㊺ガレリウス         260~311  293~311 東方副帝(293
     ガイウス・ウァレリウス・マクシミアヌス・ガレリウス  ㊺東方正帝(305
    コンスタンティウス・クロルス250~306  293~306 西方副帝(293
     フラウィウス・ウァレリウス・コンスタンティウス    西方正帝(305
    セウェルス         ??~307  305~307 西方副帝(305
     フラウィウス・ウァレリウス・セウェルス        西方正帝(306
    ○マクシミヌス・ダイア    270~313  305~313 東方副帝(305
     ガイウス・ウァレリウス・ガレリウス・マクシミヌス   東方正帝(310
    ○マクセンティウス      278~312  306~312 皇帝僭称(306
     マルクス・アウレリウス・ウァレリウス・マクセンティウス 西方正帝(307
                             マクシミアヌスの子
    コンスタンティヌス1世   272~337  306~324
                             コンスタンティウス・クロルスの子
     ガイウス・フラウィウス・ウァレリウス・コンスタンティヌス 西方副帝(306
                        西方正帝(307  西方正帝(312
                                 ミラノ勅令(313
                                 全ローマの皇帝(324 
    ㊻リキニウス         263~325  308~324 
     フラウィウス・ガレリウス・ウァレリウス・リキニアヌス・リキニウス
                    東方正帝(308  東方正帝(312   
                    コンスタンティヌス軍に敗れ幽閉(324
    ●ドミティウス・アレクサンデル??~309? 308~309 帝位簒奪者
    ○バシアヌス         ??~316  313~314 西方副帝
    ○ウァレリウス・バレンス   ??~317  316~317 東方副帝
     ガイウス・アウレリウス・ウァレリウス・バレンス
    ○小リキニウス        315~326  317~324 東方副帝
     ウァレリウス・リキニアヌス・リキニウス     リキニウスの子
    ○クリスプス         299~326  317~326 西方副帝
     ガイウス・フラウィウス・ユリウス・クリスプス  コンスタンティヌス1世の長子
    ○マルティニアヌス      ??~325  324    東方共同皇帝
     セクストゥス・マリウス・マルティニアヌス

     コンスタンティヌス朝     307~363
    ○コンスタンティウス・クロルス250~306  305~306 西方副帝→西方正帝
     フラウィウス・ウァレリウス・コンスタンティウス  
    ㊼コンスタンティヌス1世   272~337  307~337 西方副帝→西方正帝
     ガイウス・フラウィウス・ウァレリウス・コンスタンティヌス 全ローマの皇帝(324
                            コンスタンティウス・クロルスの子
    ○クリスプス         299~326  317~326 西方副帝
     ガイウス・フラウィウス・ユリウス・クリスプス  コンスタンティヌス1世の子
    ○ダルマティウス       ??~337  335~337 ローマ副帝
     フラウィウス・ダルマティウス          コンスタンティヌス1世の甥
    ○ハンニバリアヌス      ??~337  335~337 ローマ副帝
     フラウィウス・ハンニバリアヌス         コンスタンティヌス1世の甥
    ㊽コンスタンティウス2世   317~361  337~361 全ローマの皇帝(353
     カエサル・フラウィウス・ユリウス・コンスタンティウス・アウグストゥス
                             コンスタンティヌス1世の子

    コンスタンティヌス2世   316~340  337~340(共同皇帝
     カエサル・フラウィウス・クラウディウス・コンスタンティヌス・アウグストゥス
                             コンスタンティヌス1世の子
    ○コンスタンス1世      320~350  337~350(共同皇帝
     カエサル・フラウィウス・ユリウス・コンスタンス・アウグストゥス
                             コンスタンティヌス1世の子
    コンスタンティウス・ガッルス325~354  351~354 ローマ副帝
     フラウィウス・クラウディウス・コンスタンティウス・ガッルス
                             コンスタンティヌス1世の甥
    マグネンティウス      303~353  350~353 帝位簒奪者
     フラウィウス・マグヌス・マグネンティウス  ユリアヌスの姪を妻としていた
    ○ウェトラニオ        ??~356  350    在位数カ月

                        マグネンティウスに対抗するため担がれる
                           コンスタンティヌス朝の者ではない
    ●クラウディウス・シルウァヌス??~355  355    帝位簒奪者
    ユリアヌス         331~363  355~363 ローマ副帝(355
     フラウィウス・クラウディウス・ユリアヌス      ローマ正帝(360
                               全ローマの皇帝(361

    ヨウィアヌス        331~364  363~364
     フラウィウス・ヨウィアヌス        ユリアヌス没後軍隊に擁立される

     ウァレンティニアヌス朝    364~392
    (51)ウァレンティニアヌス1世 321~375  364~375 大グラディアヌスの子
      フラウィウス・ウァレンティニアヌス・アウグストゥス
    (52)ウァレンス         328~378  364~378(共同皇帝
     フラウィウス・ユリウス・ウァレンス・アウグストゥス ウァレンティニアヌス1世の弟
    (53)グラティアヌス      359~383  375~383
      フラウィウス・グラティアヌス        ウァレンティニアヌス1世の子
    (54)ウァレンティニアヌス2世  371~392  375~392(共同皇帝
     フラウィウス・ウァレンティニアヌス      ウァレンティニアヌス1世の子
    ○マグヌス・マクシムス    335~338  383~388 帝位簒奪者
                                共同皇帝(384
    ○フラウィウス・ウィクトル  ??~388  384~388(共同皇帝

    ○エウゲニウス        ??~394  392~394
     フラウィウス・エウゲニウス
               ウァレンティニアヌス2世没後三ヶ月の空位ののち西方皇帝に推戴

     テオドシウス朝        379~455/457
    (55)テオドシウス1世     347~395  379~395 大テオドシウスの子 Ⓣ
      フラウィウス・テオドシウス         東方共同皇帝(379
                            全ローマの皇帝(394

    ローマ帝国の西の部分
    (西ローマ帝国  395~476/480
     テオドシウス朝(続き
    ➊ホノリウス         384~423  393~423 テオドシウス1世の子 Ⓣ
     フラウィウス・アウグストゥス・ホノリウス    西方正帝(393
                             (西)ローマ皇帝(395
    ●マーカス          ??~407  406~407 帝位簒奪者
    ●グラディアヌス       ??~407  407    帝位簒奪者
    ○コンスタンティヌス3世   ??~411  407~411 帝位簒奪者
                               西方共同皇帝(409
    ○コンスタンス2世      ??~411  409~411 コンスタンティヌス3世の子
                          コンスタンティヌス3世の共同皇帝
    ○プリスクス・アッタルス   ??~417? 409~410 西ゴート族謹製(え
                          414~415 元老院追認(え
    ●マキシムス         ??~422  409~411 帝位簒奪者
                          419~421
    ●ヨウィヌス         ??~413  411~413 帝位簒奪者
    ●セバスティアヌス      ??~413  412~413 帝位簒奪者
                               ヨウィヌスの共同皇帝
    ●ヘラクリアヌス       ??~413  412~413 帝位簒奪者
    ❷コンスタンティウス3世   ??~421  421(共同皇帝   在位7カ月 Ⓣ
    ❸ヨハンネス         ??~425  423~425  元老院謹製(え
    ❹ウァレンティニアヌス3世  419~455  424~455 テオドシウス2世謹製(え Ⓣ
     フラウィウス・プラキディウス・ウァレンティニアヌス  (西)ローマ皇帝(425
              テオドシウス1世の孫  コンスタンティウス3世の子

    ❺ペトロニウス・マクシムス  396~455  455    在位75日
     フラウィウス・ペトロニウス・マクシムス
    ❻エパルキウス・アウィトゥス 385~457  455~456 西ゴート族謹製(え
                         リキメルとマヨリアヌスにより廃位
                         プラケンティア司教にされる(456
    ❼マヨリアヌス        420~461  457~461 リキメル謹製(え
     ユリウス・ウァレリウス・マヨリアヌス
    リウィウス・セウェルス   420~465  461~465 リキメル謹製(え
     フラウィウス・リウィウス・セウェルス・セルペンティウス
    ❾アンテミウス        420~472  467~472 東ローマ謹製(え
     プロコピオス・アンテミウス
    オリブリオス        ??~472  472   在位三カ月
     フラウィウス・アニキウス・オリュブリウス
    グリケリウス        420~480  473~474 ブルグンド族謹製(え
    ユリウス・ネポス      430~480  474~475 東ローマ謹製(え
     フラウィウス・ユリウス・ネポス    ダルマティア亡命(475~480
    ロムルス・アウグストゥルス 460~511? 475~476 父オレステスに擁立される
     ロムルス・アウグストゥス            オドアケルにより退位させられる

    マギステル・ミリトゥム  ローマ軍司令官 ローマ軍務長官
     スティリコ         365~408  393~408
     (コンスタンティウス3世) ??~421
     フラウィウス・フェリックス ??~430  425~429
     ボニファティウス      ??~432
     アエティウス        391~454  433~454
     リキメル          405~472  457~472
     オレステス         435~476  475~476 オドアケルにころされた

    イタリア領主

     オドアケル         433~493  476~493 東ゴートに敗れころされる


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。