ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【事件レポ】いろは 激動の4ヶ月間
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【事件レポ】いろは 激動の4ヶ月間

2016-09-12 19:52

    お久しぶりです~!俺やで(●´ϖ`●)

    前回ブロマガを立ち上げてから全然書いてなかったのですが、ようやく落ち着いたのでここ4ヶ月のドタバタをレポりたいと思います。
    ひとまず全部どひゃー!っというできごとなので、はじめにまとめてお伝えしておきたいと思います。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ※時系列順にまとめました

    5/31:クロスバイクで転倒事故
    6/17:妊娠発覚
    7/16:入院
    7/22:退院
    8/13:ぶちゃから会議招集(ADULT WEAPON会議)
    9/10:「ADULT WEAPON FF6」打ち切り発表配信
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ・・・どうでしょう・・・?

    どの事件も「えっちょっと詳しく・・。」って言いたくなる内容ですよね。
    私も詳しく言いたいのですが、濃すぎるし、とてつもなく長文になっちゃったので今回は7/22までの事件を振り返りたいと思います。ADULT WEAPONについての想いは別記事で書きますね。

    ■クロスバイク事故(※状況説明したらすごい長くなっちゃった)
    7月に、自民党の谷垣幹事長が自転車事故で頸髄損傷、最終的に復帰できず職を辞することに…というニュースがありましたが、みなさんご存知でしょうか?

    そのニュースをものすごい勢いで頷きながら共感目線で見ている女がいた…。
    それは…俺やで(●´ϖ`●)
    ※ごめん、私別に一人称俺じゃないんですけど私の中の原西さんがそうさせるのです

    私は5月31日に、「クロスバイク」という、谷垣さんのロードバイクよりはガチ度の低いチャリで同じような転倒事故を起こしました。
    つうかざっくり言えばチャリでこけただけなんですけどね。

    駅前の舗装された道を軽快に走行中、道のでっぱりに気づかず(舗装された道なんだけど地震かなんかでコンクリがぼこんと盛り上がっていた模様)、トップスピードでそれにつっかかり、派手に空中乱舞して華麗に着地(もちろんたたきつけられる感じで)。

    自分でも何が起こったかよく分かっていなくて、え?私こけた!めっちゃ恥ずいやん!と空を仰ぎながら思っている内にその場に居合わせたおばちゃんとお姉さんが駆けつけてきて声をかけてくれました。
    ありがとう・・・ありがとう・・・そう思いながら「大丈夫です!すみませんびっくりしちゃって…」と笑いながら立ち上がろうとするも、ぐらーんと目がまわり、立ち上がれず…!

    あれ、これやばいやつ・・・?

    脳しんとう的なものが起きていたのか、しばらく立膝から立ち上がれない状況が続きターミネーターポーズで固まる。
    段々回復してきてめまいが治まってきたところでいろんなとこが痛むことに気づく。
    特に顔。あれ?めっちゃヒリヒリする…これ、顔、アレしちゃってない?ってなってとっさにティッシュを差し出してくれていたおばちゃんに質問してみる。

    いろは「すみません、私の顔って結構血でてますかね?」
    おばちゃん「うん。出てるよ。一回転してたよ。」
    おねえさん「縦に一回転してました。」
    いろは「なるほど。そうですか…。」

    えー…まじかよ…。っていうか体中痛い…。でももうくらくらしないからそっと歩き出そう…。明日へ向かって…。

    おばちゃんとおねえさんにお礼を言って、近くの駐輪場前にチェーンがはずれたチャリを置いて、とりあえず参加予定だった飲み会にキャンセルの連絡を入れる。
    そしてあつろー(夫)に電話しながら顔の様子を見にトイレへ…そこで自分の顔の惨状を目の当たりにし、ショックで思わず泣き出す。顔の左側が完全に全面血だらけで単純にびっくりしたのだ。びっくり泣きである。

    いろは「あのねー、ごめん…私チャリでねー、駅のとこでねー…一回…転…!!!(※顔見てショック)…うぇっ…うっえぐっ…顔…血…わーん(泣)」
    あつろー「(ああ、この人、チャリでおばあさんとかを轢き殺したな)」と思い、何かを覚悟する。

    その後状況説明を終え、えぐえぐしながらトイレから出てきて「だいじょぶ…うん。だいじょぶ…」と言って電話を切る。

    ??「だいじょうぶじゃないようにみえるんだけど…」

    声をかけられて、何奴っ!?とそちらを見ると、駐輪場の管理人のかわいいおじいちゃんがティッシュを差し出してくれていた。うっ…かわいい。ありがとう…(泣)妖精かと思った。

    派手に転んじゃってこれから家に帰るんですけど、チャリが壊れてるかもしれなくて…って言ったらチャリ見てくれてチェーン直してくれたので、無事家までころころ押しながら帰りました。

    その後は病院とかいろいろ行って現在は完治しました。あばらにひび、顔半面を中心としていろんなとこに擦り傷でした。擦り傷には「キズパワーパッド」、これは間違いないです。

    ■妊娠発覚
    事故ってからというもの、体調がずっと優れず、37.3℃くらいの熱が続きました。
    脳に何かがあったのだと思ってブルブル震えていましたが、最初に行った病院では脳には問題ないと言われていたのでじゃあなんだろう…と。
    症状から考えた結果、妊娠…?となり、産婦人科へ行ってみたところ、妊娠していることが発覚!えーっ!嬉しい!
    しかし、その時点ではまだめっちゃ初期だったようで心拍の確認もできなかったので、「次回は1ヶ月後に来てみてください。そこで心拍確認できたら母子手帳ね~」と言われました。
    エコー写真というのをもらったのですが、ほんとに全然わからなくて黒い丸が赤ちゃんを育てるところで、白い点みたいのが赤ちゃんとのことでしたが、言われてもよくわかりませんでした。

    わーいヽ(=´▽`=)ノキャッキャッ赤ちゃんできたー!

    と喜んだのですが、心拍確認的なことで検索かけると、この時期がいちばん流産の可能性が高いとか、安静に過ごすなどの情報が飛び込んできました。ふむふむ、そうだよな、心拍確認もまだだし、安静にしなきゃな…安静に…あっ…!!!

    私2週間前にチャリで事故してるやんけ((◎)_(◎))

    終わった…。私終わった…。心拍確認ができないって…これこの子、息してないんじゃ…だって空中に…一回転して地面に打ち付けられて…。あ、終わった。やってしまった。

    そこからの1ヶ月はもう廃人のような状態で過ごしていました。
    「なんてこった…。なんで私はこうなのか、今までも怪我の多い人生を送ってきた。おっちょこじゃん。おっちょこのくせにいろいろアクティブに動くからトラブルを呼びこむのだ。何が♪トラブルと遊べ~やんちゃ~ぼうず~』だよ遊べるかよ。安全第一だろ。」

    あつろーは全然ケロッとしてて、格ゲーガチャガチャやりながら「だいじょぶっしょ!この時期に一回転してたら相当元気な子が生まれるんじゃなーい?」的なことを言っていたのを覚えている。

    そこから次回の検診までは毎日というか毎秒でそれ関連の検索をしながら絶望の顔で日々を過ごしていました。ちなみにこの頃はまだつわりも序の口みたいな感じでケンタッキー食べたくてたまらない日があったりしていました。
    そしてやってきた1ヶ月後、そんな心配をよそに元気な心拍を確認でき、めちゃめちゃ安堵したのでした。とりあえず私のチャリの事故のせいで死なせてなくてよかった…。
    つっても安定期入るまではまだまだ安心できないからその後も心配はずっとあったけど。

    ■入院&退院
    私は基本的に健康です。病院に入院したこともよく考えたら一度もないし、風邪はよく引くけどわりとすぐ治るし。だから、妊娠したとしてもどうせつわりないタイプだろうな~。と思っていました。

    しかし

    違ったのです。なんかつわりめっちゃ辛い。心拍確認ができた頃から急に食欲が無くなりました。というよりも、常に気持ち悪くて食べるとか考えてる場合じゃないような状態でした。
    立ち上がればオエッてなるし、隣の部屋にいけばオエッてなるし、何かの匂いが(いい香りでも)してくればオエッてなるし、洗面所に立つだけでもオエッてなるし。ちょうど、ゲームの「NOW LOADING…」みたいな感じで、何かアクションを起こす度にオエオエなりました。
    だんだんひどくなりオエッてなるだけじゃなくて激しく嘔吐するようになってきました。食べれば吐くし、食べなければ胃液を吐くし…。吐かないという選択肢はない日々が続くというまさに地獄!
    行動不能状態に陥ったので実家へ帰ることに…。それでも栄養はとらなきゃなので朝昼晩いちおうご飯食べて(食べられるものも少ない)、水分もとって、そして吐いて…という日々が続きました。

    ○月×日
    つわりがやばすぎる。完全に舐めてたー。寝ることしかできないし、良くなる気も全然しない。今日は5回も嘔吐。
    ○月×日
    私だめだー。わたしには子どもをうむの無り か…よわ…。
    ×
    かゆい
    うま

    ~「いろはの手記」より~

    と、ゾンビ化が進む日々…。かれこれ一日に4~5回くらい嘔吐する日々を期間にして1ヶ月ほど過ごし、土日にあつろーが遊びに来た時に犬を抱っこして写真撮ったやつ見てみたらガリガリくんになっていることに気付きました。
    「えっ…やった痩せてる…じゃなくて、ガリガリやんけ!」

    ※この頃、辛すぎて、あませにもうだめだ…的などんなに辛い毎日かを伝えるという迷惑な行為をしていたところ、食べたものの日記みたいのを見せたら、「ごみみたいな食事内容じゃん。かわいそう。」とのコメントをもらった。
    「朝:おせんべい」の日もあったりした。(食べられるものが無さ過ぎて)

    基本的につわりに効く薬はないし、というか妊娠中は薬は飲んじゃダメだし、これは耐えぬく以外に道はないと思っていたので本当に地獄だった。もともと嘔吐というのが苦手で、どんなに気持ち悪くても嘔吐だけは避けようと我慢するタイプだったので、一日中吐きまくる日々が続くというのは特にメンタルに響いた。
    妊婦は皆これを乗り越えている。母ってどんだけ偉大なんだろうか。と毎日全国のおかあさんに対して尊敬の念を抱いていたし、ごはんを作ってくれる自分の母も菩薩のように見えていた。

    っていう地獄の中、定期検診に行った所、「つわりがひどいですね。これは入院だなっ!今日日帰りで点滴ね!泊まってもいいけど^^」と先生に言われました。
    重症悪阻」と診断された。。。。つわりが深刻化した状態ですが、なるのは全体の1~2%の人(ネット情報)とのことだったので、絶対にこれではないと思い込んでいたのですが…

    それでした(●´ϖ`●)

    結果、一日だけ点滴してもまたこうなるだろうということで、1週間ほど入院することにしました。点滴も毎日やっていると、血管痛ってやつが来て、これまた痛い思いをしましたが、入院中は体調的には嘔吐回数もすごく減って穏やかな日々を過ごせたので結果オーライですね。

    そこからもしばらく辛い日々が続き、今もたまに吐くのですが無事安定期に入ったのでこうして記事をしたためているというこってすな!「【ご報告】妊娠しました」みたいなタイトルでブログ更新するのも考えましたが、それよりつわりのレポ書きたい気持ちだったので事件レポということでいろいろまとめてみた次第です。

    すんげー長文になってしまってごめんなさい。読んでくれてる人がいるのかどうかも疑問ですが、ここまで読んでくれてありがとう。

    次回はADULTのターンですね。つうか今の旬はADULT話だよね。次回書きます。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。