【VF5FS】コンボ精度(フォロー含め)について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【VF5FS】コンボ精度(フォロー含め)について

2013-12-12 14:00
    バーチャのコンボは大体安定コンボでも60前後のダメージが多い為、大体3~4コンボで相手を倒せます。
    ※壁やキャラ限定のコンボが絡めば2コンボでも可能
    ですが、コンボ始動技を当てても最後までコンボを完走しないと3~4コンボで相手を倒せなくなります。
    別のバーチャ配信者の方が「1コンボを逃す=勝つチャンスを1回逃す」と言っていたが自分もその通りだと考えています。
    たとえば極端な話、相手がコンボ成功率100%、自分が50%だとして交互にコンボを決めても相手に勝てる訳がありません。
    自分より強い人と対戦する場合、相手の方が攻め方が上手く、コンボ成功率は高いでしょう。
    それに後述するコンボミスの要素が自分に加わったりするので、コンボを決めるチャンスすら交互ではなく、相手の方が多くなります。
    このような状況では勝てる要素がどんどんなくなってしまいます。
    なので、まずは「コンボ精度を上げる=相手を倒す確率を上げる」というのをしっかりと身に着ける事が大事だと思います。

    コンボが失敗するのは主に以下の原因があると自分は考えています。
    ※当然ながら下記以外にも原因はあると思います。

    1.コマンドミス
    2.キャラ別、足位置限定のコンボを間違えて途中までしかコンボが入らなかった
    3.正面、側面、背後ヒット時のコンボを間違えて途中までしかコンボが入らなかった
    4.コンボ始動技を出したが当たると思わず反応が遅れ、コンボを続ける事ができなかった
    5.コンボ始動技を当てたが距離が遠く、コンボを続ける事ができなかった
    6.コンボ途中で壁に当たってしまい途中までしかコンボが入らなかった
    7.その他

    1.コマンドミス
    これが上記の原因の中で一番失敗する理由として多いのではないかと思います。
    改善する方法としては、正攻法ですがトレーニングモードなどを使用して練習する事だと思います。
    いくら常に安定コンボを決めていたとしてもコマンドミスをする可能性はあります。
    コマンドミスする確率を減らすには日々練習して、入力タイミング等を覚えるしかありません。
    しかし、練習と実践では相手が動いてたり、ガードしてたりと状況に違いがある為、練習通りにいかない事もあると思います。
    そういった場合の対処方法として、アーケードモードでの練習、フリートレーニングでCPUのAIレベルを上げての練習、プレイヤーマッチやルームマッチでフレンドと対戦しながらの練習など、実践形式に近い形でコンボの練習をするとランクマや大会などの本番でコンボが決めやすくなります。

    2.キャラ別、足位置限定のコンボを間違えて途中までしかコンボが入らなかった
    3.正面、側面、背後ヒット時のコンボを間違えて途中までしかコンボが入らなかった
    2は安定コンボというものを各キャラが、ほとんどのキャラに対して持っているので、限定コンボを失敗するなら安定コンボをひたすら決めるようにすると良いでしょう

    3は正面、側面、背後にコンボ始動技が当たった際の安定コンボをそれぞれ1つずつ覚えておくとコンボが完走しやすくなります。
    3通りのコンボを覚える事になりますが、基本的に正面、側面ヒット時は同じコンボが入りやすいので共通のコンボを覚えるようにし、背後ヒット時のコンボを特に意識して覚えておくといざという時に失敗しにくいです。

    4.コンボ始動技を出したが当たると思わず反応が遅れ、コンボを続ける事ができなかった
    これも結構ありがちな事ですが、これは完全にプレイヤーの責任です。
    「出したけど当たると思っていなかった」と言う考え方で技を出すのはやめましょう。
    「当てる為に技を出している」「絶対に当たる」という意識を基本的に持ってコンボ始動技を出すようにしましょう。

    5.コンボ始動技を当てたが距離が遠く、コンボを続ける事ができなかった
    6.コンボ途中で壁に当たってしまい途中までしかコンボが入らなかった

    5、6については改善が難しい所です。
    特に5は仕方がありません。
    相手がダウンする間に間合いを詰め、次の攻めの準備をするのが得策だと思います。

    6も改善が難しい所ですが、フィールドの形を頭の中に入れ、見えてる景色から壁との距離を判断して壁に当たっても問題ない技(壁ズリ、バウンドなど)を出す事ができるとダメージが上がります。

    7.その他
    その他には「キャラが技を出した時に自分か相手のキャラに軸ずれが発生した」など技が途中から当たらないなどがありますが、これも正直なところ仕方がありません。
    技の当たる当たらないの判断ができるならダメを落としてでも安定して当たる技をコンボに入れていきたいですが難しい所だと思います。
    このような時は安定コンボを決めつつ技が当たらなかった時の行動(ガード、暴れ、避けなど)を決めておく事で、いざそうなった時に焦らずに対応できるようになります。

    最後にフォロー】について話をしたいと思います。
    バーチャでは「技が空中で当たってコンボを決めれる状況になった」というのが結構あります。
    ※例:相手がジャンプした時に立ちPがヒットした
    このような特殊な状況でも技を出して相手にダメージを与えていく事を【フォロー】【拾い】と言い、これが意識できるようになると、始めの方に記載した「相手を倒す確率を上げる」につながると自分は思っています。
    しかし、このような状況は特殊な為、再現して練習するというのがとても難しいです。
    なので、このような状態になった時の為に自分が使うキャラの当たり判定が広く拾いやすい技を1つ以上見つけておきましょう
    また、実際にフォローができる状況になった時は決して焦らず「少しでもダメージを与えよう」という意識を持って用意しておいた技を出していきましょう。
    結果的に技を出して当たらなくても仕方ないです。
    何もしていないという状況だけはできるだけ回避しましょう。

    以上、コンボ精度(フォロー含め)についてでした。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。