ONE OK ROCK「We are」解釈 続き
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ONE OK ROCK「We are」解釈 続き

2017-02-24 00:15
    数年ぶりに曲の和訳・解釈をしてみました。
    曲はONE OK ROCK の「We are」

    この曲の歌詞にある「We are the colors in the dark」
    という部分が印象的で「どういう意味か深く考えてみたい」と思いやってみました。

    まずこの歌詞を直訳すると「私たちは暗闇の中にある色彩である」です。


    「暗闇の中にある色彩」とはどういうことかを考えますと、

    まず、色というものは光がない限り認識できません。しかし、光が差せばそこには鮮やかに人の心を揺さぶるものです。 


    ①「光が差さなくても、確かにそこにある素晴らしいもの」と捉え、「私たちは光が差さなくても素晴らしい」

    といった旨の内容を以上から解釈の1つとして考えてみました。



    次に「暗闇の中でも認識できる色」と考え、「それぞれの色に光り輝く」と捉え、「私たちは暗闇の中でも光輝く色」

    と考えられます。(多くの翻訳サイトですとこの解釈が一般的です。「色を光と捉えます」)

    そして「光とは暗闇でこそ美しく輝く(星や月など)」と捉え



    ②「暗闇(歌詞中では不安や絶望、理不尽や権力の暗喩)にカウンターをかまし、暗闇なんて逆に俺たちの引き立て役なんだ」といった旨を伝えたいのではないかと思います。




    最後に過程をとばしその部分に行くまでの歌詞の流れから考えると、「自分らしくいて欲しい。どんな時もみんなを支えるから」というテーマから「みんなが絶望の中の希望」であるといった旨なのではないかと考えました。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。