ケノンとトリアならどっち?髭の場合は?VIOは?2chの口コミ付きで比較
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ケノンとトリアならどっち?髭の場合は?VIOは?2chの口コミ付きで比較

2020-08-01 16:28


    コストを考えて自宅で脱毛しようとすれば、脱毛器選びが難題ですね。種類が多くて困りますが、機能的には3つにまとめられます。

    家庭用脱毛器の種類作用代表的な脱毛器
    フラッシュタイプ光を照射して
    毛根にダメージを与える
    ケノンなど
    レーザータイプレーザーを照射して
    毛根にダメージを与える
    トリア
    サーミコン、高周波
    ローラー
    熱で毛を焼き切る
    ローラーで抜き取る(正確には除毛)
    ノーノーヘア
    ソイエなど

    このうち、ムダ毛が生えなくなって、永続的な脱毛につながるのはフラッシュタイプとレーザータイプの2種類です。

    サーミコンタイプなどは一時的な除毛で、すぐ生えてきます。


    ツイッターでは、脱毛器はケノンとトリアの2択で一長一短があるとか。

    この記事では、フラッシュのケノンとレーザーのトリア、どっちが良いのか詳しく見ていきます。

    ケノン・トリアの公式販売サイト

    ケノンとトリア@機能や仕様にはどんな違いが?私はケノン!

    脱毛器はケノンとトリアの2択というのは、私もそう思います。そこから私はケノンを選びました。理由は痛みです。このあと詳しく書いていきますね。

    ところで、ケノンとトリアってどんな脱毛器なんでしょう。最初にスペックの一覧を出します。

    項目ケノントリア備考
    脱毛方式光フラッシュレーザー脱毛パワーは
    レーザーが強い
    ハンドピース
    サイズ(㎝)
    6.5×148×12×23ケノンは本体が別
    ハンドピース
    重さ
    120g584gトリアはコードレス
    でも大きくて重い
    照射面積標準7㎠0.785㎠ケノンは最大9.25㎠
    照射器交換可能不可ケノンは
    カートリッジが多彩
    電源100vバッテリーケノンの
    電源コードは邪魔
    照射レベル10段階5段階微調整は日本人向き
    製造国日本米国販売量はトリア
    価格(税込)69,800円40,530円コスパはトリア
    返品・返金制度なし30日間返金安心感はトリア
    保証期間2.3年2年ケノンは特典で延長
    最大ショット数最強レベルで
    50万発
    電池の
    寿命まで
    全身脱毛が
    先に完了
    使用間隔2週間2週間毛周期によるので差はない
    痛みあり強い痛みに弱い人はケノン

    同じ脱毛器とはいえ、本当に一長一短がありますね。

    わかりやすく違いをまとめます。

    ケノンとトリアはどう違う?両方のメリットをまとめてみた



    ケノンとトリアの違いについて、両方の特長的なところ(メリット)をまとめます。

    ケノンには脱毛器としてのメリットが多数

    まず、ケノンのメリットを挙げてみましょう
    • 光脱毛なので痛みが少ない
    • 照射面積が広いので1回あたり短時間で処理できる
    • 照射面積が広く全身脱毛ができる
    • 美顔・美肌機能が使える
    • 国産なので日本人向きの設計
    • ハンドピースがトリアより軽くて使いやすい
    • 人気はトリアを超える

    ケノンは痛みがマシ

    ケノンもトリアも脱毛するときには痛みはあります。ただ、「ケノンの痛みはレベルMAXでも我慢できる程度の痛み」です。

    そう言うのはレーザー脱毛の経験者ですが、実際に使ってみてもそれほど苦痛ではありません。

    光はエネルギーが小さいし、ケノンは照射時間をできる限り短縮しているのがあまり痛くない理由です。だったら、レーザーのトリアは相当痛いんでしょうね。

    照射範囲が広いので処理時間が短い

    ケノンの照射範囲は3.5㎝×2㎝=7㎠が標準。広い発光器では9.25㎠もあります。トリアの10倍以上で、背中や胸毛など広い範囲でも、手早く処理できます。

    また、照射できる範囲が広いので、その気になれば全身脱毛でもOK。連続で1時間照射できるので、時間的にも十分です。

    美顔機能が使える

    ケノンは発光カートリッを美顔用に変えるだけで、美顔器として使えます。中途半端な美顔器ではなく、美顔器ランキングで1位になった本物です。

    国産なので日本人には最適

    ケノンは日本で開発・製造された国産脱毛器です。欧米人に比べて繊細な日本人の肌にも、違和感なくなじみます。

    ハンドピースが軽くて使いやすい

    ケノンは本体と照射部が別なので、手に持つハンドピースは120gしかありません。長時間の照射でも疲れないし、どんな部位にも自由に照射できます。

    人気の高さはトリアを超える

    ケノンの公式ページには、145,000を超えるものすごい数のレビューが寄せられています。多くの人が使っているので、安心感がありますね。

    売上げも順調で、楽天市場では何種類ものランキングで1位を維持し続けます。脱毛器の人気度は、トリアを超えてダントツトップです。

    ⇒ケノンの公式販売サイトはこちらをCLICK!

    トリアにもレーザー脱毛器のメリットが多数

    次はトリアのメリットです。
    • レーザー脱毛なので脱毛効果が高い
    • 照射範囲が小さいのでヒゲ脱毛には最適
    • ハンドピースがコードレスなのは便利
    • ケノンより安くコスパ良好
    • 30日間返金保証あり

    トリアはレーザー脱毛なので効果が高い

    レーザーのほうが、光を使うフラッシュ脱毛より効果は高くなります。エネルギーが強く、毛包に与えるダメージが大きいからですね。その分痛みは強いですが。

    特に、ヒゲやわき毛、VIOなどの剛毛に対する脱毛に効果を発揮します。光でも対応できますが、レーザーのほうが早く少ない照射回数で効果を実感できます。

    トリアは照射範囲が狭いのでヒゲ脱毛に最適

    トリアの照射範囲は直径1㎝の円形です。面積は0.785㎠で、ケノンよりかなり狭い範囲ですね。

    一方、レーザーの脱毛力が強いので、太くて高密度のヒゲ脱毛に最適です。凹凸が多い口の周囲への照射では、小さいレンズのほうが正確でしょう。

    トリアのハンドピースは扱いやすいコードレス

    トリアは本体と照射器が一体型です。バッテリー内蔵なので電源コードがなく、脱毛したい部分へ自由に動かせる扱いやすい脱毛器です。

    その反面、一体型は重くて大きいのが難点ではあります。

    トリアはコスパのよさでケノンをリード

    トリアは強力なレーザー脱毛で、値段は税込40,530円です。

    また、フラッシュ脱毛のケノンは税込69,800円です。

    効果は一長一短だとすれば、レーザーなのに約3万円近く安いトリアのほうがコスパは上になりますね。

    トリアには30日返金保証があって安心

    トリアを使って満足できなければ、注文後30日以内に販売元に返送した場合に代金が返金されます。例えば、痛くて続けられない場合なんかが該当するでしょう。

    ⇒トリアの公式販売サイトはこちをCLICK!

    トリアの痛みがハンパないという口コミが多すぎて不安



    ケノンのメリット「光脱毛だから痛みが少ない」の逆バージョンで、トリアは「レーザーだからかなり痛い」という部分があります。

    確かに痛みが強いようで、それについての口コミがたくさん見つかりました。

    痛すぎて1回でトリアをやめた口コミ


    一発でアウトの人たちです。予想外の痛みに驚き、あまりに痛くて我慢しようとする気持ちも起こらなかったんでしょうね。

    強烈な痛みや刺激にくじけそうという口コミ


    トリアの痛みの例えとして、「輪ゴムでパチン」とはよく言われます。でも、そんな穏やかなものではなさそうです。

    そのうえ、ヤケドでしょうか、赤く腫れるみたいですね。

    痛みに耐えきれずケノンに変えたという口コミ


    痛みに耐えかねてトリアは中止で、代わりにケノンに変える人が続出。痛みに弱い人は、素直にケノンにしたほうがいいですね~。

    トリアの痛みには我慢しないで方向転換も恥ではない

    トリアの脱毛は本当に痛いものです。

    痛みへの耐性は個人差があるので、痛みに弱い人は無理に我慢する必要はありません。また、時間がかかる全身脱毛を望む人も、目標達成は難しいでしょう。

    ケノンといういい回避手段があるので、無理はやめましょう。苦痛だと思ったら、早目にケノンに代えてください。

    強い男ならヒゲの脱毛はトリアに任せよう!

    トリアのメリットは強力なレーザーと狭い照射範囲。このメリットを生かせるのが、男性のヒゲ脱毛なのです。

    複雑な形の口周りに高密度で生えた太いヒゲは、光脱毛では少し時間がかかります。ここはレーザー脱毛のトリアの出番です。

    痛みに耐えられる強い男性なら、ヒゲ脱毛はトリアに任せるのがおすすめです。

    次は2ch(新5ch)の投稿を紹介します。率直の感想は「人それぞれだな~」って感じでしたw

    ケノン・トリアの公式販売サイト

    ケノンとトリアの髭に関する2ch(新5h)の口コミ評判は?


    ケノンの場合

    26名無しさん@Before→After2018/01/07(日)
    腕とかには効果あるのか生えてこなくなったけど
    髭には全く効果ないな
    プレミアムカートリッジで半年くらい週2で三回重ね打ちしてるけど効果ないわ
    89名無しさん@Before→After2018/01/19(金)
    >>88
    髭はだめだね。
    首から下の毛は効く。
    93名無しさん@Before→After2018/01/19(金)
    なるほど、参考になります。

    髭目的ならケノンはイマイチって事なんてますね。
    ありがとうございました。
    96名無しさん@Before→After2018/01/19(金)
    前から髭はトリアってスレで言われてる
    トリアで効くかは実際やってみないと分からん
    113名無しさん@Before→After2018/01/21(日)
    髭には効果ない
    毎週やっても生えてくる
    少し生えてくるのが遅くなるだけ!
    151名無しさん@Before→After2018/01/28(日)
    髭は医療に任せて、他の部位はケノンを使用するというのが一番安く上がると思う。
    無論、全身をレーザー脱毛すれば1年で処理が完了するが軽の新車が買えるコストが必要になるな。
    共通して言われていたのが、ケノンは髭脱毛には向かないうこと。でも、カートリッジをストロングタイプにしたらどうなんだろう。

    ストロングタイプにしたら効果あるとよく目にしますが、逆にストロングタイプにしないと効果ないっていうのは共通した口コミかもですね。

    トリアの場合

    88名無しさん@Before→After2019/07/02(火)
    男で髭やってる人、効いてます?

    89名無しさん@Before→After2019/07/02(火)
    >>88
    プレシジョンだけど凄く効いてる。
    元々、ヒゲの量は少なかったけどしっかりしたヒゲが生えてた。
    全体的に2回打っただけだけど打ち漏れ以外はしっかり効いてる
    96名無しさん@Before→After2019/07/02(火)
    髭をレベル5でやった結果書くわ(エムラクリーム使用)
    ・頬ひげ
    麻酔なしで耐えれる。1,2ヶ月で効果を確認。
    半年で1日10本抜いてたのが2,3週間で数本抜くかどうかまで減った。
    ・髭(鼻下・口の下以外、麻酔有りで無痛、無しでレベル3が限界)
    現在8ヶ月ぐらいで8~9割ぐらい減少。効果を感じたのはレベル5をやり始めて3ヶ月くらい。
    ・髭(鼻下・口下、麻酔有りでも鼻下の毛を抜く程度の痛みあり、麻酔無しでレベル2で涙目)
    現在8ヶ月ぐらいで、半年下は9割減、口下は3割減って感じ。
    レベル5をやり始めて4ヶ月くらいで鼻下は効果を感じた。口下は正直まだそこまで減った感じはしない

    ※個人の感想です。効果(略
    190名無しさん@Before→After2019/07/10(水)
    髭オンリーならプレシジョンで大丈夫だろうけど、VIOも視野に入れたら4xの方が良いのかな?
    なんか一度脱毛し始めると腕や脚まで広がっていきそう
    212名無しさん@Before→After2019/07/11(木)
    >>208
    それならプレ1択でOKだね。陰毛もね。
    ってか顔などふともも裏や腕裏や脇や細かい部分に気を使うパーツはプレの方が有利。
    男性髭もプレでやっても効果は変わらない
    高レベルだと痛いから冷やしながらだから連発出来る人がそもそも居ないのも事実。
    使い勝手(小回り)が良いプレか重くて稼働時間がプレの2倍?の4xの違い。
    買うなら保証関係で公式がオススメ。
    530名無しさん@Before→After2019/07/30(火)
    髭は効果なし騙されないように
    636名無しさん@Before→After2019/08/06(火)
    濃くて太いと痛いよ
    男の髭とか悲惨
    660名無しさん@Before→After2019/08/08(木)
    自分もラクサール使ってるけど髭だと普通に激痛だよ
    ないよりはマシだけど
    髭脱毛だけならトリアって感じでしょうか。しかも、価格が安い「プレシジョン」でも効果はあると。

    しかし、痛みは覚悟しておいたほうが良さそうですね^^;
    ケノン・トリアの公式販売サイト

    ケノンとトリアのVIOに関する2ch(新5h)の口コミ評判は?


    ケノンの場合

    175名無しさん@Before→After2018/02/02(金)
    VIOの色素沈着あるとこは全然効かない
    216名無しさん@Before→After2018/02/10(土)
    VIO効いた人ってやっぱりストロングのレベルMAXとかでやってるの?
    私プレミアムのレベルマックスで週一照射だけど毛がビクともしない
    248名無しさん@Before→After2018/02/13(火)
    >>231
    それそれ! ワレメの始まりの上だけ全く抜けない!
    もうトータル7、8回は打ってるけど…
    そこ以外のVIOはちゃんと効いてる!
    621名無しさん@Before→After2018/04/05(木)
    VIOをストロングのLV10で冷やさないでやるとめちゃくちゃ痛いけど、打ったそばからスルッと抜ける
    でも痛すぎて無理
    955名無しさん@Before→After2018/05/25(金)
    VIOはなかなか効かなかったかな
    ケノンのVIOに関しては意見が分かれるところでした。ストロングタイプのカートリッジがここでも必要という声も。

    トリアの場合

    475名無しさん@Before→After2019/07/24(水)
    トリアでvio完ツルにできた人っているの?

    476名無しさん@Before→After2019/07/24(水)
    >>475
    さすがにVはやらないけどOはツルツルになったよ。
    とは言っても放置したら1、2本生えてるけど。
    558名無しさん@Before→After2019/07/31(水)
    VIO、ワキならレーザー一択だろ
    791名無しさん@Before→After2019/08/13(火)
    VIOにはマジで効くよね
    髭には微妙だからそっちはクリニックでやってるけどメンテぐらいには使えそう
    956名無しさん@Before→After2019/08/26(月)
    脇はほんとにすぐツルツルになるね
    それだけでも買ってよかったけどVIOは中々減らないなぁ
    こちらも意見は真っ二つ!

    2chなんで男性の意見が多いのか(勝手なイメージです)、トリア寄りの印象です。

    トリアの方が効果ありそうですが、「痛み」と「手間」がどれだけ許容できるかですね。

    ケノン・トリアの公式販売サイト

    ケノンvsトリア@効果や使用感を比較した結果を詳しく解説

    ケノンとトリアはどっちがいい?機能や評価を直接比べてみましょう

    ①ケノンvsトリア@価格対決

    最初は値段を比べます。(価格は税込)
    • ケノン…69,800円
    • トリア…40,530円

    金額の違いは29,270円です。約3万円の差額は決して小さくはありません。

    ケノンは家庭用脱毛器としてはやや高め。一方のトリアは、レーザー脱毛器なのにこの値段?といった印象ですね。

    トリア勝ち!

    ②ケノンvsトリア@効果対決

    脱毛効果については、光とレーザーの違いが出てきます。

    ケノンは光脱毛で、効果を実感するまで約半年。1年ほどで脱毛が終了し、その後は数ヵ月~半年おきのメンテで維持できます。

    トリアはレーザーで、少ない照射回数で短期間に太い剛毛まできれいにできます。処理した後はほぼ生えてきませんが、産毛の処理が必要なことがあるようです。

    トリア勝ち!

    ③ケノンvsトリア@痛み対決

    痛みについてはどちらも耐える必要があります。

    ただ、その強さはトリアが圧倒的!

    痛みのために脱毛完了まで使えない例も少なくありません。ケノンのほうは、我慢の範囲内に収まります。

    ケノンの勝ち!
    ※痛みが小さいという意味で

    ④ケノンvsトリア@美顔器対決

    美顔器機能はケノンだけにしかありません。

    別売りのカートリッジを使用しますが、その機能は専用美顔器と同等以上。満足できる美顔器です。

    ケノンの勝ち!

    ⑤ケノンvsトリア@照射範囲&回数対決

    照射範囲は決定的に違います。ケノンは標準7㎠、最大9.25㎠なのに対し、トリアは0.785㎠。

    照射回数はこの違いに反比例して、範囲が広いほど少なくて済みます。

    全身脱毛はケノンでないと無理だし、通常の照射もケノンがずっと楽です。一方、ヒゲ脱毛など特定の部分に集中的に照射するのは、トリアの得意技です。

    ケノンの勝ち!

    ⑥ケノンvsトリア@使いやすさ対決

    ケノンはハンドピース(重さ120g)と本体が別で、さらに電源はコンセントです。

    トリアは一体型(重さ584g)で充電式なので、すっきりしています。

    使ってみると、ハンドピースが軽いケノンが圧倒的に楽です。

    トリアはコードレスで動きは自由でも、重くて照射回数が多く疲れます。

    引き分け!

    ⑦ケノンvsトリア@保証対決

    製品の故障などの保証期間は、ケノンが1年(キャンペーンで2年3ヶ月のときも)でトリアは2年です。

    また、返金保証はトリアにしかつきません。

    もし痛みで使えない場合、30日以内に返品すれば返金されます。金銭的にはトリアが安心でしょう。

    トリアの勝ち!


    ケノン・トリアの公式販売サイト

    ケノンがおすすめorトリアがおすすめなのはこんな人

    ケノンもトリアも特長的な脱毛器ですね。これを生かして使うにはどんな人がいいのか、おすすめしたい人を挙げてみました。

    • ケノンをおすすめしたい人
    • 全身脱毛を希望する人
    • 1回の処理時間を短縮したい人
    • 痛みに耐えられない人(脱毛初心者)
    • 美顔美肌を望む人
    • 日本人向けの国産品が欲しい人

    • トリアをおすすめしたい人
    • 狭い範囲(ヒゲなど)を脱毛したい人
    • 脱毛効果を重視する人
    • 強烈な激痛に耐えられる人
    • 安いレーザー脱毛を求める人

    ケノンをおすすめしたいのはこんな人

    全身脱毛を希望する人

    ケノンは照射範囲が広いし痛みが少ないのが特長です。毛深い体質で脚全部とか肘下全部、背中など、全身にわたる脱毛でも、短時間で楽に処理できるでしょう。

    1回の処理時間を短縮したい人

    ケノンの照射範囲は標準でも7㎠あります。手の甲なら4回ほど照射すれば終わるので、1回あたりの処理時間が短くできます。

    痛みに耐えられない人(脱毛初心者)

    ケノンは細かく出力調整できるので、痛みに弱い人でも耐えられる程度での脱毛が可能です。また、処理時間が短いので、初心者でも我慢もしやすいでしょう。

    美顔美肌を望む人

    ケノンではオプションで美顔用カートリッジが使えます。皮膚の代謝を活性化する波長の光で、しわやしみの改善、弾力の回復などが期待できます。

    顔以外にも、首元や背中などに好きなだけ美肌ケアが楽しめる、美顔機能付きです。

    日本人向けの国産品が欲しい人

    ケノンは欧米人より敏感な日本人の肌質に合わせて、10段階に出力調整が可能です。日本製だからできる日本人向けの繊細な配慮ですね。


    ⇒ケノンの公式販売サイトはこちをCLICK!

    トリアをおすすめしたいのはこんな人

    狭い範囲(ヒゲなど)を脱毛したい人

    トリアは小さな照射レンズから、集中的に髙エネルギーのレーザーを照射します。余分な部分は避けて、ヒゲなどの狭い部分を効率よく脱毛できます。

    太くて密集したヒゲは強敵で、トリア以外では難しい部分が得意です。

    脱毛効果を重視する人

    トリアのレーザー脱毛はクリニックと同じ方式です。エステや通常の脱毛器よりも早く、少ない照射回数でムダ毛を処理することができます。

    強烈な激痛に耐えられる人

    トリアの脱毛では痛みが避けられません。それも我慢の限界を超えるようないたみです。なので、人並み以上に痛みへの耐性がある人にだけおすすめします。

    普通の人では、たぶん脱毛完了まで続けられないでしょう。

    安いレーザー脱毛を求める人

    脱毛効果の高いレーザー脱毛器は、ほとんどが医療用です。高額な費用がかかる専門クリニックでしか利用できませんでした。

    家庭用としてはトリアしかないので、低額のレーザー脱毛を望む人には最適の脱毛器です。

    ⇒トリアの公式販売サイトはこちらをCLICK!

    まとめ@トリアを買うなら痛みを覚悟!日本人はケノンが主流

    トリアとケノンについて、徹底的に比較しました。私が選んだのはケノンですが、そこに至るまでに頼りにしたのは経験者のレビューです。

    トリアは業務用レーザーに近い出力を持つ唯一の脱毛器で、脱毛効果は十分期待できます。そして、その「効果」と「痛み」はワンセットなのです。

    想像を超える衝撃的な痛みを抑えるには、月額1万円の輸入麻酔剤が必要でした。これが私にトリアを諦めさせる理由になりました
    ケノンの痛みは全然我慢できるレベル。対するトリアは、敏感肌や痛みに弱い人は耐えられず、実際使えない人もたくさんいます
    どこを脱毛したい?場所によるが、トリアを自分に照射するのは相当なMじゃないとできないと思う
    トリアは痛すぎて、ワキやVラインは脱毛できなかった。照射面積が狭いので、脱毛範囲が広いのは痛いし手間だし大変です

    これを読むと、トリアは相当な覚悟を持って使わないと、途中で間違いなく挫折すると思いました。そして、気持ちはどんどんケノンに惹かれます。

    最終的に決め手になったのは、
    • ケノンの痛みは我慢できる
    • 美顔器機能が本物で評価が高い
    • 照射面積が広い(1回の脱毛時間が短く全身脱毛も可能)
    • 日本製で日本人向けの繊細な微調整機能がいい
    • カートリッジ式で家族とシェアできる

    こういう要素を評価して、ケノンを選びました。

    やっぱり日本人には日本で作ったケノンが合うと思います。

    購入はもちろん、特典やサポートがしっかり利用できる公式サイトですよ。

    ケノン・トリアの公式販売サイト

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。