記事 13件
  • 会社経営しています

    2012-09-28 23:00  
    いつも犬の写真を撮ってfacebookにアップしているばかりで、経営者として仕事をしていないのでは?と心配されてしまわないよう、今回はちょっと経営的な話をします。私の会社は今年の5月末に設立、7月からビジネスを開始し、今月が実質3ヶ月目です。6月は日本人学校の夏休みでもあり、サービスを利用されるお客様も帰国していることが多いため、私も帰国しビザやサービス開始に必要な手続きを行っていました。毎月の収

    記事を読む»

  • 安全第一

    2012-09-27 23:00  
    今日は車で遠くまでサービスに出かけたのですが、ハリアナ州の空いた道路はシッダルタさんが運転してくれたので、前回よりも疲労が少なかったです。私、普段はニヤニヤしてばかりの気持ち悪いおっさんですが、人の命に関わることは一切妥協をしないので、厳しいことも言いました。社員全員の安全確保は経営者の最優先事項です。バイク便をしていた時に何人もの仲間が事故に遭い、仲間を悲しませ、家族が不幸になっていく姿を見てき

    記事を読む»

  • 職務規程

    2012-09-24 23:00  
    今日はシッダルタさんが作ってくれた社員の職務規定を一緒にチェックしました。まだ、パートタイムとはいえ、女性メンバーが入ったので、産休についての項目で熱く議論を交わしました。結局、産休だけで1時間近く話し合い、次回に持ち越しとなりました。まだ興奮冷め止まぬまま出口まで彼と一緒に歩きながら、「子どもが居ない男二人が、マタニティー・リーブ(産休)でこんなに話しするなんて、インドで僕達だけかもね」と話して

    記事を読む»

  • 言葉が通じずとも

    2012-09-24 23:00  
    もう日付が変わりましたが、昨日は会合がありました。私は参加者を駅から会場まで送り届ける重要な任務を持っていましたので、早めに駐車場に行くと私の車の前に別の車が横向きで止まっていました。まあ、デリーでは良くあることで、通路に止める車はサイドブレーキをかけず、ギアをニュートラルにして、押して移動ができるようにしてあります。まあ、パズルゲームの感覚で車を手で押し動かして出口までの道を作るわけです。ところ

    記事を読む»

  • デリー日本人学校夏祭り

    2012-09-22 23:00  
    今日は日本人学校の夏祭りに行ってきました。昔、日本のビジネスマナーを私が教えて、今は日系企業で働くインド人の女の子2名を案内する予定が一人がキャンセルとなり、せっかく浴衣も用意していたのにとても残念がっていました。もう一人の子も赤い浴衣を用意してきたのですが、女の子の浴衣姿は国籍関係なく日本男児にとって大いなる弱点?であると気付きました(笑)前々職を辞めた後、なかなかお会いできなかった駐在員の方々

    記事を読む»

  • 日本語フルサポート?

    2012-09-21 23:00  
    今週、2つの会社からインドで日本人向けの雑誌を発刊するので広告を載せないかとの連絡がありました。月刊チャローに広告を載せている会社に電話をしているようですね。メールで送られてきた資料には、英語で「日本語フルサポート」と書いてありますが、電話もメールも資料も全て英語でした。上記は広告主になってからなのかな?

    記事を読む»

  • ナンバープレート

    2012-09-19 23:00  
    やっと車のナンバープレートがディーラーに届いたそうです。こうなると雨季の間がんばってくれた紙のナンバーが愛おしく感じますね。

    記事を読む»

  • 寂しいのですが

    2012-09-14 23:00  
    今日はハリアナ州北西部のロータックという街へ仕事で行ってきたのですが、大雨の影響もあり車で片道3時間以上で途中でも色々なイベントが盛りだくさんでクタクタです。でも、景色は綺麗でしたし、仕事帰りにシッダルタさんの運転の練習もでき、帰宅まで事故もなくとても良かったです。さて、朝、メンバーが出社し、今日はロータックに行くので終日外出することを話すと、パートタイムの女の子から相談がありました。相談内容は2

    記事を読む»

  • 社員のできないことを数え上げて嘆くより、社員の出来ることを見つけて仕事を与えよう。

    2012-09-11 23:00  
    社員のできないことを数え上げて嘆くより、社員の出来ることを見つけて仕事を与えよう。

    記事を読む»

  • 盗電漏電調査サービス

    2012-09-11 23:00  
    今日は今月から開始した弊社の新しいサービス「盗電調査」の最初の依頼を対応しました。結論から言いますと、盗電ではなく漏電だったのですが、感電や火災などの事故になる危険性があったことを考えるととても大事な事と思い簡単にですが記載することにしました。さて、私達が電気エンジニアのパートナーと一緒にお客様を訪問し、早速請求書を拝見すると確かに驚きの電気料金でした。まずはお客様と一緒にグランドフロアにある電気

    記事を読む»