インドってなんだろう
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

インドってなんだろう

2013-08-20 04:13

    インドでの生活も4年目となり、私がインドに来たばかりの頃にお世話になった方々が帰任したり、インドの学校を卒業して帰国したりと、日本人の入れ替わりが絶えず発生し、気付いてみればデリー近郊の日本人社会の中でインド滞在歴だけは初心者に毛が生えた程度に先輩として見られるようになりました。

    新しくインドにいらした日本人のお客様や旅行者、知り合いなどから、インドについて聞かれたり、話し合うことがあるのですが、正直、ひとくくりに出来ないのがインドであって、私よりも遙かに先輩の方々もインドを学べば学ぶほどその多様性を知って、日本人に説明するのが難しくなるというような話をされます。でも、スッキリさせたいのが日本人の性分なのか、コンサルタントの方々はそんな日本人顧客のニーズに応えるべく、時として(前提条件を付けた上で)インドを一言で説明しなくてはなりませんので大変です。

    宗教、民族、言語、地域(東西南北)、州、都市と農村、所得、カースト、職業、男女、年代・・・これらを全てマトリックスにしてマッピングし、視覚化できれば少しは説明しやすいのでしょうけど、11次元図なんて無理無理。

    デリーでインド人の方と会話をしているとたまに違和感を感じるのは、「多くの人が」とか「ほとんどの人が」とか「周りのみんなが」という表現です。私は過半数以上や二番手との圧倒的なシェアの差がある時などに使うイメージなのですが、彼らの場合は意図的にか無意識にかは分かりませんが、インドの限られた範囲だけを(ある意味自分にとって都合良く)切り取って使うことがあり、後になって別のインド人に「それは全然違うよ」と言われることが多々あります。まあ、インド全体をくまなく調査すること自体が難しいので、どうしても限られてしまうのかなとも思いますが。
    なので、会話の中で色々な情報を入手しても、後でちゃんと調べたり、他の人の意見も聞いて確認しないと恥ずかしい思いをすることになります。

    そうやって、毎日インドのことばかり考えていると、大抵の出来事を受け入れられるようになるのですが、日本に居た頃の自分とかなり変わってしまったかもと思う時があります。

    来月、日本に一時帰国した時に日本人としてちゃんと振る舞えるか不安になってきた!!


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。