夢を実現する
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

夢を実現する

2013-08-25 23:14


    8月21日にインドのニューデリー日本人学校でフィルミレンゲ(また会いましょう)の会がありました。学校で働いていた近所に住む友人が帰任することになり、私と妻も関係があるお子様も日本に帰る挨拶をするので参加しました。
    その友人の言葉がとても良かったので、無理を言って原稿をいただきました。友人は今年が社会人1年目ですが、いきなり夢を叶えていたんですよね。日本人学校の子ども達が将来に希望を持てる素敵なスピーチでした。
    私の夢はまだ実現していませんが、実現に向けてこれからも努力していきます。

    友人から許可をいただき、名前を伏せたスピーチの内容を以下に転載します。

    *****
    みなさん、こんにちは!(こんにちは)
    この度、ニューデリー日本人学校を離れることになった特別支援員の○○○○○です。

    みなさんは私のことをしっていますか?知っている人?(手を挙げる!)ありがとう
    もしかしたら廊下ですれ違ったり、一緒に授業を受けた人もいるかもしれません。
    私は特別支援学級の支援員をしていました。

    私が初めてニューデリー日本人学校に来たのは今年の4月です。その時も同じように、みなさんの前に立って挨拶をしました。覚えていますか?
    学校に来て、始めは「先生」と呼ばれることに不思議な感覚をもっていましたが、今となっては「先生」と呼ばれることに違和感がなくなりました。それくらいこの学校に馴染んだということだと思います。

    インドの生活はどうですか?中には一年以上もニューデリー日本人学校に通っている人もいますね。しかしこの学校を卒業していく人は非常に少ないと聞きました。
    この半年の間にナマステの会で転入してきた人もいますし、フィルミレンゲの会で学校を去った人もいます。今日もまた、1人去ってしまいます。私が一緒にお勉強していた○○○○くんです。
    みなさんはフィルミレンゲの会についてどう思いますか?悲しいですか、寂しいですか、それとも日本へ帰る人を見て羨ましいと思いますか。
    私はフィルミレンゲの会が好きです。なぜなら「さようなら」と別れを惜しむだけではなく、全校生徒から「頑張ってね」とエールをもらえる会だからです。今回私も自分のフィルミレンゲを楽しみにしていたのですが、先生の場合は「離任式」ということで少しがっかりしました。笑

    みなさんは将来やりたいことはありますか。叶えたい夢はありますか。
    私は小学生の時に海外に留学したい、英語を話せるようになって外国人と一緒に仕事をしたいと思っていました。
    もしかしたら今、みなさんが思い描いている夢が、自分の将来に影響を与えるかもしれません。私が外国で仕事をしているように。
    もし自分はこれがしたい!というものが出来た時には、例えそれが他の人には理解が難しくとも、どんどん挑戦していってもらえたらと思います。
    新しいことを始める時は不安です。失敗したらどうしようとつい考えてしまいます。
    けれど、失敗してもいいんです。最初から上手くいく人の方が少ないんですから。
    人生は泣いても笑っても一度きりです。存分に楽しんでください。

    最後に、小学生や中学生という多感な時期に、外国で暮らすという経験をしている皆さんが私には羨ましく思います。きっと大変なことや苦労していることも沢山あるでしょう。特にインドは日本にいては経験できないことが沢山あります。
    インドの人からは強い個性と、「生きる」という強いエネルギーを感じます。それらを見て感じて、考えることで、自分の見えていた世界が少しずつ広がります。
    もちろん日本人同士でも同じです。まずは「人と自分は違う」という当り前のことを認めてください。

    私はニューデリー日本人学校を去りますが、ここでの生活を糧に、また新たな場所でも頑張っていきたいと思います。もしかしたら日本で、旅先で、外国で、ばったり会うかもしれません。その時は是非声をかけてください。ニューデリー日本人学校でのことを語りましょう。


    長くなりましたが
    本日お集まりいただきました皆様、お忙しい中ご足労頂ありがとうございました。
    赴任してから今日まで、生徒たちの無邪気で素直で真っ直ぐな所に何度も助けられました。
    半年という短い期間でしたが、4月に出会った子どもたちが心身共に成長しているのを見て、子どもの成長とは早いものだなと感じます。
    もし彼ら、彼女らがやりたいことを見つけた時は真っ先にご両親が応援していただけたらと思います。

    また二人三脚で頑張ってきた○○○○先生、支えてくださった先生方、そして○○さん、
    5ヶ月間どうもありがとうございました。着任してから離任まで本当にあっという間に過ぎてしまいました。私も多くのことを学び、考えさせていただきました。皆様の支えで今日と言う日を迎えることが出来たのだと思います。本当にありがとうございます。

    さて生徒の皆さん、
    やっとニューデリー日本人学校に溶け込んできたかなと思った時には、帰国する日になってしまいました。皆さんとあまりお話する機会はありませんでしたが、それでも私の名前を覚えてくれていたことにはびっくりしました。一度しか名前を言わなかったはずなのに、○○○先生と呼んでもらったときは、とてもとても嬉しかったです。

    今週の金曜日にもまた何人かの人がフィルミレンゲを迎えます、そして9月にはまた新たな仲間が加わるでしょう。ここでの出会いは日本中、もしかしたら世界中にお友達がいるという証です。それってすごいことですよね。是非この出会いを大切にしてください。

    これで私のお話を終わります。ありがとうございました
    ***


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。