車は危険
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

車は危険

2014-07-06 20:28
  • 1


今住んでいるアパートにはいたずらっ子が何人かいて、車に勝手に乗り込んで汚したり、蹴られてボディを凹まされたりしましたが、少しずつ諭していき、やっと最後の一人となっていました。
先日、社員のシッダルタさんがアパートの住民に聞き込みをしたところ、最後の一人は同じアパートの住人だけでなく、親の言うことも聞かない問題児らしく、アパートのみんなが大変困っているとのことでした。

さて、今日、アパートに車で戻ると、駐車場の入口辺りにアフリカ系の人が車を停めていました。「私が奥に駐車したいので動かして欲しい」いうと、「大丈夫、入れる」ということで、ソロリソロリと車間を気をつけながら、車庫入れをしようとすると例の問題児が登場。なぜか、後部座席のドアノブをガシガシ引っ張って中に乗り込もうとしている。もちろん、過去にそれで勝手に乗り込まれたことがあったので、アパートに戻る時はセンターロックでどこのドアも開かないようにしていました。それでも、「I come in!」というような英語を言いながら、運転席側の窓ガラスをドンドン叩いてくるので、「So danger, don't tuch my car(危ないから、触るな)」となるべく冷静に英語で言いましたが、聞く耳を持たず。子どもが近くに居る状態で車間が狭い場所を通るのは本当に危ないので、しかたなく怒ることに。

「!!!!!!!!!!」

実は生まれつき&発生トレーニングで私の最大声量は非常に大きく、更にアパートでは普段は静かにしていることもあり、子どもはビックリして耳を押さえてその場で硬直しました。
周りもビックリしてしまって、近くで誘導してくれていたマッチョなアフリカ人も逃げてしまい、車庫入れが大変になってしまいました。
私が車から降りて、階段に向かうと近くの椅子に問題児が俯いて怯えて座っていました。腰が抜けて立てなくなっているようです。
私が念のためにヒンディー混じりで、「車は危険だから触るな。分かったか!?」と2回言って念を押すと、問題児は俯いたまま、「...I know English...」と消え入りそうな声で答えました。すると、警備員や周りの大人達は子どもを慰めるどころか、「ガーリー、デンジャル!!(乗り物、危険)」と子どもに一斉に厳しく言い始めました。
狼少年ではないですが、周りに迷惑をかけていたので、誰も彼を庇ってはくれません。

彼がこれで反省して周りに迷惑をかけるのを止めるのか、それとも私に怯えるだけになるのか、それとも私に嫌がらせをするのか、分かりません。

ただ、私は車で誰かが怪我をしてほしくないのです。


広告
×
分別が付かないのは子供だから仕方ないけど、それを叱ってあげるのは、大人の役目やで。
損な役かもしれないけどね。だから皆、面倒だと思って逃げる訳で。
偉いと思いますよ
71ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。