【ネタバレなし?】オススメアニメ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ネタバレなし?】オススメアニメ

2014-11-21 02:42

    日本にいるからこそ、「いつでも観られるし」と心のどこかで思っていたのか、最近アニメの視聴が滞りがちでした。
    で、いくつか取りこぼしている作品があるわけですが、「結城友奈は勇者である」(略称:ゆゆゆ)もそのひとつでした。今日は時間ができたのでニコニコチャンネルでゆゆゆの無料1話目を観たら、そのまま一気に最新の5話まで有料視聴しちゃいました(笑)
    なるべくネタバレしないように作品紹介と感想を書きます。

    結城友奈は勇者である
    http://ch.nicovideo.jp/yuyuyu_tv

    絵を見る限りは女子中学生達の日常系ほのぼの作品のように見えます。第1話の出だしも、”勇者部”という名前の部活に所属する主人公達が園児達に勇者と魔王の人形劇を見せるという「勇者ってそういうことかよ!」みたいな感じですが、敵が現れるとがらりと雰囲気が変わって、変身後の戦闘シーンはキャラクター達が良く動き、そしてカッコイイ!!流石、ストライクウィッチーズを作っていたStudio五組です。また、戦闘シーンではキャラクターの動きを一部CGでやっているのですが、その使い方もまったく違和感がないように作られていて(CGと手書きのメリットをうまく使い分けていて)素晴らしいです。
    そんな感じで1話の戦闘シーンで惚れ込んでしまい、2話目以降でポチってしまったのですが、お金を払っても観る価値はありました。特に2話目の戦闘での変身シーンは懐かしさと斬新さが融合した素晴らしいできだと思いました。例えが難しいのですが、魔法少女とルパン三世を混ぜたようなクールでセクシーな(中学生なのに!)演出で3回Repeatしましたよ。
    魔法少女というキーワードでニコニコのコメントでも魔法少女まどかマギカ(まどマギ)に似ているとか、キャラクターやシナリオをまどマギと比較する内容が沢山ありました。ざっくりとイメージするにはまどマギは確かにわかりやすいですが、それぞれに違った魅力がありますので、同類とみなさずにぜひとも観ていただきたいです。
    ちなみにニコニコで5話を観るとタグに”最終回”とかつけられていますが、本当に5話で最終回だったとしても全然後悔のない作りです。つまりそれだけテンポ良く話が進み、当初の目的もしっかり遂げています。実際はまだ半分なのですが、コメントの中には「良い最終回だった」とか「この後はほのぼの日常系が続いても良い」とか、好意的な内容が増えていました。
    ちなみに一番好きなキャラクターは主人公の親友で車いすの少女、東郷美森(とうごうみもり)です。”にぼし”こと三好夏凜(みよしかりん)と並ぶキャラの濃さなのですが、ぼた餅連呼やカラオケのシーンなどは爆笑ものでした。声優は三森すずこさん(愛称:みもりん)がやっているのですが、前クールでやっていた「まじもじるるも」で新境地を開いたみもりんが更にその方向性を伸ばしたように感じます。可愛い女の子役から始まり、バンガードのコーリン役やラブライブの園田海未役など、真面目なお姉さんっぽいキャラもこなし、そして、るるも、東郷さん(あえて”さん”付けさせてください)と癖のあるキャラクターも演じて本当にすごいなぁと思います(案外、ホームズ時代のシャロ役のイカレ具合を考えると余裕なのかもしれませんが)。
    なお、声優で言うと、勇者部の部長をしている犬吠埼風(いぬぼうざきふう)の内山夕実(愛称:内山ネキ=内山アネキの略)さんの声に毎回癒やされています。
    犬吠埼姉妹は5話まで散々フラグを立てまくるので、ヒヤヒヤさせられますが、取りあえず今はほっと一安心です。

    で、最後に監督ですが岸誠二さんです。「人類は衰退しました」とか、「アルペジオ」とか、過去に私がオススメした作品の監督です。2015年はジャンプで人気の「暗殺教室」も手がけるそうで、そちらも好きな作品なので楽しみです。
    他にも3話のコンテが「機動戦艦ナデシコ」の後藤圭二さんだったり、スタッフも凄かったりしますが、切りがないので今回はここまで。

    騙されたと思って5話まで観てみてください!




    ブログランキング・にほんブログ村へ
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。