【AviUtl】拡張パーティクル(R)の使い方~第5回 回転、集結点、拡大率と透過率
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【AviUtl】拡張パーティクル(R)の使い方~第5回 回転、集結点、拡大率と透過率

2015-07-17 00:42

    目次


    第1回 まとめ
    第2回 パーティクル本体
    第3回 パス、前後表裏その他切替、方向と格子
    第4回 出力
    第5回 回転、集結点、拡大率と透過率(本記事)
    第6回 フィルター、フィルター(単色化専用)
    第7回 個別微調整、時間、時間2
    第8回 跳ね返り、跳ね返り2
    第9回 テキスト、画像、動画
    第10回 風
    第11回 挙動、挙動2、挙動3、挙動4
    第12回 空間場、軌跡、ファンネル、メッシュ
    第13回 立体物、ガラス化、音

    @回転


    個々のパーティクルを振り子のように揺らします。


    ◇トラックバー
    ○揺れ速度
    振り子の揺れる速さを指定します。
    ○x揺れ回転、y揺れ回転、z揺れ回転
    振り子の回転する角度を指定します。この角度まで回転した後、元に戻るように揺れます。

    ◇チェックボックス
    ○出力角度位置ランダム
    出力時点でのパーティクルの揺れ位置をランダムにします。

    ◇設定
    ○個別揺れ速度%
    個々のパーティクルの揺れ速度を、指定した範囲でランダムにします。
    ○個別x,y,z揺れ回転%
    個々のパーティクルの揺れ幅を、指定した範囲でランダムにします。
    ○揺れ同期
    全てのパーティクルが同じタイミングで揺れます。
    「出力角度位置ランダム」のチェックは外しておくこと。


    ○放射時角度増減x,y,z/度
    指定した角度だけ、出力時点での回転角度が増減します。数値は1秒ごとの増減量です。

    例えば、↑の場合、放射時角度増減=30に設定してるため、1秒ごとに+30度ずつ傾いて出力されています。
    ○各xyz回転加速度/{x回転,y回転,z回転}
    個々のパーティクルの回転を、だんだんと加速させます。
    ○加速度回転なし
    加速度を設定した場合に、途中で逆回転してもよいかどうかを指定します。
    チェックがある場合は、逆回転しなくなります。
    ○x,y,z加速上限
    加速度を設定した場合に、回転速度の上限を指定します。
    ○各加速タイミング/{x回転,y回転,z回転}ミリ秒
    加速度を設定した場合に、個々のパーティクルが回転し始めるタイミングを指定します。
    ○相対時間
    加速度&加速タイミングを設定した場合に、タイミングの基準を指定します。
    ・チェックがある場合は、個々のパーティクル基準です。
    ・チェックがない場合は、全てのパーティクルが一斉に加速し始めます。
    ○個別加速とタイミング%
    個々のパーティクルの加速度や、加速タイミングを任意の範囲(%)でランダムにします。
    入力は{x回転加速,y回転加速,z回転加速,タイミング}です。


    @集結点



    集結点を設置し、その方向へパーティクルが向かうようにします。
    集結点は最大6つまで。


    ◇トラックバー
    ○X,Y,Z
    一つ目の集結点の座標。この一つ目のみ、移動方法を選択することで時間経過で位置を変化させることができます。
    ○アンカー数
    集結点を増やすことができます。最大、トラックバーxyz+アンカー×5の計6つまで。
    アンカーの場合は画面上でドラッグして位置を調整することができます。
    なお、アンカー数をマイナスで指定すると、『トラックバーxyz』の集結点を無効化できます。

    ◇チェックボックス
    ○座標表示
    集結点を表示します。

    ◇設定
    ○アンカー連結
    6つ以上、アンカーを増やしたい場合の項目です。
    アンカー連結にチェックし、さらにもう一つ「@集結」を追加して下さい。
    ○各集結点座標
    トラックバーで指定した座標が表示されてます。
    ○集結開始時間/ミリ秒
    集結点の方向へ向かうまでの待機時間です。
    個々のパーティクルが出力されてから待機時間を経過後、集結点の方向へ移動します。
    ○↑相対時間
    チェックがある場合は、個々のパーティクル毎に「集合開始時間」が判定されます。

    チェックを外した場合は、全てのパーティクルが同じタイミングで集結点に向かうようになります。
    ○XY方向角度、Z方向角度
    集結点からXY方向角度orZ方向角度だけズレた方向に、パーティクルが向かいます。
    180度で集結点から遠ざかります。
    ○XY拡散度、Z拡散度
    ある程度幅をもった角度で集結点に向かうようになります。


    ○オプション
    ・0の場合、集結点が複数ある場合、どの集結点に向かうかはランダムになります。
    ・1の場合、個々のパーティクルが、それぞれの出力点から近いところにある集結点に向かうようになります。
    ・2の場合、個々のパーティクルが、「集結点を順番通り向かおうとします」とのこと。動かすには、以下の項目を正しく設定する必要があります。
    ○オプ0~1集結後消
    「オプション」が0または1の場合に、パーティクルが集結点に近づいたら消えるようになります。

    ○消滅半径
    「オプ0~1集結後消」を設定した場合に、消える範囲を指定します。
    ○滅せず停止
    「オプ0~1集結後消」を設定した場合に、チェックすると、オブジェクトが消えずに停止するようになります。

    ○オプ2各集結時間/ミリ秒
    オプション=2の場合に、各集結点を通過していく時間を指定します。
    {集結点1の時間,集結点2の時間,集結点3の時間,…}というように設定します。
    {0,1000,2000,3000}とした場合
    ○集結時間個別%
    「オプ2各集結時間」を設定した場合に、個々のパーティクルの集結時間を、任意の範囲でランダムに前後させます。


    @拡大率と透過率


    拡大率や透過率を、いろいろ変化させます。
    「パーティクル本体」の「[設定]拡大率{始、終}」や「[設定]透過率{始、終}」を、より高度に変化させることができます。
    拡大率と透過率は、使い方が同じなので、以下は拡大率を例にとって説明します。

    ◇トラックバー
    ○始拡大率、終拡大率
    「パーティクル本体」の「[設定]拡大率{始、終}」と同じものですが、トラックバーで指定することができます。「始拡大率」は出力時の拡大率、「終拡大率」は生存時間が終わる時の下記dairiつです。

    ◇チェックボックス
    ○相対時間
    ・チェックがある場合は、個々のパーティクル基準で拡大率が変化します。
    ・チェックがない場合は、全てのパーティクルの拡大率が一斉に変化します。

    ◇設定
    ○中点時間/ミリ秒
    ○中間値
    ○移動タイプ
    あたかもオブジェクトで中間点をつくって変化させるように、段階的に拡大率を変化させることができます。
    まず、「中間時間」で中間点の区間の長さを指定します。例:{1000,2000,3000}
    次に、「中間値」で中間点での拡大率の値を指定します。例:{50,150,80}
    最後に、「移動タイプ」で移動方法を指定します。
    ・0が瞬間移動
    ・1が直線移動
    ・2以上が反復移動となります。
    ←上記例示で直線移動させた場合

    ○個別時、値、タ%
    それぞれ「中間時間」「中間値」「移動タイプ(2以上の場合のみ)」を、個々のパーティクル毎に、任意の範囲でランダムにします。
    ○反射中間点
    「@跳ね返り」「@跳ね返り2」と併用します。
    ○分散中間点
    「@挙動2」でパーティクルが分散する場合に併用します。
    ○ループ中間点
    「中点時間」等で設定した中間点で変化をループさせることができます。
    ループさせたい中間点の順番を入力します。(始点が1、最初の中間点が2、次が3、…)
    「ループ中間点」=2の場合、最初の例示だと、拡大率100→50→100→50→100→・・・とループします。
    ○同時発生数同期
    「パーティクル本体」で同時発生数を複数設定している場合に、
    チェックすると、同時に発生するパーティクルは同じ値になるようにします。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。