【AviUtl】拡張パーティクル(R)の使い方~第6回 フィルター、フィルター(単色化専用)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【AviUtl】拡張パーティクル(R)の使い方~第6回 フィルター、フィルター(単色化専用)

2015-07-17 00:43

    目次


    第1回 まとめ
    第2回 パーティクル本体
    第3回 パス、前後表裏その他切替、方向と格子
    第4回 出力
    第5回 回転、集結点、拡大率と透過率
    第6回 フィルター、フィルター(単色化専用)(本記事)
    第7回 個別微調整、時間、時間2
    第8回 跳ね返り、跳ね返り2
    第9回 テキスト、画像、動画
    第10回 風
    第11回 挙動、挙動2、挙動3、挙動4
    第12回 空間場、軌跡、ファンネル、メッシュ
    第13回 立体物、ガラス化、音

    @フィルター


    任意のフィルター効果をパーティクルに適用し、様々に変化させます。
    適用したいフィルター効果とその項目は[設定]ボタンから入力してください。
    「ぼかし」の場合

    ◇トラックバー
    ○本体適用
    本体にフィルター効果を適用します。
    ○軌跡適用
    「@軌跡」を使用している場合に、軌跡部分にもフィルター効果を適用します。
    ○変化時間1/ミリ秒
    [設定]の変化パラメータ1の開始時間を指定します。
    ○変化時間2/ミリ秒
    [設定]の変化パラメータ2の開始時間を指定します。


    ◇チェックボックス
    ○相対時間
    ・チェックありの場合は、個々のパーティクルの始点から終点にかけてパラメータが変化します。
    ・チェックなしの場合は、パーティクル全体(オブジェクト)の、最初から最後にかけてパラメータが変化します。パーティクル全体が一斉に変化するイメージです。

    ◇設定
    ○フィルター名
    適用したいフィルタ効果名を入力します。

    ○変化パラメータ名1
    上記で入力したフィルタ効果で、変化させたい項目名を入力します。
    ○変化値1/{始点値,終点値} or {始点値,終点値,時間}
    上記で指定したパラメータの変化を指定します。
    三番目の項目に時間(ミリ秒)を入力することもできます。
    • プラスの場合は直線移動。指定した時間でパラメータが変化します。
      例えば{0xff,0xff0000,1000}の場合、1000ミリ秒かけて青から赤に変わり、赤のままになります。
    • マイナスの場合は反復移動。指定した時間で変化が反復します。
      例えば{0xff,0xff0000,-3000}の場合、3000ミリ秒かけて青から赤に変わり、再び3秒かけて赤から青に変わります。以降これの繰り返し。
    ○個別(四種)%/{始点変化率,終点変化率}
    個々のパーティクル毎に、各種パラメータを任意の幅でランダムに変化させます。
    変化パラメータ1の項目限定。
    {始点値,終点値,時間,変化時間1}の形式で入力します。

    ○変化パラメータ名2、変化値2
    変化パラメータ1と同様。

    ○特殊変化パラメータ名
    個々のパーティクルごとにランダムなパラメータで適用します。
    項目名を入力します。
    ○特殊変化値/{特殊変化値1,特殊変化値2}、{特殊変化値1,特殊変化値2,間隔時間}
    上記でランダムに変化させたい項目の範囲を指定します。
    3つ目の項目に秒数(ミリ秒)を入力すると、その秒数毎にランダム値が変化します。
    (ちなみに「@跳ね返り」や「@音」に応じて変化させることも可能ですが、詳細な設定方法は、同梱の説明テキストを参照して下さい。)

    ○固定パラメータ名1~4
    フィルタ効果のその他の項目名(固定値)を入力します。
    ○固定パラメータ値1~4
    フィルタ効果のその他の項目の値(固定値)を入力します。
    固定パラメーターの値に文字を入力する際は" "で文字を囲んでください。

    ◇補足
    ○項目名の入力について
    項目名は、本家フィルタ効果の項目名をそのまま入力して下さい。
    ※クリックで拡大
    なお、一部のフィルタ効果では、本家に項目名等が表示されていない場合があります。その場合は、rikky氏配布スクリプトに同梱の「08@フィルターの補足.txt」を参照してください。

    ○多段階変化(応用編)
    応用として、変化パラ1と2を使用して多段階変化させることもできます。

    例えば、「単色化」で色を4段階変化(青→水色→黄→赤)させたい場合を考えます。
    (寿命=6秒のパーティクル)
    変化時間1=0
    変化時間2=4000
    変化パラ名1=color
    変化値1={0xff0000,0x00ffff} 青→水色
    変化パラ名2=2000
    変化値2={0xffff00,0xff0000} 黄→赤

    通常、「変化パラ名2」には項目名(color)を入力します。項目名を入力したときは、水色→黄の部分が急に変わってしまいます。

    そこで、「変化パラ名2」には項目名ではなく、時間を入力することで、間の区間(水色→黄)が補間されるようになります。


    @フィルター(単色化専用)


    単色化専用の拡張スクリプトです。
    「@フィルター」で単色化を適用するよりも、より多くの操作が可能となります。


    ◇トラックバー
    ○本体適用
    本体にフィルター効果を適用します。
    ○軌跡適用
    「@軌跡」を適用している場合に、軌跡部分にフィルター効果を適用します。
    ○相対時間
    ・1の場合は、個々のパーティクルの始点から終点にかけてパラメータが変化します。
    ・0の場合は、パーティクル全体(オブジェクト)の、最初から最後にかけてパラメータが変化します。


    ○順番
    「@フィルター」で他にエフェクトを適用している場合に、その順番を指定します。
    例えば、フィルターで色ずれ→ぼかしをかけている場合。
    ・順番=1だと単色化→色ずれ→ぼかしになります。(1番目に適用されるイメージ)
    ・順番=2だと色ずれ→単色化→ぼかしになります。(2番目に適用されるイメージ)

    ◇チェックボックス
    ○輝度を保持する
    チェックを外すとシルエット化します。

    ◇設定
    ○強さ
    単色化の強さです。
    ○開始時間/ミリ秒
    変化を始める時間
    ○変化間隔/ミリ秒
    次の色へと変化する間隔
    ○持続間隔/ミリ秒
    その色を持続させる間隔
    ○終了時間/ミリ秒
    終了時間に値を入れるとその時点で変化が止まります。
    ○パターン/0~2
    色の変化パターンを指定します。
    ・0の場合、パーティクル毎に出力された時点の色で固定され、個々のパーティクルは色が変化しません。
    ・1の場合、個々のパーティクルの色が時間変化で変わります。
    ・2の場合、パーティクルが全て同じように色が変化します。

    (例示は、相対時間=1、ランダムカラー=1で、ランダム色で時間変化させています。)
    ・0は、出力時点の色で固定され変化しません。
    ・1は、ランダムに時間変化します。
    ・2は、変化の仕方が個々のパーティクルで共通です。例えば今回の乱数では、常に始点は緑、終点は赤となっています。

    ○ランダムカラー/0~6
    色の選択方法を指定します。
    • リスト順(ランダムカラー=0)
      次項目の「カラー0~4変化色」の変化色リスト順に変化します。
    • リストからランダム(ランダムカラー=1)
      変化色リストからランダムに色を選択して、変化していきます。
    • リスト順+色ばらつき(ランダムカラー=2)
      変化色リスト順に色が変化しますが、色にばらつきを出しています。
    • リストからランダム+色ばらつき(ランダムカラー=3)
      変化色リストからランダムに色を選択して、変化していきますが、色にばらつきを出しています。
    • リストからランダム+白み黒み(ランダムカラー=4)
      変化色リストからランダムに色を選択して、変化していきますが、後項目で設定する白み黒みのパーセント分だけずらして変化させます。
    • フルカラーランダム(ランダムカラー=5)
      RGBが取り得るすべての色からランダムで選びます。
    • 原色ランダム(ランダムカラー=6)
      原色からランダムに変化します。
    ○カラー0~4変化色
    変化色のリストを指定します。色は16進数で入力します。
    最下段のスポイトで調べることもできます。
    ○カラー4白み%黒み%/{白み%,黒み%}
    ランダムカラー=4の場合に、ずらす割合を指定します。
    ○明るさ
    色の明るさを指定します。
    ○間隔で乱数変更/ミリ秒
    指定したフレーム間隔ごとに乱数が変更されます。ランダム具合が切り替わります。
    ○反射で乱数変更
    「@跳ね返り」等で反射した場合に乱数が変更され、色のランダム具合が切り替わります。
    ○始めの色指定
    パーティクルの始点の色を指定します。"r"を入れるとランダムになります。
    ○終りの色指定
    パーティクルの終点の色を指定します。"r"を入れるとランダムになります。
    始めと終りの色を、白(0xffffff)にした場合
    ○シード
    適当に値を入力して、乱数の具合を変えます。
    ○16進数サンプル色
    いわゆるスポイト。16進数の値(0xffffffなど)を知りたい場合にスポイトで取得します。
    AviUtl画面だけでなく、PC画面上ならどこでも有効。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。