• アベンジャーズ サノスの真実とアメリカ

    2020-04-26 13:21
  • 広告
  • 2019年映画一口備忘録

    2019-12-31 05:12
    見た順の感想の羅列
    おすすめ度は5段階、気になった映画は正月休みにヘイ、どうぞ

    1.「22年目の記憶」
    22年間、自らを金日成と思い込んでいる俳優とその息子の物語。
    2019年の初泣き映画、奇妙な筋建てと名優ソルギョングの演技が素晴らしい。
    おすすめ度 4

    2.「レッスル!」
    映画館行ったのが夜行バスの帰りで更に二本目だったから寝た、ごめん。

    3.「ワイルド・ストーム」
    ディザスター+サスペンス+クライムアクションの愛すべき映画
    テレ東系列で深夜にやってたら間違いなく最後まで見てしまう内容で愉快
    往年のいい吹き替えをぜひともつけてほしい作品
    おすすめ度 3

    4.「クリード 炎の宿敵」
    ドラコ親子アツッ!クリード側は割とどうでもいいわ♂
    おすすめ度 3

    5.「サスペリア」
    2018年の発表から待ちに待った名作「サスペリア」のリメイク版
    蓋を開ければ元の映画と舞台設定以外は似ても似つかない別物
    見てるときはなんじゃこりゃと思いつつ、たまにまた見たいなと思い出す珍品
    でも3時間あるから再視聴してないぞ
    TOHOシネマズで見たけど、なぜか女子大生ぐらいの二人組が後ろの座席にいて、魔女が警官のチンチンを弄ぶシーンで「帰ろか...」と小声で言いあってたのが忘れられない。
    結局その二人は最後までちゃんと見てて歪みなかったぞ
    おすすめ度 2 
    (アマプラで見れる)
    70年代の方の「サスペリア」は1,2ともにおすすめだぞw

    6.「マイル22」
    ほぼイコ・ウワイス目当てに見に行った映画
    普通のクライムアクション、もっとイコ・ウワイスを使ってもいいんやで
    インタビューで「初期案はイコ・ウワイスが主人公だった」というのを見たので是非ともそっちを見てみたい
    おすすめ度 2

    7.「ディアマンティーノ 未知との遭遇」
    ポルトガル産の奇妙全振り映画
    クローンとサッカー選手と双子の姉と犬と難民と男装女子な内容でした
    おすすめ度 2

    8.「アリータ バトル・エンジェル」
    原作未読で視聴
    ありふれた話とありふれたCGに見えてわし好みではなかった
    見た後原作の1~3巻読んだけどそっちのがよっぽど面白かったぞ
    キャメロン本人が時間使って作ってたらどんな仕上がりになったんだろうなあ
    おすすめ度 2

    9.「THE GUILTY/ギルティ
    ほぼ緊急通報の通話のみで繰り広げられる音で見るサスペンス
    DVDとかで見るときはヘッドフォン付ければ没入感アップだぞ
    おすすめ度 5

    10.「スパイダーマン:スパイダーバース」
    今まで経験したことのないアニメ体験ができる良作
    おすすめ度 5

    11.「アクアマン」
    文句なし、王道ヒーローアクション
    脚本は使い古されたいつもの奴なはずなのに、有り余るビジュアルと演出で昇華させる凄い奴
    ハイペースに物語は進み、15分に1度シーンが完全に切り替わっていくので飽きが全く来ず歪みねぇんです
    シチリアのシーンは最強♂
    おすすめ度 5

    12.「貞子」
    初代リングと同じ中田監督が撮ったと聞いたから見に行ったが、その実態は今年の中でも1,2を争うクソ映画
    脚本が信じられないくらい下手で恐怖はびっくり系のシーンでしか感じない
    すっかり貞子がマスコット化して哀しくなったぞ
    初代のリスペクトもするけど栄光に泥を塗ってるだけ
    おすすめ度 1
    2018年の「ザ・リング リバース」は米国産でもしっかり初代リスペクトして面白い映画なので見てくれ!
    アマプラにあるんで!

    13.「ゴジラ キングオブモンスターズ」
    2019年、最も楽しみにしてた作品、あるガチムチ作者と試写で見に行きました
    怪獣のビジュアルとかは面白いし魅力はないことはないんだけど、
    わしが見たい・やってほしいことをやりそうな展開寸前で取りやめて、別の展開に進んでいく寸止め映画。
    破壊と見得が足りなくて消化不良、シナリオも微妙
    大いなる期待をしてただけに勝手にがっかり度も強くなってしまったのが本当に辛い
    マンモスマン
    おすすめ度 3

    14.「無双の鉄拳」
    マ・ドンソク主演の痛快アクション....のはずだったが、
    ケレン味が足りずいまいちな作品
    おすすめ度 2

    15.「アベンジャーズ エンドゲーム」
    これを見るために1か月でMCUほぼ制覇したぞ、でもこれも結構ながっかり作品
    そら何個かはアツッなシーンあったけど、ネタバレ厳禁ってほどの意外性は全然ないように感じた
    タイムトラベルがあんだけガバガバ設定でいいのなら、最終決戦で各年代からその時点の服装で同一ヒーロー複数人状態で攻めた方が熱かったんじゃないかなあとか思ったり
    デブソーは好きよ
    おすすめ度 3

    16.「サマー・オブ・84」
    現代制作の80年代風ホラー映画
    隣人をふとした事で殺人鬼ではないかと考え始めた思春期のヤングボーイ、仲間と共に調査を開始するが果たして隣人の正体は...?
    緊張する展開が続いて面白いぞ
    おすすめ度 4

    17.「二ノ国」
    酷い映画と聞いて見に行ったら本当に酷かった
    下手な俳優声優陣、微妙にジブリに似せようとした哀しき作画、広がらない世界、面白くない展開とすべてが揃っている
    DVDは年始リリースなのでどうぞ
    おすすめ度 1

    18.「トリプル・スレット」
    イコ・ウワイス×トニー・ジャー×タイガー・チェンの大格闘アクション物かと思いきや、
    かなりの確率で銃を使う、勢いある馬鹿映画
    爽快感はあるので悪くはないけど、求めてるものと違うだろ!と突っ込みざるを得ない作品です
    おすすめ度 3

    19.「ジョン・ウィック パラベラム」
    極上のアクションがノンストップ2時間の清々しい作品
    脚本は続編になるに連れおざなりになっていくが、アクションは間違いなくダントツで一番
    前作見てなくてもそこまで気にすることないので是非見てほしい
    おすすめ度 5

    20.「JOKER」
    いまいち
    ジョーカーよりも下流の人たちをどうしても想像してしまって、ジョーカーには感情移入できない映画
    おすすめ度 3

    21.「クロール -凶暴領域-」
    愛すべきワニ映画、JOKERから続けて観賞し心のいまいち感を見事に払拭してくれた快作
    洪水中の実家の地下室に閉じ込められたら、ワニが来た!逃げろ!戦え!泳げ!な話
    アホみたいな展開の目白押しで思わず嬉しくなってしまう、でもワニの怖さは健在で緊張感もたっぷり
    これもいい吹き替えが付いたら末永く愛されるだろうなあ
    おすすめ度 5

    22.「EXIT」
    突如発生した都市部を上昇する毒ガス、ひたすら高い所へ登って逃げろ!
    登場人物、緊張感、演出、脚本、全てに非無し
    今年一番興奮した映画で仕事帰りに見て疲れがすべて消し飛んだぞw
    大好きな作品
    おすすめ度 5

    23.「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」
    フィナーレにしては心許ない中身
    ep8のが好き
    おすすめ度 3

    2020年 1.「パラサイト-半地下の家族-」
    先行上映で見たぞ!
    おすすめ度 5


    18本見た!とか呟いてたくせに実際は24本見てたわ、だらしねぇし...

    正月休み暇だったら是非「恐怖の報酬(1977)」を見てくれ!
    物凄い緊張感の男臭い傑作だぞ!
    アマゾンのセールで正月中は100円だぞ!
    去年公開の作品だからかなりお得で歪みないぞ!
    https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B07XWCHM15/ref=cm_sw_tw_r_pv_wb_IayvtEsPPaL4J







  • 2019年下半期ビリコラまとめ

    2019-12-31 02:43
    最近だらしねぇな
































































































    来年もよろしくお願いします