ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【ネタバレ無し】ゴジラvsコングを観ました
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ネタバレ無し】ゴジラvsコングを観ました

2021-03-31 21:38

     03/31(水)にアメリカ本土のHBOmaxにて配信開始となった、『ゴジラvsコング』を観た。
    個人的には前作『ゴジラ キング・オブ・モンスター』は怪獣映画としてはいまいちに感じたので、今作もあまり期待せずに鑑賞に挑むことに。



     








    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    滅茶苦茶馬鹿映画でビビルワァ!

    『Netflix版デスノート』の監督が作ると聞いていたのである程度覚悟はしていたが、予想を超える馬鹿さ加減で逆に好感が持てる程。
    相変わらず殆ど活躍せず怪獣の周りをうろちょろする人々は基本、子供映画でも中々拝めない雑でザルな展開や、
    凄いコングの故郷物凄い小栗旬など、アクション的な見どころよりも突っ込みどころの方が目立つような素晴らしい出来。

     特撮面に関しては、CGは流石にハリウッド製、怪獣の動きもぎくしゃくせずとてもスムーズに動いてくれるし、直接の殴り合いも前作と比べると増えているように感じたのでそこは良点。
    また、怪獣が暗がりで出ることが殆どなかったので画は非常に見やすいものになっているのもグッド。

     しかし、特撮怪獣物で欠かせない建造物破壊は前作KOMに引き続きかなり控えめ、というよりも何故か建物が物凄く頑丈で中々壊れない。ゴジラやコングがもたれかかっても耐え抜く建物群は流石に丈夫すぎる。
    怪獣の重量感、こちらも引き続き感じ取れる表現は少なく残念。

     ストーリーに関しては大味、これに尽きる。
    英語が全く聞き取れないわしでも細かな要素以外は殆ど理解できてしまうほどの、チープな設定と脚本で流石アダム・ウィンガードと評したい。
    逆に言えば、前作を見ていなくとも、ゴジラやコングを知らなくともなんとなくで楽しめる作品には仕上がっているので、興行的には伸びやすいであろう内容だとは感じた。

     
     なんだかんだ言いつつも、THE  アメリカンモンスター映画としては大作であることは確かなので、特撮好きは肩の力を抜いて突っ込みを入れながら楽しむのがいいと思います。

    でも、そろそろ『シン・ゴジラ』に続くような純特撮怪獣映画を観たいんだよなあ。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。