ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

HDRモニターを配信ソフトで画面キャプチャの不具合は「YCbCr422」で解決?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

HDRモニターを配信ソフトで画面キャプチャの不具合は「YCbCr422」で解決?

2020-02-28 01:27
     HDRモニターを配信ソフトで画面キャプチャすると不具合が起こりました。
    NVIDIAコントロールパネルの設定で「RGB」から「YCbCr422」に変更すると、
    直りました。

     不具合の内容は、
    「OBS」だと画面キャプチャが真っ暗になり。
    「N Air」だと大丈夫なのですが、
    画面キャプチャの映像を一回非表示にすると表示しても真っ暗のままになります。

     画面キャプチャがHDRに対応してないのかなと思いますが、
    配信ソフトで生放送中にsteamのスト5をすると、
    スペック不足が原因じゃないような理由で原因不明のフレームレートが安定しない問題が起こるので、
    私のPCのグラボ以外のマザーボードなどのパーツが古いせいでいろいろと不具合が起こっているのかもしれません。

     (マザボを変えたらCPUも変え、メモリーもDDR4に変え、どうせならSSDもM.2に変えと一気に買わなきゃいけないから、なかなか汗)

     ネットで調べても載っていなかったので、
    とりあえず輪廻転生した来世の自分がこの問題に直面した場合の助けになるように、
    ここに記しておこう(-ω-)/


    追記……解決方法を発見しました!
    設定のエンコーダをソフトウェアエンコーダの「x264」からハードウェアエンコーダの「NVIDIA NVENC H.264(new)」に変更すると画面共有のフレームレートが安定しました。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。