• プラモ企画「みんなでスパロボ(ガンダム作品以外)全塗装」投稿作品紹介4

    2019-11-09 00:00

    スパロボ(ガンダム作品以外)全塗装祭り 投稿作品紹介4
    フリー部門 その2

    関連リンク集
    企画詳細まとめ
    投稿作品紹介1 テーマ部門その1
    投稿作品紹介2 テーマ部門その2
    投稿作品紹介3 フリー部門その1
    投稿作品紹介4 フリー部門その2 ←イマココ
    ■<第9回>リトライ全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4)
    ■<第8回>FA全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4)
    ■<第7回>F計画全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4) (5)
    ■<第6回>ビッグサイズ全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4)
    ■<第5回>ダブル全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4)
    ■<第4回>履帯(無限軌道)全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4)
    ■<第3回>流星号全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4) (5)
    ■<第2回>旧キット(一年戦争)全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3)
    ■<第1回>グレイズ全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3)

    エントリー5:さくらさん


    ■ハンドルネーム:さくらさん

    ■機体名:シロノワール

    ■使用キット:MG ストライクノワールガンダム

    ■紹介コメント:
    今回のテーマ、「スパロボ参戦機体(ガンダム作品以外)」ということですが、
    他所のイベント用にいろいろ作っていたので、テーマ作品は期間的に難しいと思い断念。
    ただ、都合のいいことに今回から「フリー部門」なるものが新設されたので、
    せっかくだから紹介してもらおうという算段です。
    (締め切りが徐々にずれたおかげでワンチャンいけたんじゃないかと思ったのは内緒)
      
      
     
    機体について

    名古屋で行われた某イベントに持っていくためにサクっと作ったものです。
    特に改造などはせず、色を変えただけです。

    色を塗るだけだったので、思った以上にすぐに終わってしまい、
    イベントまで時間もあったので、せっかくだからとデカールも貼ってみました。
    が、
    コレが大失敗。
    翼に使う大き目のデカールを何度も破いて予備がなくなったときはどうしようかと思ったけど、
    キット付属のドライでカールで何とかなりました。(むしろ水転写より貼り易かった(当社比))
    しばらくデカールは見たくないです。
     

    ■塗装色:
    下地 ファインサーフェイサーホワイト(タミヤ)
    ホワイト(胸部等) ホワイト(クレオス)
    ホワイト(腕・脚部等) ピュアーホワイト(タミヤ)
    ホワイト(腕・腹部等) キャラクターホワイト(クレオス)
    その他 成型色

    いつも通りスプレー塗装です。
    単に白一色で塗るのも面白くないので、3種類のホワイトを使い分けてみました。

    最後に

    次回はちゃんとテーマに沿ったモノを作りたいですね。

    エントリー6:そうたさん


    ■ハンドルネーム:そうた

    ■作品名:ガンダムハルート(最終決戦仕様)

    ■使用キット:HG00 ガンダムハルート

    ■紹介コメント:
    同じ作品で三回目の参加でようやく完成です。

    追加装備の制作に関してはニコニコ動画にも動画や静画、
    そしてMMDデータをアップしていらっしゃる方のデータを活用させていただいています。

    元のMMDデータを画像として出力、
    それを印刷して形紙としてプラ板に頂点部分をニードルで穴あけしてカットする
    というデジタルなんだかアナログなんだかよくわからない方法で制作しています。

    サイズがかなり大きいので写真を撮るのも一苦労です。

    GNシザービット×20個制作はかなり大変でしたが、
    閉まってる状態でも完全に閉まらない物の方が多いです、
    積層なので結構反ってしまっているのが悔やまれます。

    ソードライフルのシザーの開閉のためネオジム磁石を埋め込んでいます。

    追加装備はなるべく軽くなるよう作ったつもりですが重いので保持が大変です。
    スタンドの軸が太いのでまっすぐ足を延ばせません

    ただでさえ大きいのにビット類もディスプレイしようとするとさらに大変に…

    GNキャノン後部のビットコンテナも開閉させて収納できます

    ポリキャップを埋め込んだ膝パーツを交換すればノーマル状態にも戻せます

    差し替えでマルートモードの頭部を作りました。
    一番下のカメラはHアイズを使ってますがサイズが大きかったのでカットして小さくしています

    結構印象変わりますね

    MMDデータの作成者さんの作った壁紙絵を意識した一枚です

    劇中でジンクスのパイロットを助けるときのカットを真似たもの

    ■塗装色:
    本体などホワイト部:白サフ+グレーサフ少量 オレンジ部:ホワイト40%+オレンジ35%+イエロー25%
    レッド部:モンザレッド イエロー部:イエロー60%+ホワイト30%+オレンジ10%
    関節部など:メカサフ100% ダークグレイ部:ミッドナイトブルー90%+ホワイト10%orエナメルダークグレイ
    ライトグレー部:グレーサフ90%+白サフ10% GNキャノンなどの黒部分:黒サフ5対グレーサフ3
    クリアーグリーン部:ガイアノーツクリーグリーン100% クリアーレッド部:クリアーレッド100%
    カメラアイ:メタリックグリーン100% カメラアイ(マルートモード):ガイアノーツ蛍光レッド100%
    紫部:パープル100%

    以上です

    製作途中の写真はFPF8か9の方にあるのでもし気になる方はそちらでご覧ください。
    製作期間約11か月半、正直うまくいかなかったところも多いですがJKの企画があったからこそ
    完成までもっていけたと思います、追加装備のキット化がなくともまたいつかはリトライして
    みたいです、見ていただいてありがとうございました。

    エントリー7:NKKR(なかころ)さん


    ■ハンドルネーム:NKKR(なかころ)

    ■使用キット:
    HGUC ドムトローペン・サンドブラウン
    HGUC リックドムII
    HGUC ジ・O
    HGBD ガルバルディ・リベイク
    MG グフカスタム
    FA:G グライフェン
    EIGHT メカハンド丸(サイズ:11.5)

    ■紹介コメント:
    皆様こんにちはこんばんは,NKKRです.
    夏に作っていた作品を最近汚したので,お出しします.

    全身これ武器になりました.
    装備はラケーテンバズ,mmp-80マシンガン,ミサイルランチャー,迫撃砲,ガトリング砲×2.
    機体コンセプトとしては大火力と機動力,重装甲です.
    長距離の砲撃から近距離での制圧までこなせるこの機体は拠点の制圧などに力を発揮します.

    MGグフカスタムの胸を使ったところがポイント.
    グライフェンは,追加装甲欲しいなーと思ってたところに発見したので,
    付けられる場所を探して接着しました.
    顔の前なんかはいい仕事してると思います.
    脚側面にはバイクプラモのエンジン回りからチョイスしたゴチャメカでインテークなんかをイメージしています.
    全体としてはザメルを意識して武装と下半身を盛りました.

    ハンドパーツと武器の塗り分けを手間に感じたのでバラせるように,磁石を仕込みました.
    サイズがサイズなので磁石を計5つも使うことに…

    首回りには,他の場所にシイタケモールドとして使ったパン袋の留め具の切れ端でデコレーション.
    …無いよりはましかなと.

    モノアイはシールでしたが,プラパイプを使ってモノアイを左右に動かせるように改造しました.
    この後プラ棒の先端にラピーテープを貼って,レンズパーツを接着,
    蛍光グリーンで塗装したので目がブラックライトで光ります

    まず幅広のマスキングテープを出来るだけランダムになるようギザギザに切ります.
    それを白く塗ったパーツの1/3ほどを隠すように貼り付け.
    次に暗いグレーを塗装後,さらに1/3隠すようにマスキング.
    最後にグレーを塗って,完成.
    ただ,マスキングテープをあまり大きくしていると縁がよれたり浮いたりして良くないですね.

    夏にはこの状態で完成としていましたが,
    その後別の展示会でかっこいいドムを見て汚すことにしました.
    この状態だと迷彩が効きすぎて,逆に地味という….
     

    先日よく晴れた日があったので外で撮影しました.
    スケール感は厳しいですが,やっぱり日光ってすごい!

    ■使用塗料:
    ガイア メカサフ
    以外はほとんど覚えていません!
    でも多分白と黒と赤青黄,シルバーです!

    汚しには
    タミヤウェザリングマスターAセット
    Mr.ウェザリングカラーサンディウォッシュ
    タミヤエナメル黒,茶を混色してスポンジチッピングしています.

  • 広告
  • プラモ企画「みんなでスパロボ(ガンダム作品以外)全塗装」投稿作品紹介3

    2019-11-09 00:00

    スパロボ(ガンダム作品以外)全塗装祭り 投稿作品紹介3
    フリー部門 その1

    関連リンク集
    企画詳細まとめ
    投稿作品紹介1 テーマ部門その1
    投稿作品紹介2 テーマ部門その2
    投稿作品紹介3 フリー部門その1 ←イマココ
    投稿作品紹介4 フリー部門その2
    ■<第9回>リトライ全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4)
    ■<第8回>FA全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4)
    ■<第7回>F計画全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4) (5)
    ■<第6回>ビッグサイズ全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4)
    ■<第5回>ダブル全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4)
    ■<第4回>履帯(無限軌道)全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4)
    ■<第3回>流星号全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4) (5)
    ■<第2回>旧キット(一年戦争)全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3)
    ■<第1回>グレイズ全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3)

    エントリー1:くたぱんさん


    ■ハンドルネーム:くたぱん

    ■使用キット:アオシマ ウォーターラインシリーズ 駆逐艦 天津風

    ■塗装色:
    ココアブラウン、ウッドブラウン、艶消しホワイト、艶消しブラック、軍艦色(2)

    ■作品概要:艦船プラモを作ったことがなかったので、初めて艦船プラモに挑戦してみました。

    ■紹介コメント:
    説明書に本体色が軍艦色(2)と書いてあったので塗装してみたのですが、
    なんかパッケージのイラストと違う感じだったので、調色した色を使いました。

    後、旗のシールが入っていたのですが、パッケージのイラストの位置に付けるやり方が分からなくて、
    ネットで一番後ろの所に付けている画像が出てきたので、それをマネしました。

    それから100均のケースをコバルトブルーで塗装して、
    その上に木工用ボンドを塗った簡単な海のジオラマにも挑戦してみました。

    この天津風を完成させられたら他にも三隻つくりたい艦船プラモがあって、
    先日アキバに行く機会があったので、その三隻のネームプレートも予め買ってきました。

    実はこの四隻にはある共通点があって、CVが小倉唯ちゃんになってます。
    ちなみに僕は艦これはやってなくてアズレン派になります。

    前回の全塗装枠で積みプラを持ってないと言ったら皆様の汚物を見るような視線を感じたので、
    夕張と大鯨のプラモを積みプラ目的で購入に
    これで晴れて皆様のお仲間入りをさせていただきましたw。
    (大鯨のデカさには驚きました)

    前回の全塗装枠で未完成で投稿してしまった
    この痛車のプラモデルも無事完成しましたので、紹介させていただきます。

    ちなみに前回、キットの名前を書き忘れたので、
    アオシマ 1/24 変態王子と笑わない猫 ビートになります。

    それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

    エントリー2:くたぱんさん


    ■ハンドルネーム:くたぱん

    ■使用キット:
    HGBD AGE2マグナム SVver
    コトブキヤ フライングベースA
    ダイソー 04mmクリアープラ板

    ■塗装色:
    ホワイト、蛍光ブルー、スカイブルー、蛍光クリアー、メタリックグリーン、ブラック

    ■紹介コメント:
    アニメのサラちゃん争奪戦でチャンピオンが「FXプロージョン」って言って
    めっちゃ引きのアングルでとったポーズを再現してみたのですが、
    こちらの放送を観に来ていらっしゃる方々ならご存じだと思いますが、
    これ、プレバンで発売されるんですよね。

    実はこれはあの告知がある前から作り始めていたもので、
    コトブキヤのフライングベースAが品切れになっていて、
    それが再販されたら全体の感じを見て作業を再開させる予定で待っていたら
    ちょうどスタンドが再販され店頭に並ぶといったタイミングであの告知がされて、
    正直このスタンドが2000円と割と高めなので、この2000円をプレバンの方に回そうか迷ったのですが、
    せっかく途中まで作ってしまっていたので、そのまま作業を進め完成させ、投稿させていただきました。

    でせっかく自分で作ったので、足を閉じた状態でスタンドに取り付けられるようにして、
    後、ダイソーのクリアープラ板を使って簡単なエフェクトパーツも作ってみました。

    それで、一つ失敗してしまったところがあって、画像でもわかると思うのですが、
    後ろに浮いている四つのパーツのメタリックグリーンで塗装してある部分が
    右の手前に写っているものはちゃんとメタリックグリーンに見えるのに
    左側の奥に写っている方はブラックに見えてしまっていて、実際に肉眼でもこのように見えていて、
    メタリックカラーなので、下地に黒を塗装してから塗装したのですが、
    塗装しているときから特に下地が透けているわけではないのに、
    近くで見るとメタリックグリーンで遠ざけるとブラックになるといった感じで、
    メタリックグリーンがこのような塗料なのかそれても
    自分の塗装の仕方に問題があったのか分かりませんでした。

    こちらは以前、FA企画の時にチラっと紹介させた頂いたもので、
    その時は詳しくは書かなかったのですが、
    背中の光の羽はAGE2でも使用したダイソーのクリアープラ板を使っていて、
    ホントこのクリアープラ板結構使えるので、かなりオススメです。

    こちらは別のところに投稿するために作った
    グリモアレッドベレーを簡単迷彩で塗装したものなのですが、
    これと今回のAGE2とでFA企画で投稿した
    闇落ちしたリクの乗るガンダムダブルオースカイVerFAが
    GBNを崩壊させようとするのを阻止するっといった感じのイメージで作りました。

    これが最終的なイメージな感じです。

    今回このAGE2を作って一つだけ後悔したのは、
    スタンドの土台部分がめっちゃ大きくて飾るスペースを必要以上にとることでしたw。

    実はメールを送る前に再度確認したら何か違和感を感じて、AGE2マグナムの画像を検索したら
    AGE2マグナムの足が膝から下が前後逆になっていて急いで直しましたw。
    いくらAGE2マグナムの足の構造が分かりにくいからって、普通に前後逆にハマるとか、
    しかもそっちの方が若干、違和感がなかったですw。

    それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

    エントリー3:ちょこ丸さん


    ■ハンドルネーム:ちょこ丸

    ■紹介コメント:
    皆様こんにちは。おはようからおやすみまで、暮らしを見つめるちょこ丸です。
    全塗装祭り、開催10回目おめでとうございます。

    これまで何度も全塗装祭りに参加させていただいて、たくさんのキットを作ってきました。
    そして今回からフリー部門を設けられ、見てくださっている皆様にもっと楽しんでいただくべく、
    第10回にふさわしいキットをご用意いたしました。

    ちょこ丸の本気を刮目してください。

    ■使用キット:the特撮コレクション 1/350 大怪獣ガメラ (バンダイ)

    1984年発売の、初代ガメラのキットです。
    映画第1作の公開は、1965年。当時の着ぐるみは愛嬌のある姿をしていました。
    それをちょこ丸的に、怖くてカッコいいガメラにするべく塗装を試みました。
     
     
     

    このキットはボックスアートが素晴らしいですね。パネルに入れて飾っておきたくなります。
    そしてキット自体はモナカですが、初代ガメラを忠実に再現した造形は、見事というほかありません。

    塗装は、まず全体をつや消しブラックで染めたあと、
    上から、ブラックグリーン、ブルーグレー、明灰白色の順にドライブラシをかけています。
    色に立体感が出ていると思うのですが、いかがでしょうか。

    爪は、あずき色で塗装。
    眼はあえて瞳を入れないことで「怖さ」を演出いたしました。
     

    炎の中から立ち上がるガメラを意識して撮影。
    平成ガメラももちろんカッコいいですが、昭和ガメラも不変のカッコよさだと個人的には思います。
    心優しき正義の怪獣…。そして子供たちの味方。
    ガメラは永遠のヒーローです。

    とてもノスタルジーに浸れた良キットでした。
    皆様、ここまで観てくださってありがとうございました。

    エントリー4:骨折さん


    ■ハンドルネーム:骨折

    ■紹介コメント:
    □はじめに
    こんにちは。骨折です。

    □企画について
    フリー部門開設おめでとうございます。
    企画には参加しずらいパタンでもこれならドンと来いですね。
    記念の第1回なので参加させて頂きます。

    □キットについて
    ・1/100 アストレイレッドフレーム

    2004年4月発売のキットです。
    なんかアストレイを作れって声が聞こえたので・・・
    これも当時に買って、あるプランで作ろうと思ってそのまま積んでいたモノになります。

    パチ組の状態です。
    アストレイはかなりキット化されていますが、
    脚部が細くなったりして結構アレンジされている気がします。

    コレはガッシリした形状で、
    アストレイのイメージをいい感じで表現できていると思います。
    今でも全然アリと思っています。

    改修ポイントの紹介です。

    1~7 モールドの作り直し、ディテールの追加、スジボリの追加など行っています。
        腕部は好みで少し延長しています。
        脚部のデカイ肉抜き部も目立つのでしっかり処理しました。

    8   今回一番大変だったガーベラストレート
        マスキング大変でした・ 

    9   サフ状態

    完成しました。こんな感じです。

    右腕だけブルーフレームにしています。(これがやりたかった事)

    正面とリア画像になります。

    塗り分けもうるさくならない程度にしました。
    レッドも2色使っているのですが、あんま分からないですね・・

    以外に、今回ゴールドとシルバーは数年ぶりに使いました。

    ゴールド:GXレッドゴールド
    シルバー:プレミアムミラークローム

    画像では分かり難いですが、いい感じにキラっとしています。

    □塗装色
    クレオス、ガイアカラー、タミヤエナメルを使用。
    ゴールド、シルバー以外は全て調色したモノになります。

    15年前にやりたかった事がようやく形になってホクホク状態です。
    やっぱり積みは、環境に影響が出ない程度に適当に崩さないと駄目ですね。

    何の制限もなく好きなキットをぶち込めるフリー部門はなかなかいいかも?
    ってことで、ありがとうございました。

  • プラモ企画「みんなでスパロボ(ガンダム作品以外)全塗装」投稿作品紹介2

    2019-11-09 00:00

    スパロボ(ガンダム作品以外)全塗装祭り 投稿作品紹介2
    テーマ部門 その2

    関連リンク集
    企画詳細まとめ
    投稿作品紹介1 テーマ部門その1
    投稿作品紹介2 テーマ部門その2 ←イマココ
    投稿作品紹介3 フリー部門その1
    投稿作品紹介4 フリー部門その2
    ■<第9回>リトライ全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4)
    ■<第8回>FA全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4)
    ■<第7回>F計画全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4) (5)
    ■<第6回>ビッグサイズ全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4)
    ■<第5回>ダブル全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4)
    ■<第4回>履帯(無限軌道)全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4)
    ■<第3回>流星号全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4) (5)
    ■<第2回>旧キット(一年戦争)全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3)
    ■<第1回>グレイズ全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3)

    エントリー4:骨折さん


    ■ハンドルネーム:骨折

    ■紹介コメント:
    □はじめに
    こんにちは。骨折です。

    □企画について
    全塗装企画も今回で10回目。
    おめでとうございます。
    そろそろ参加したキットの置き場に困る頃です。

    で、今回のスパロボ企画
    いろんなバリエーションの機体が見れそうなので楽しみですね。

    □キットについて
    ・MC(メカニックコレクション) 勇者ライディーン

    スパロボでは大御所?のライディーンで参加します。
    2002年6月発売のキットになります。

    今回も製作途中で積んでいたモノになります。

    □パチ組の状態です。
    そんなに悪いキットではありません。
    ただ、フレーム?関節等がネジ止めのパイプ形状なのがちと厳しい所・・

    □気になった点
    フェィス(顔面)が結構大きめです。
    まぁコレはコレで悪くはないのですが、今風にちょっと小顔化したいですね。

    □一番の問題点
    腰部がゴムパーツになっています。
    整面も出来ません。(ペーパー当てたら面がボロボロになりました)
    塗装した後も塗装が剥がれそうで怖いです。

    手首も同様にゴムパーツでしかもデカイです。

    この辺をポイントにして改修しました。

    改修ポイントの紹介です。

    1、ゴム部の腰パーツはプラ板で新造しようとしてました。
      何とか枠まで作っておゆまるで複製したモールドを移植しようと考えてましたが、
      強度の問題でこの後バラバラになりました・・

    2、ゴムパーツをそのまま使うか悩みましたが、今回はレジン複製をやってみました。
      抜く方向は相当悩みましたが、片面抜き+裂き型抜きの応用でなんとか抜けました。
      位置決めに使ったマスキングテープの形もバッチリでした。おゆまるとは精度が全然違いますねw

    3、4 手首ジョイント部もグレイズのパーツを複製して使用しました。
        部品請求で在庫がない場合などは、複製も全然ありですね。

    5、6 フェィス部の小型化
        キットのパーツをおゆまるでポリパテ複製してから形状を整えます。
        今回作成したモノ(右)とキット(左)の比較です。

    7、水色部(エリ)の調整
      水色部(エリ)が結構デカイので先端を3~4mm短縮しました。(画像の丸部)

    8、肩部の調整
      肩部も大きすぎるので下面を3mm位短縮。

    9~11 ハンドパーツの作成
         ビルドナックルの大を使用して形状修正。
         人差し指を出している形状もいい感じに出来ました。

    10、各所ディテール追加
       盾の裏面等チラッと見える箇所はプラ板で調整。

    完成しました。こんな感じです。
    今風なスタイルになったかなと

    ちなみにゴッドバードには変形しません・・

    ノーマル状態との比較画像です。
    上半身のバランスがちょっと違います。

    腰パーツもレジンなのでしっかり整面出来ました。

    1、ゴットブーメラン+ゴットブレイカー
    2、ゴットゴーガン(展開状態)
    3、オープニングのイメージで作ってみました。

    □塗装色
    クレオス、ガイアカラー、タミヤエナメルを使用。
    全て調色したモノになります。

    とにかくゴムパーツをどう処理するかを悩んだキットでした。
    レジン複製用具は2017年に買って寝かしてたモノだったので、
    シリコーン大丈夫かな?と思いましたがしっかり拡散すればちゃんと固まってくれました。
    新しい発見もいろいろあってなかなか中身のある製作期間でした。

    そんな訳で、今回はレジン複製も出来るようになり作業選択肢の幅が増えました。
    また色々楽しめそうです。ありがとうございました。

    エントリー5:NKKR(なかころ)さん


    ■ハンドルネーム:NKKR(なかころ)

    ■使用キット:ハセガワ 1/100 ガラヤカ

    ■紹介コメント:
    皆様こんにちはこんばんは,NKKRです.
    これがゾイドワイルドちゃんですか.
    テーマ部門は電脳戦機バーチャロンよりガラヤカを製作しました.
     
     
    ちっちゃくてかわいいですね.
    でもね,作ったことある方ならご存知かと思いますがこの赤色のほとんどはデカールだったんですよ.
    ええ,何か所もデカール割ったりしましたとも,ええ.

    今作は足りない色のみ補って,
    最後にクリアーコートで整えるお手軽(?)仕上げで行こうと思いまして,
    まず白を塗り始めたのですよ.筆で.
    シタデルのベースとはいえ白は白ですね.
    結局何度も重ねた後に1000番のやすりでムラを整えることにしました.

    また,一部のパーツにはガイアノーツのプレミアムミラークロームを使ってみました.
    これはあれですね,下地の段階でどれだけ鏡面を作れているかで全然違いますね.
    プラ地をコンパウンドで磨いてみましたができているところとできていないところがよくわかる….
    今回は隠れる部分なので超妥協しました.

    今回本体に色を塗った部位は
    頭部:防止の左右のつばのオレンジ
    胴体:白い部分
    背中:羽?のオレンジ
    腕:合わせ目消し部にオレンジ,袖の内側グレー,手甲の白
    脚:足首オレンジ,足の赤
    エナメル黒でスミ入れ後にデカールを貼り,ツヤアリのクリアーをこれでもかと吹いて完成です.

    デカールのリタッチにガンダムマーカー赤を使ったのですが,
    マーカーってクリア吹くと変色するんですね…いい勉強になりました.
    やるにしてもちゃんと砂吹きからやっとけばよかったかな?

    写真だとうっすらですが,透明の羽に,これまたガイアのプリズムメタリックホログラムを使ってみました.
    これはきれいですね! 使えそうな部分を探して色々使ってみたいです.

    ■使用塗料:
    サフ無し
    白:シタデルカラー ベース セラマイトホワイト
    オレンジ:ファレホ ダークバーミリオン+ファレホメカカラー イエロー
    グレー:ファレホ グロッシーブラック+ファレホメカカラーピュアホワイト+ファレホ ダークブルー
    黒:タミヤエナメル ブラック
    他:ガイアノーツ プレミアムミラークローム,プリズムメタリックホログラム

    エントリー6:あおい(おっさん)


    ■ハンドルネーム:あおい(おっさん)

    ■使用キット:HG 1/48 砲戦フレーム エステバリス

    ■紹介コメント:
    ゲームの方はプレイしたこともないのに、色々とみんなの話を聞いていたら染まっていた
    スパロボ(ガンダム作品以外)全塗装祭りにお付き合い頂きありがとうございます。

    今回はガンダム作品以外というのがテーマになっていますので、丁度再販されていた
    機動戦艦ナデシコのキットからエステバリス砲戦フレームを製作してみました。

    しかし20年以上前(1997年発売)のキットということで、作例などがとにかく見つかりません。
    模型誌やムックもさることながら、インターネットでの情報もほとんどないという状態でした。

    そのため設定資料などを参考に手探りでの製作となり、思ったより時間がかかってしまいましたが
    なんとか形になりましたので紹介させていただきたいと思います。
     
     

    ・頭部
    ペリスコープのモールドを掘り直し、モノアイをHアイズに変更。後頭部カメラはプラ板で枠を作り直しました。
    首パーツは新造し、従来より首を延長して頭部との接続部をボールジョイントにしたものを用意しました。
    おまけで劇中に登場したアキト機の頭部も用意してみました。

    ・アサルトピット
    ロケットブースターとの接続をHジョイントを組み合わせたものに変更し、差し替え無しで変形できるように。
    (こちらはインターネットにて見つけた改造作品を参考にさせて頂きました)
    胴部と固定用にネオジム磁石を内側に仕込んであります。

    ・胴部
    肩と股関節をボールジョイント接続に変更。足との接続はダブルボールジョイントにしました。
    前掛けのリベットモールドは開口してからプラ棒で作り直し。前照灯はHアイズに変更しました。
    腰部フロントアーマーは元キットが基部と一体型だったので分割し、接着部で少し幅増し。
    余剰パーツにある別フレームのフロントアーマーを使用して、ネオジム磁石による脱着式に変更しました。
    前面のバルジはプラ板で少し大型化。牽引フック用の穴を開口しました。

    ・腕部
    肩は基部、装甲、ミサイルポッドまで一体型だったので、全て分割。プラ棒での接続にしました。
    上腕部から肘関節まではMGウイングガンダムEW版から移植。二重関節になり可動域が向上しています。
    上腕部バルジはプラ板などで追加しました。
    前腕部は手首あたりのモールドで分割し、プラ棒接続により回転軸を追加。
    分割部分にはプラ板を貼って少し延長しています。
    爪は関節を全て分割してHジョイントで稼働するように。ピースサインくらいならできます。
    (ちなみに今回でHジョイントは5つ開封しました)
    ワイヤードクローのモールドはプラ板で作り直しました。

    ・脚部
    腿部の前方にあるモールド部分が設定と違うように見えたので、分割してエポパテで形状を変更しました。
    120ミリカノンとの接続部はネオジム磁石を仕込んで直接固定できるように変更。周囲にモールドを追加しました。
    未接続の隙間にはプラ板やM.G.Sで作ったフタ用パーツを用意。砲撃モード時には外して接続できます。
    膝先の形状が設定と違うのでプラ板で作り直し。バルジは一度切り取って整形してから接着しました。
    アンクルアーマーとフライホイールは分割して別パーツ化。陸戦フレームから脚部とフライホイールを移植しました。
    アンクルアーマーとの接続部は設定と違ったのでプラ板で新造しています。
    足部は履帯と接続部から3分割。接続部はHGバルバトスの足部を移植し、後ハメついでに足首の稼働を追加しました。
    履帯のモールドが甘いので全て削り取り、プラ板を貼って作り直しました。
    後足のアンカーは足裏やシリンダ接続パーツの肉抜きをパテで埋め、設定を参考にモールドを追加。
    アンカー基部の排熱フィンはプラ板で別パーツ化しました。

    ・装備品
    120ミリカノンは砲口とマズルブレーキを開口し、Hアイズを使ってレーザー照準スコープを追加。
    露出しているポリキャップはM.S.Gのプラ製のものに変更して塗装しました。
     
     

    ※比較画像の元キット(未塗装側)の後部アンカー足を前後逆につけてますね・・・

    ■塗装色:
    ・外装色1=ガイアカラー レッドブラウン
    ・外装色2=ダグラムカラー カーキ
    ・外装色3=ガイアカラー オリーブグリーン
    ・フレーム1=ダグラムカラー ライトグレー
    ・フレーム2=クラッシャージョーカラー ダークグレー
    ・シリンダ他=バーチャロンカラー フレームメタリック2
    ・履帯=Mr.カラー 黒鉄色
    ・発光部他=クリアーレッド、クリアーオレンジ
    ・トップコート=Mr.カラーGX スーパースムースクリア

    ■ありがとうございました!
    前述の通り、参考となる資料や情報が少ない状況での製作でしたが、配信で相談にのって
    もらったりしながら何とか完成させることができました。
    いかにこれまで模型誌やインターネットなどの作例のおかげで製作できていたかを痛感する
    よい機会になったと思います。
    本当にありがとうございました。

    それでは、次の企画もよろしくお願いします。