ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ちょこ丸さん のコメント

>そうたさん
完成間に合わず、残念でした。でもその情熱は十分に伝わってきてますよ。
改造を施している部分に並々ならぬこだわりが見え隠れしています。
是非このまま制作続行を!

>佐倉さん
完成間に合わなかったのは残念ですが、ミキシングのカッコよさは伝わってきます!
完成を楽しみにしています。グレイズの可能性は無限です。

>あおいさん
青いグレイズきたーーーーーーーー!!
シンプルイズベスト、でも細部へのこだわりは凄い! 見える、私には見える!!
青の落ち着いたカラーリングがいいなあ。フレームの明灰白色は青を引き立てる色ですね。
写真も丁寧に撮影してて、頭が下がります。
今回の大会主催、本当にお疲れさまでした。そしてありがとうございました。
No.1
61ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
グレイズ全塗装祭り 投稿作品紹介3 関連リンク集 ■ 企画詳細まとめ ■ 投稿作品紹介1 ■ 投稿作品紹介2 ■ 投稿作品紹介3  ←イマココ エントリー7:そうたさん 機体名:グレイズ稼働重視型~クラウチングスタートに憧れて~ ※2017年4月29日に完成写真を追加             ※以下紹介放送時(2016年4月9日)の投稿分 ■ハンドルネーム:そうた ■使用キット ・HGIBO 1/144 グレイズ(一般機/指揮官機) ■紹介コメント: とにかく可動重視にしたかった、胴体部分と足の可動の一部にポリキャップ埋め込んでます。 足の可動に力を入れ過ぎて全然進まなかったです☆ 完成できなくてごめんなさいorz ■塗装色: 塗ってあるように見えますか?(逆切れ           エントリー8:佐倉さん(仮)さん ■ハンドルネーム:佐倉さん(仮) ■使用キット ・HGIBO 1/144 グレイズ(一般機/指揮官機)(ベース) ・HGIBO 1/144 シュヴァルベグレイズ(マクギリス機)(大腿部・下腕部) ・HGIBO 1/144 MSオプションセット1(ランス) ・HGIBO 1/144 ガンダムバルバトス第6形態(肩部) ・HGBF 1/144 ビルドバーニングガンダム(サイドアーマー) ■紹介コメント: 間に合わなかったので制作途中のものを。。。 一部サフを吹いただけでほぼ何も出来ていない状態でえす。 一応ふくらはぎとランスの合わせ目だけは消してみましたが、なにぶん初めてのことなのでいろいろひどいですw 適当に軽く吹いたサフの目が粗いものだったのでヤスった結果、剥げて見るも無残な状態に・・・。 ・言い訳とか 「3月最後の土日に作業すればいいや」とか思っていたら、その土日両方に突発的な予定が入り、まったくもって作業が出来ないという結果に・・・。 今回の企画には間に合いませんでしたが、せっかく作り始めたので、最後まで塗装したいとは思っています。 エントリー9:あおい(おっさん) ■ハンドルネーム:あおい(おっさん) ■使用キット ・HGIBO 1/144 グレイズ(一般機/指揮官機) ・HGIBO 1/144 MSオプションセット1 ・HGBC 次元ビルドナックルズ「角」 ■紹介コメント: ・頭部 指揮官機用のアンテナはプラ板を足して形状を変更し、削り込んでシャープにしました。 一般機用の頭部もセットで用意。内部のモノアイ的な部分は蛍光っぽく塗装してみました。 ・胴体 背中側のパイプ部分の合わせ目は分割箇所を変更して対応しました。 腰の肉抜きをパテで埋め、胸の楔っぽい箇所はプラ板を足してシャープにしました。 左右肩パーツの裏側の肉抜きもエポパテで埋めたものの、接続部の調整に手間取ってしまいました。 フロントアーマーとリアアーマー裏の肉抜きはパテで埋めてからスジ掘りでそれっぽく。 裏面の塗り分け時にマスキングで塗装がもっていかれてたのに気がついたのは撮影後でした。 ・腕部 肩アーマーの裏側はエポパテで埋めてスジ彫りと塗り分けでそれっぽく変更。 パーツ同士の合わせやバランス調整など、ここが今回一番時間がかかった箇所だと思います。 肩の内部フレームの裏側の肉抜きもパテで埋め、スジ掘りでディテールを調整。 拳は雑誌の作例でよくみるビルドナックルズ「角」をそのまま流用。サイズはSにしました。 ・脚部 アーマーの隙間から見える内部フレームの肉抜き箇所をパテで埋めました。 ふくらはぎ装甲部分の合わせ目は分割箇所を変更し、プラ板でディテールを再現。 膝部分の内部フレームの合わせ目はスジ掘りで対応しました。 つま先は先端部分をプラ板を足してシャープ化し、かかとの肉抜きはパテ埋めしてディテールを追加。 生放送でも触れた足裏は2つに割ってからパテで形状変更し、今回唯一のディテールアップをしてみました。 ・バックパック 今回の鬼門バーニアユニット。オプションの事を失念していたので大変でした。 バーニアユニット自体は2つしか使用しないので、余りの1つを切り出して裏側のベースを製作。 おゆまるを使ってポリパテで複製し、バーニアユニットの裏側に貼り付けて肉抜きを埋めました。 ユニット接続アーム裏の肉抜きはパテ埋め。腰部用の接続パーツも一緒に用意しておきました。 ・装備 斧は肉抜きをパテで埋めて刃先をシャープ化。接続部には磁石を埋め込んでみました。 腰との接続には隙間が空くのと保持が厳しいので、接続用パーツを別に製作。 磁極を間違えて作り直したのは内緒です。 別キットの斧もあるので、変更しないものと片方だけ切り取ったものの3種類を用意しました。 ライフルは合わせ目を消してマガジン裏側の肉抜きをパテで埋めました。 盾は単色だったので塗り分けが大変。塗装中に一部が剥がれてペイントリムーバーのお世話になりました。 ・デカール 基本的にHIQパーツさんのNCデカールとTRデカール、RBコーションデカールを使用。 貼り付け位置は雑誌の作例やインターネット上の作品を全力でパクらせて頂きました。 ■塗装色: 本体色1=ダークバイオレット+バイオレットパープル+コバルトブルー 本体色2=ティターンズカラー1+ティターンズカラー2+バイオレットパープル フレーム1=明灰白色(三菱系) フレーム2=ライトグレー ケーブル=グランプリホワイト 武器1=MSグレージオン系 武器2=チタンシルバー ■まとめ 当コミュニティはじめてのガンプラ企画となりましたが、いかがだったでしょうか? 生放送で皆さんと相談ながら進めてきましたが、おかげさまで良い企画になったのではないかと思います。 製作する方も見る方も楽しい時間となれば幸いです。ご参加ありがとうございました!