ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ガンプラ企画「みんなで旧キット全塗装」作品紹介3
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ガンプラ企画「みんなで旧キット全塗装」作品紹介3

2016-10-18 22:00

    旧キット全塗装祭り 投稿作品紹介3

    関連リンク集
    企画詳細まとめ
    投稿作品紹介1
    投稿作品紹介2
    投稿作品紹介3 ←イマココ
    ■<前回>グレイズ全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3)

    エントリー9:あおい(おっさん)


    ■ハンドルネーム:あおい@おっさん

    ■作品名:リアルタイプ旧型ザク

    ■使用キット:
    ・1/100 旧型ザク

    ■紹介コメント:
    ・はじめに
    おっさんのわがままにより旧キットになった全塗装祭りにお付き合い頂きありがとうございます。
    今回はモナカキットを全力で楽しむをモットーに、旧ザクをミキシング無しの単一キットで製作してみました。
    主な加工は模型雑誌やマテラボさんの記事を参考にして、市販の改造パーツもがっつり使っていきたいと思います。

    ・頭部
    頭部はダクトと正面中央の支柱を切り離してハの字に幅詰め。ダクトの角度を調整してエポパテでつなげました。
    モノアイは「M.S.G 丸ノズル」を枠として、「WAVE Hアイズ1 ピンク」の裏にラピーテープをはったものに変更。
    「M.S.G ショートパイプ」の5mmを接続用、7mmを基部用、9mmをモノアイレール用として可動できるように。
    あとは円形に切り出したプラ板にモノアイ部分と首接続用のジョイントを挟んで自作のモノアイスタンドを作成。
    頭部下の穴を拡張して接続できるようにして、頭部と首部の後ハメ加工としました。

    ・胴体
    胸部はプラ板で前後の厚みを増やし、左右は旧キット定番のハの字加工。
    胸回りの形状が気になったので裏打ちしてから削り込み、胸部コックピットの下部を内側に角度調整。
    後ハメのために首と肩、腰の接続用にプラサポを使ってポリキャップを取り付けました。

    腰部アーマーは前後左右に分割し、リアアーマーは形状を調整。
    フロントアーマーは下方向に、サイドアーマーを上方向に延長しました。

    股関部はプラ板で一回り大きく調整して、太股との接続部をプラサポのボールジョイントの受けに変更。
    胴体上下の接続や腰部アーマーの可動などは「M.S.G スタートセット2」のジョイントを利用しています。

    元々は胸部と腰部を一度分割して形状を調整後に接着して固定する予定でした。
    ところが丁度製作中に発刊された「ガンダムアーカイヴスプラス」のシャアザクに影響され急遽方針を変更。
    おかげで後ハメ程度と思っていた加工が、いつのまにか結構な改造になってしまいました。

    ・腕部
    肩は縦長になっているので幅詰めしながら正方形してプラサポを使ってポリキャップを取り付け。
    肩アーマーはエポパテでフチを成形し、溶きパテを使って鋳造表現に挑戦してみました。

    二の腕はハの字に幅詰めして肘側の太さを残しつつ肩側を細く。肩の加工で短くなった分をプラ版で延長しました。
    ちなみに接続は真ん中にプラ棒用の穴をあけてあるだけです。

    肘下の腕は二の腕の幅詰め分をプラ版で埋め、手首甲側にもプラ板を張ってすぼみ形状を調整。
    既存のダボを利用して手首と肘にポリキャップを取り付けました。

    拳は握り手にエポパテを盛ってそれっぽく加工。しかし武器の製作を忘れていたため持ち手の製作が間に合わず。
    マシンガンをそのまま持てる「ビルダーズパーツ 1/100 MSハンド02 (ジオン系)」を使うことにしました。
    実はこれまで旧キットの手と比べるとビルダーズパーツのMSハンドは大きいと思っていたんです。
    ですが実際に加工した後に比べてみると、どっちもサイズはあまり変わらない印象だったのが驚きでした。

    ・脚部
    太股は股間の接続穴を埋め、その少し上に穴を開けてボールジョイントを取り付けて疑似延長としています。
    膝側には「M.S.G マイナスモールド3」を使ってディテールを追加し、後ハメ用に「M.S.G T字ジョイント」を取り付け。
    膝下からもってきた元の接続用パーツの上部をU字に切り取ってジョイント隠しにしました。

    膝下は太股との接続部を穴を大きく開けてからプラサポを使ってポリキャップを取り付け。
    膝裏はプラ板で蓋をしています。
    足首付近は形状をパッケージに近づけるため、ヒートペンでランナーを溶かしながら盛り上げてから削り込み。
    足首との接続用にダボを使ってポリキャップを取り付け、ボールジョイントを接続しました。

    足首は定番加工となっている甲部切り離しをしてから足部を幅詰め。
    甲部は上に「M.S.G ボール&軸受セット」を埋め込み、上下の接続はダブルボールジョイントを使用しました。

    ・バックパック
    バックパックはそのままだと腰の可動に干渉するので、上下を幅詰めして胸部との接続箇所をプラ板で調整。
    元のバーニア部を開口し、ボールジョイントで「ビルダーズパーツ 1/100 MSバーニア01」を追加可能にしました。

    ・装備
    斧はサイドアーマーとの接続用にネオジム磁石を埋め込み。パイプ部分が細すぎるのでポリ製のものに交換しました。
    マシンガンはMSハンド用に手持ち部分を延長。スコープは「WAVE Hアイズ1 ピンク」を埋め込みました。

    ・デカール
    リアルタイプ旧型ザクに付属しているデカールのみを使用。貼り付け位置は説明書やパッケージを参考にしました。
    それにしてもリアルタイプシリーズのデカールは量が多い上に味があって良いですね。これだけ使ってもまだ残ります。
    ですが比較的大きなものやラインデカールが多いためがシルバリングに悩まされ大変でした。

    ・塗装
    サフを吹いてからラインデカールの足りない部分を補うために、デカールに近い色に調色したライン色でまず塗装。
    ライン部分にミクロンマスキングテープを貼ってからして本体色を塗装しました。
    乾燥後にデカールをはってからつや消しクリアでコーティングして「Mr.ウェザリングマスター」でウォッシング。
    その後エナメルでドライブラシをかけ、全体的に強めの汚しに挑戦してみました。
    ドライブラシが途中から気持ちよくなってやりすぎ、なんかの落書きのような汚しになりましたが反省はしていません。

    ■塗装色:
    本体色1=ダグラムカラー カーキ
    本体色2=ボトムズカラー ブルー
    本体色3=ニュートラルグレーV
    バーニア=バーチャロンカラー フレームメタリック
    斧柄部=ガンダムカラー MSグレージオン系

    ■ありがとうございました
    旧キットは構成がシンプルなので形状変更しやすく、中身がないから加工も埋め込みも自由ですね。
    おかげさまでこの2ヶ月の間、モナカキットを全力で楽しむことができました。

    備忘録も兼ねた長い紹介文となってしまいましたが、ここまでお付き合い頂きましてありがとうございました!
    この機会にモナカキットに少しでも興味を持って貰えると嬉しく思います。
     
     
     
     

    エントリー10:クロウさん


    ■ハンドルネーム:クロウ

    ■紹介コメント:
    欲を出して無計画に作り始めた結果がこれだよ!
    ・一番最初に作り始めたズゴック
    ・間に合わないと思い別キットにシフトしたゾゴッグフ
    ・それも失敗して普通に作り出したが成型の精度に苦戦中のギャン
    ・オマケのようなボールタイファイターとガルバルディβ
     
     

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。