ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ガンプラ企画「みんなで履帯機全塗装」作品紹介2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ガンプラ企画「みんなで履帯機全塗装」作品紹介2

2017-10-14 00:00

    履帯機(無限軌道)全塗装祭り 投稿作品紹介2

    関連リンク集
    企画詳細まとめ
    投稿作品紹介1
    投稿作品紹介2 ←イマココ
    投稿作品紹介3
    投稿作品紹介4
    ■<第3回>流星号全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4) (5)
    ■<第2回>旧キット(一年戦争)全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3)
    ■<第1回>グレイズ全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3)

    エントリー4:NKKRさん


    ■ハンドルネーム:NKKR

    ■使用キット:
    ハセガワ1/35アスタコNEO

    ■紹介コメント:
    製作期間は2016年6月26日~2017年10月8日です.
    スケールモデルは初めてで,休日にちょこちょこと進めたり進めなかったりしてたら1年以上かかってました.
    で,ちょうど企画の時期が完成に間に合いそうだったのですが,ラスト2週間は突貫作業でした.

    改修部分をまとめると,
    ・オペレータ乗り降り可
    ・左操作レバー,ロックレバーを跳ね上げ,非稼働時を再現可
    ・ドアを開閉可能に
    ・フロントウィンドウを開放可能に
    ・副腕に可動軸を追加
    ・ライト,ミラー,シリンダにラピーテープを使用
    です.

    砂吹しちゃって塗装面が梨地になったり,クリアーをミスって曇りガラスになったり,
    全部同じ色になってなかったりと,色々粗が見えて心残りはあるけど満足はできました.
    当初は汚したり塗装ハゲや錆とかしたかったんですが取り合えずここまでということで.
    初めてスケールモデル作ってガンプラはなんて作りやすいんだと思いました.
    あとエアブラシは神.

    ■塗装色:
    基本的にMr.カラーを使用
    ・本体色1:オレンジ+レッド+ブラック
    ・本体色2:ブラック+グレー+ブルー(少々)
    ・本体色3:ブラック
    ・鉄筋鉄骨カッター:シルバー+ブラック
    ・キャブ内部:ニュートラルグレー
    ・オペレータ(肌):ホワイト+イエロー+レッド
    ・オペレータ(服):グレー+ブルー+イエロー

    他オペレータのウォッシング,ドライブラシ等にタミヤエナメルを使用
    ・肌:レッド,イエロー,ブラウン,ホワイト
    ・服:フィールドグレイ,ブルー,ブラック,ホワイト

    ・シリンダ:ラピーテープ
     
     

    【座席回り】
    1,2,3:左操作レバーに真鍮線で可動軸追加.
          ロックレバーの軸を針金に替え,穴あき磁石と合わせて回転できるようにしました.
    4,5:シート裏に磁石を接着,オペレータのお尻に穴をあけて針金を仕込んで乗り降りできるようにしました.

    【ドア開閉】
    6:φ0.2鍮線と内径0.25㎜真鍮パイプで運転席のドアを開閉自由に.
    7:鉄片をドアに埋め込み,磁石で留めるようにしました.
    8,9:ドアに持ち手がなくてドアを開けられなくなったので,
        エンジンの辺りからレバー操作でドアを内側から開ける仕組みを追加.
    10,11:塗装後のドア開閉

    【フロントウィンドウ,フォークグラップル】
    12,13,14:クリアパーツを切断し,上下の辺に金属線を付けてスライド開放できるようにしました.
    15,16:爪の肉抜きをプラ板で埋めて,0.5mm角プラ棒で滑り止めの突起を復元.

    【副腕可動軸追加】
    副腕の付け根に車体前後軸周りの回転軸が足りない?と思って調べるとバージョン違いでした.動いた方がかっこいいと思って改造することに.

    17,18:副腕付け根を切断分離.
    19,20,21:写真を見ながら形状を整え,副腕の基部それぞれにポリキャップ、プラサポ、プラパイプで回転軸作成.
    22:2mmプラ棒とプラパイプでシリンダを,プラパイプ2種でシリンダチューブを作成.

    【オペレータ塗装】
    23:フィギュア塗装も初めてで,とりあえずエアブラシで塗ってみると…単色の皮膚が怖い…しかもツヤツヤ….
    24,25:エナメル塗料と筆を買ってリベンジ.人っぽくなったけど汚くなっただけでしょうかねえ.

    自分の知っている作業服が緑がかったグレーだったのでそんな色にしました.

    エントリー5:ジェイドさん


    ■ハンドルネーム:ジェイド

    ■紹介コメント:
    みなさんはじめまして、はじめてじゃない方はお久しぶりです。
    前回のクレ オスパーツばさみでみなさんの心を鷲掴みにしたジェイドです。
    今回は 履帯機(無限軌道)全塗装企画ということですのでこんなキットをチョイスしてみました。

    ハイ、みんな大好きマゼラアタックですね。かっこいいですね。以上です。

    今です!

    改めまして、今回使用するキットは・・・ハセガワ1/72スケールⅣ号駆逐戦車L/48”後期型”です。
    ヘッツァーのお兄ちゃんみたいなやつ ですね。長い名前なので、まあ”ラング”でいいんじゃないですかね。

    はい、出来上がり。
    今回どうしてラングをチョイスしたかというと「ワールドオブタンクス」というオンラインゲームをやっていて
    このラングという戦車はゲームの中では中々の性能を持っておりまして、隠蔽率もよく小回りもききます。
    しかし側面が弱く(どの戦車もそうなのですが)簡単に貫通 されてしまいます。そこで・・・

    簡単に貫通出来ないようシールドを取り付けてみました。これで簡単に撃破されませんね。
    しかし相手に横付けされたりすると一方的に撃たれてしまいます。(回転砲塔の場合)
    それに固定砲塔は車体を動かさないと砲の向きが代えれませんね。なので・・・

    ファンネル始めました。
    これでオールレンジ、どこからでも狙え撃てますね(ニュータイプ及び強化人間搭乗時に限る)
    もう無敵ですね(ニュータ イプ・・・ry)

    おや、長々と説明をしていたらどうやら敵がやってきたみたいです。
    数もかなりいますね。これは1台じゃ不利ですね。
    こうなったら奥の手を使うしかありません!

    ドッキングスタンバイ!

    ババーーン、ジムキャノンサイコラング完成!!

    以上で作品紹介を終わります。
    今回ラングを作っている時間よりジムキャノン作ってる時間のほうが長かったですね。
    画像真ん中のは1/144サイズのラングです。

    最後になりましたが(戦車の)塗装はオキサイトレッドサーフェイサーを下地にクレオスのダークイエローを
    エアブラシで吹いてタミヤのエナメル塗料フラットブラウンで墨入れと汚し?っぽいものをいたしました。

    戦車の塗装は初めてだったのでイマイチな感じはあると思いますが生暖かい目で見てもらえるとありがたいです。
    企画開催をしていただいたあおいさん、参加した皆様お疲れ様でした。
    次回企画も楽しみですね。ありがとうございました。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。