ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ガンプラ企画「みんなでビッグサイズ全塗装」投稿作品紹介1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ガンプラ企画「みんなでビッグサイズ全塗装」投稿作品紹介1

2018-06-30 00:00

    ビッグサイズ全塗装祭り 投稿作品紹介1

    関連リンク集
    企画詳細まとめ
    投稿作品紹介1 ←イマココ
    投稿作品紹介2
    投稿作品紹介3
    投稿作品紹介4
    ■<第5回>ダブル全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4)
    ■<第4回>履帯(無限軌道)全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4)
    ■<第3回>流星号全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4) (5)
    ■<第2回>旧キット(一年戦争)全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3)
    ■<第1回>グレイズ全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3)

    エントリー1:くたぱんさん


    ■ハンドルネーム:くたぱん

    ■使用キット:
    DXバーサルナイトガンダム

    ■紹介コメント:
    バーサルシャドウ風に塗装してみました(大きさが分かるようにSDレジェンドのバーサルナイトとツーショット)。
    エアブラシの調子が悪く(多分コンプレッサーの圧が弱くなってしまった)、
    以前、流星号企画の時には筆塗りの全塗装で参加させていただいたのですが、
    今回はその調子が悪いエアブラシでなんとか塗装(めっちゃ塗料を薄めてます)したので、
    メタリック系のカラーの発色が良くないですが、
    自分的には割とイメージ通りの仕上がりになったと感じているので、
    温かい目で見ていただけると助かります。

    ■塗装色:
    ブラック、メタルブラック、メタリックグレイ、メタリックレッド、アルミ、
    クリアーレッド、クリアーイエロー、チタンゴールド、墨入れ(黒と赤)
     
     

    弄った部分

    ランサー:
    ランサーが可動式だったのですが、可動部分が丸見えでかっこ悪かったので、可動部分を削って固定式にしました。

    剣:
    エフェクトパーツを着けた方がSDっぽいかなと思ったので、
    何かのキットの余剰エフェクトパーツを剣に合うように削って瞬間接着剤で着けました。

    足:
    今のSDのキットに比べるとかなり頭が大きく、さらに足が短いせいで頭の大きさがより強調されている感じだったので、
    4mmの丸棒を適当なサイズに切って、1mmの真鍮線と瞬間接着剤で取り付けて足を長くしてやりました。

    悲報
    武器の製作が一番手間がかかったのに、武器を持たさない方がカッコイイことが判明・・・。
     

    最後に

    残念なことにこのキットは古い上にSDなのでほとんど稼働しなくて、
    いろいろなポージングを撮ることが出来なかったので、
    バーサルシャドウはある意味黒騎士ってことで、
    このキットの製作の傍らで作ったIMSのレッドミラージュ単騎Ver(部分塗装、墨入れ、光沢トップコート)
    とのツーショットをFSSコミックの第一巻のレッドミラージュVSブラックナイトのシーンを
    イメージしながらご覧いただければと思います(←見せたいだけ・・・)。
     
     

    エントリー2:ちょこ丸さん


    ■ハンドルネーム:ちょこ丸

    ■使用キット:
    ・1/60 ストライクフリーダム ライトニングエディション
    ・1/60 PG ガンダムMk-2

    ■紹介コメント:
    1/60サイズのストフリとガンダムマーク2をミキシングして、
    ヘビーガンダムぽいカラーリングで塗装してみました。
    名付けて、ストライクイージー。

    このキットを作ったのは2年半前のことになります…。

    当時、行きつけだった玩具店に飾られていた1/60のストフリとマーク2。
    店長が作ったパチ組みのキットで、裸のまま飾られていたために
    お店に来た子供たちに遊ばれてボロボロの状態でした。
    ツノは折れ、胴体もへし折られ、指も数本抜けて行方不明…

    俺が直してやるよ!

    まだガンプラを初めて間もない頃だった私が、そう買って出ました。
    ストフリとマーク2の、まだ残っているパーツを組み合わせ、パテを盛り、プラ板を貼り…
    そしてどうにか一つのキットとしてミキシング再生したのが、この作品なのです。
    思い出がいっぱい詰まっています…。

    その後、このキットはお店で新たに飾られ、
    そして案の定、子供たちに遊ばれて…再びボロボロに!w

    店長がご高齢のために、お店は昨年末に閉店いたしました。
    その最後に、この思い出のキットを回収してきました。
    このまま捨てるのも忍びないですし。

    そんなこんなで、再々甦るがいい、ストライクイージー!

    いやー、もうね、こんな昔のものを見せるのもお恥ずかしい限りなんですが。
    しかし少しでもビッグサイズ祭りを盛り上げる材料になれればな、と。

    最後の写真は、大きさ比較のための一枚です。
    やっぱデカいよね、1/60って。
     
     
     

    エントリー3:くたぱんさん


    ■ハンドルネーム:くたぱん

    ■使用キット:
    HGBD 1/144 モモカプル

    ■紹介コメント:
    時間があったので、もう一作品作ってみました。
    ビッグサイズキット=大型キット=〇(オー)型キットということで、
    モモカプル 丸まりモードです(←完全にネタ枠です)。

    初めて迷彩塗装にチャレンジしてみました。

    ■塗装色:
    コバルトブルー、キャラクターホワイト、スカイブルー、ブラック、蛍光イエロー、
    濃緑色、コクピット色、メタリックレッド、チタンシルバー、墨入れ黒
     
     
     

    迷彩塗装と言えば戦車、戦車と言えばガルパンと言うことで、
    島田愛里寿ちゃんにモモカプルに搭乗してもらいましたぁ。
    さぁ、みなさん、癒されちゃってください・・・。
     
     

    どうやらごく一部の方達は癒されなかったみたいなので、こちらの画像もどうぞ・・・、

    このゲーマルクはサイズ的にいい感じだったので、モモカプルに乗せようと思って買ってたのですが、
    残念ながら乗せることが出来ませんでしたぁ(涙)。

    なので、
    多分モモカプルを購入した方々の半数ぐらいはモモカプルにこのゲーマルク乗せてみようかと
    考えたんじゃないかとおもうので、お気を付けください。

    ちなみに余談なのですが、モモカプルの目の部分を見て、
    銀河鉄道999の車掌さんを思い浮かべたのは僕だけでしょうか?w。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。