ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ガンプラ企画「みんなでF計画全塗装」投稿作品紹介4
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ガンプラ企画「みんなでF計画全塗装」投稿作品紹介4

2018-10-20 00:00

    F計画全塗装祭り 投稿作品紹介4

    関連リンク集
    企画詳細まとめ
    投稿作品紹介1
    投稿作品紹介2
    投稿作品紹介3
    投稿作品紹介4 ←イマココ
    投稿作品紹介5
    ■<第6回>ビッグサイズ全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4)
    ■<第5回>ダブル全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4)
    ■<第4回>履帯(無限軌道)全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4)
    ■<第3回>流星号全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4) (5)
    ■<第2回>旧キット(一年戦争)全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3)
    ■<第1回>グレイズ全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3)

    エントリー10:骨折さん


    ■ハンドルネーム:骨折

    ■紹介コメント:
    □はじめに
    こんにちは。
    2015/12/04に肩骨折してからそろそろ3年になる骨折です。
    深い意味はありません・・・

    □企画について
    R44は再販されてから即効で無くなったとかよく耳にしました。
    ミーハーなのもでそんなに人気なのかって思ったのがキッカケです。
    ロトと大きさ的にも、ギミックも近いのでニコイチで作成して見ようと思いました。

    R44とロトのパチ組み状態になります。若干R44の方が大きいです。

    ①R44のロボ形状。
    ②ロトのロボ形状。
    ③R44のタンク形状。
    ④ロトのタンク形状。
    ⑤R44とロトの比較。

    ①頭部はロトベースで作成。
    ②キャノンはロトのモノとミキシング。
    ③各所肉抜き処理。
    ④全体はこんな感じ。何処にどのパーツを使っているか分かると思います。
    ⑤胸部はプラ板から形状出し。
    ⑥足首はR44のモノを小型化して使用。
    ⑦キャタピラ部の追加。
    ⑧腕部はロトのモノをベースとして形状出し。
    ⑨手首はガトリング形状にしました。
    ⑩脚部はR44のパーツをばらして、ロトのパーツに移植。
    ⑪一番苦労した箇所。一番モンモン期間が長かった箇所です・・
    ⑫ヒザの青の部分はプラ板の箱組みで作成。
    ⑬サフ状態。

    こんな感じになりました。

    いい感じに密度感は出たかな?と。

    ①②フル装備状態です。
    ③カメラ部の追加作成。
    ④手首はガトリング形状に変更。ポッド部の塗り分け。
    ⑤サイドアーマーの追加。
    ⑥各所モールド追加。
    ⑦各所塗り分けとモールド追加。
    ⑧アンテナ部追加。
    ⑨リアキャタピラはロトのモノを使用。

    一応、ちゃんと変形できる様に製作しました。
    ちなみに動きません・・・・

    R44の詳しい製作状況はまたブログにもアップするのでそちらで見てください。
    @n3dot_net

    過去に作ったHGUC F91があったので参戦です。
    R44との比較になります。
    大きさ的には丁度いい感じになったかな?と・・

    ※10/7が発表日と読んで作業していたのですが、もう1週間延びたのでパパっと組んだものです。
    アニメ塗りのリベンジでやっていたのですが、やはり時間切れになってしまいました・・・いつかまた・・・

    そんな訳でアニメ塗りの予定だったので全部筆塗りで処理しています。

    ①パチ組み状態です。
    ②改修、合せ目消しとか整面した後の状態。
    ③首の位置を少し後ろにしています。アゴを引けるようにも調整。
    ④胴体部を1mm延長。
    ⑤フロントアーマーをボールジョイントに肉抜き部は目立つ所は処理しています。
    ⑥各所モールド追加。

    ※昔シルエットフォーミュラ、F90が売っていた頃、こんな面長のダサイ機体には見向きもしていませんでした。
    今回初めて組んでみたのですが、もうイジル所が無いくらいバランスがいいのにビックリしました。
    ダボの加減も素晴しく、ダボの調整しなくてもハメ外しが出来るのも素晴しいです。(保持力もちゃんとあるし)
    ホント、ビックリしました・・・ごめんなさい。

    ■塗装色
    クレオス、ガイアカラー、フィニッシャーズ、タミヤエナメルを使用しています。
    カラーは全て調色したモノになります。

    □最後に
    F90シリーズ(特にシルエットフォーミュラ)はそんなに興味なかったんですが、
    色々手をつけてみて楽しいシリーズと言う事が分かったのが収穫でした。
    今回の再販で各種ストックしたので、MGとのミキシングとかやってみたいですね。

    後は最近は最新キットとかまったく組んでいないので、
    新しいギミックなどを楽しもうかとオモテマス・・
    ※JKに先に組まれてるのが悔しいんじゃないですから・・

    そんな訳で、今回も貴重な体験ありがとうございました。

    エントリー11:ジェイドさん


    ■ハンドルネーム:ジェイド

    ■紹介コメント:
    みなさん初めまして、初めてじゃない方はお久しぶりです。
    ハーマンレッドをハマーンレッドと勘違いしていたジェイドです。
    今回はF計画ということで中島みゆきの歌がきこえてくるようなタイトルにしてみました。(風の中のす~ばる~♪

    今回準備したキットはこれ、鉄血のオルフェンズの百錬:アミダ機です。
    え?F計画の企画なんだからF90やF91、クロボンじゃないかって?
    チッチッチッ、ガンプラは自由なのです。何使ってもいいんです。

    仮組みしてみました。どこをどう見ても百錬ですね。当たり前ですね。
    仮組みしてデナンゲーとか出来たらびっくりしますもんね。
    ではここからちょっとした改造であのキャラクターにしてみましょう。

    はい、鉄仮面ことカロッゾです。任務遂行のためにエゴを強化しすぎてこんなんになっちゃいました。
    改造のポイント部分は

    1:頭部はエポパテで頭の部分を盛りました。顎は百錬のままです。トサカは1ミリプラ板で切り出しました。

    2:胴体はマントにあたる部分はプラ板で作成してます。
      ディティールはそれぞれ違う厚みのプラ板を貼り付けて立体感を出しました。
      幅は両サイドにプラ板を貼り付け合計で4ミリ増してます。
      いろいろジャンクパーツを貼り付けてがっしりした体つきにしました。

    3:サイドアーマーはズボンのように見せるため下の部分をカットしてあります。

    4:肩部分は胴のマント部分と同じく厚みの違うプラ板でディティールを作成。
      接続部分はキットのままだと腕が離れすぎるのでビルダーズキャンペーンに入っていた
      接続用のジョイントパーツに変更しました。

    5:腕は袖の部分をプラ板で囲んだだけです。

    6:つま先は5ミリ延長してパテで形を整えました。

    7:足が短く感じたのでスネを7ミリ延長しました。

    正面と背面です。色が着いたことでそれらしく見えるようになりましたね。

    塗装はまず下地にメカサフスーパーヘヴィで立ち上げました。

    ブーツ:ミッドナイトブルー
    洋服:ミッドナイトブルー→パープル
    マント: パープル→MSパープル
    手・顔:明灰白色 袖等:ゴールド
    肩装飾:ハーマンレッドです。

    側面の前後です。

    ポージングです。近接兵器の超電磁ヨーヨーです。ビルギットも真っ青ですね。

    飛び道具の超電磁コマです。当たったら相当痛いです。

    以上で紹介を終わります。企画を開催したあおいさん、参加されたみなさんお疲れ様でした。

    エントリー12:eggさん


    ■ハンドルネーム:egg

    ■使用キット:
    ネオガンダム × 3

    ■塗装色:
     ①GSIクレオスMrSurfacer1000(グレー)
     ②ガンダムカラースプレー(ライトブルー)
     ③ガンダムマーカーZグレー(手、胸部、腕の接合部他)
     ④ガンダムマーカーブラック(ツインアイ)

    ■紹介コメント:
    【アピール】
     適当にとった画像の一つですが、自己主張が強そうだったのでアピール画像としてみました。
     今回は、参加を迷っていましたが、普段からネオガンダムを連呼?していたため、
     あおいさんの無言の圧力(だすよな?だすよな?)を感じ、思い切って参加させていただきましたw
     ガンプラ歴は余裕で25年超えるのですが、パチ組専門だったうえ、全塗装もしたことがなく、
     ましてやイベントなどに参加するとは思ってもいなかったので、いろいろ勉強させていただきました。
     参加を決めた段階で技術と時間に相談したところ、合わせ目処理は無理という判断になり、
     合わせ目消しは今回はしていません。

    【前面】
     当初はG3ガンダム風の作品をめざして、全体は、グレーとライトブルーのみ、
     メインカメラのみブラックという予定でした。
     物足りなさを感じたため、急きょ未開封のガンダムマーカーエアブラシと、Zグレーがあったので、
     ためしに塗ってみるたところかなり良さそうだったので、急きょ取り入れてみました。
     わかりにくいですが、ツインアイはクリアパーツを一旦ブラックでぬりたくったあと、
     目のところだけケシペンで色を抜いて仕上げています。

    【側面】
    前面にも言えることですが、足はグレーの上からマスキングして、ライトグレーを塗装しています。
    どうやらマスキングがあまかったようで、かなりブルーがマスキングの下にはいってしまい、
    汚い感じになってしまいました。

    【背面】
     足のダクト?部分もあわよくばZグレーでぬりたかったのですが、
     失敗するとリカバーに時間がかかりそうなのであきらめました。

    【斜め】
     この画像をみたとき、ちょっとネオガンダムが馬面にみえたのが残念でした。
     Gバードは塗装まではしましたが、V字アンテナのリカバリー作業で間に合いませんでした
     
     

    【コアファイター】
     Zグレーで一か所のみ塗装しています。
     スミ入れ塗装すればもっといい感じになると思いますが、
     予定していた塗装方法だと色が変色?する恐れがあったため、あきらめました。

    【感想】
     今回はほぼ全てが未経験ということで、これで出して大丈夫か?と不安な状態でした。
     紹介されるまではおそらく私は気が気ではないと思いますw

     今回は以下の想定外があったので、次回参加することがあれば注意していきたいです。
     ・ガンダムマーカーケシペンは、ラッカー系も落としてしまう。
      ※すぐにではありませんが、ごしごしするとサフは堕ちました orz

     ・V字アンテナが2つもっきりいきました。
      ※2回目はアンテナと頭の合いが悪いなーと調整してたらもっきりと・・ orz
       貴重なプラモデルの貯金ならぬ貯箱って大事ですね!

     今回はこのイベントに参加させていただきまして、ありがとうございました。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。