プラモ企画「みんなでスパロボ(ガンダム作品以外)全塗装」投稿作品紹介1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

プラモ企画「みんなでスパロボ(ガンダム作品以外)全塗装」投稿作品紹介1

2019-11-09 00:00

    スパロボ(ガンダム作品以外)全塗装祭り 投稿作品紹介1
    テーマ部門 その1

    関連リンク集
    企画詳細まとめ
    投稿作品紹介1 テーマ部門その1 ←イマココ
    投稿作品紹介2 テーマ部門その2
    投稿作品紹介3 フリー部門その1
    投稿作品紹介4 フリー部門その2
    ■<第9回>リトライ全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4)
    ■<第8回>FA全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4)
    ■<第7回>F計画全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4) (5)
    ■<第6回>ビッグサイズ全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4)
    ■<第5回>ダブル全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4)
    ■<第4回>履帯(無限軌道)全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4)
    ■<第3回>流星号全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4) (5)
    ■<第2回>旧キット(一年戦争)全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3)
    ■<第1回>グレイズ全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3)

    エントリー1:くたぱんさん


    ■ハンドルネーム:くたぱん

    ■使用キット:
    コトブキヤ ダイゼンガー
    コトブキヤ アルトアイゼンリーゼ
    コトブキヤ ラインヴァイスリッター

    ■塗装色:
    ダイヤモンドシルバー、メタルブルー、メタルレッド、メタルイエロー、メタルブラック、メタリックグレイ

    ■紹介コメント:
    前回のアヴェンタドールがかなり大変だったので、今回は楽をしようとこの製作を選んだのですが、
    まず最初にアルトアイゼンリーゼを分解し終えてそのパーツの多さに
    HG以上MG未満のパーツ数だと高をくくっていた自分を殴り倒してやりたい衝動にかられましたw。
    楽をするつもりだったのにこれなら新しいキットを買ってきて作ったほうが楽だったとホントに後悔しました。

    ダイゼンガーの鎧部分のカラーは調色したのですが、これが予想以上良い感じになって今回一番のお気に入りです。
    実際のものは画像よりももっとキラキラした感じで、いろいろ頑張ってみたのですが、
    その辺をうまく撮ることが出来ませんでした(涙)。

    アルトアイゼンリーゼ、このキットが一番関節がグニャグニャで関節を補強してみたのですが、
    バランスがわるいのか思うようにポーズをとらせて立たせるのには一苦労します。

    結構古いキットなのにこのデザインとこの色分けは今でも感動するレベル。
    只々残念なのは羽のゲート跡でパチ組だとオススメできないキット(涙)。
    簡単フィニッシュで飾っていてずっと気になっていた部分なので、
    今回塗装したことでようやくそれが解消されました。

    ついでにメタリック塗装したクロスシルエットのマジンカイザー。
    今回、初めてのマジンカイザーの造形物の製作で、前に発売されたナイチンゲールといい
    クロスシルエットは今まで触れてこなかった造形物に安価で手を出させてくれるありがたいシリーズに感じます。

    横に写っている目玉のおやじは前回つくった小野ミチオくんの応用で作ってみたのですが
    「う~ん」って感じになっちゃいました。

    スパロボのキットはほぼどれも主人公機な感じなのが好き。

    最後までご覧いただきありがとうございました。

    エントリー2:ちょこ丸さん


    ■ハンドルネーム:ちょこ丸

    ■登場作品:スーパーロボット大戦X-Ω(クロスオメガ)

    ■使用キット:WAVE サクラ大戦2 1/24 光武・改(こうぶ・かい)

    ■作品タイトル:チョコーヴ

    ■紹介コメント:
    皆様こんにちは。
    前回、不参加だったにもかかわらず、なぜか大活躍だったちょこ丸です。
    やったぜ!

    今回のテーマはスパロボとのことで、
    およそ20年前に発売された、光武(こうぶ)をセレクトいたしました。
    原作であるサクラ大戦は、まったく触ったことないんですけどネ!

    機体名は、「超光武」と書いて「チョコーヴ」と読みます。
     
     

    さて、このキット。
    関節は「ナンチャッテ関節」で、可動域はごくわずかです。そして武器は付属していません。
    しかも背中が重いため、少しの振動でうしろに倒れます。こんなのおかしいですよ!
    そこで私はHGグリモアとのミキシングで、ボディメカニクスの改善をメインに改修しました。

    グリモアさんをバランバランに切り刻み、関節すべてを可動できるようにしていきました。
    顔はメカトロウィーゴと鉄人28号をモデルに。

    さらに、疑似太陽炉を接続し、出力を大幅に強化!
    これぞ光武を超越した、超光武です。
     
     
     
     

    そして完成したチョコーヴ。ボディメカニクスはバツグンです。
    表情も、こころなしか愛嬌のある感じになりました。

    腰のサイドアーマーの内側にもポリキャップを取り付け、SDアストレイの刀をマウント。
    手はそのままグリモアのものを使用しました。光武の手はひどすぎて何も持てないです。
    眼はダイソーの宝石っぽいシールで作りました。

    腰アーマーも可動できるようにしたので、膝も難なく上げられます。
    バズーカだって楽勝で構えられるぜー。
    これなら他のスパロボに遅れを取ることもなく戦えますネ。

    そんなわけで、とても楽しく作れたキットでした。
    最後は元祖グリモアさんとのツーショット。関節に共通性が見られると思います。
    皆様、ここまで観てくださってありがとうございました。

    エントリー3:くたぱんさん


    ■ハンドルネーム:くたぱん

    ■使用キット:モデロイド シンカリオン H5はやぶさ

    ■塗装色:

    ミクホワイト、ミクグリーン、ダークグレー、ブラック、キャラクターイエロー、パープル

    ■紹介コメント:
    ねんどろいどの発音ミクを購入した時に説明書に
    モデロイドのH5はやぶさと一緒に飾ってね的なことが書いてあって、
    アマゾンを見たらモデロイドのH5はやぶさが安く売っていたので、テーマにも合うし
    以前フレームミュージックガールの初音ミク作った時に買ったミクホワイトとミクグリーンが余っていたので
    それで塗装して作ってみるかってなって購入して作ってみました。

    完成してみたら割と違和感がないのですが、
    作っている最中はグリーンの部分が元の色とかなり違っていたので
    正直、若干不安を感じながら製作しました。

    後、モデロイドを作るのは初めてだったのですが、作ってみて思ったのは
    正直、関節からパーツのハメこみまでとにかく固いって感じで、
    仮組したものを塗装するために壊さずに分解できるかちょっぴり不安を感じましたw。

    ※横に写っているコピーロボットもどきの胴体が前後逆なのは見なかったということでお願いしますw。

    足のエフェクトパーツはキット付属品なのですが、
    これを着けたほうが自立しやすいです。

    このハセガワのフェイイェンは以前からずっと作ってみたいとは思っていたもので、
    かなり手強そうなキットなのでちゃんと完成させられるか分からず今まで手を出さずにいたのですが、
    1000円で売っているのを見つけ、さらに今回のテーマにも合うし、
    そして何より前回のアヴェンタドールもそうなのですが、
    個人的に作ったら完成させられなさそうなキットでも
    投稿目的で作るとなんとか完成させられちゃう謎の力が発動するので、
    このキットもその謎の力を借りれば完成させらるんじゃないかと思い、チャレンジしてみました。

    作ってみた感想としては思っていた以上にパーツの色分けが優秀で、
    デカールの量も一見ハンパ無いのですが、2カラー分入っているので、実際に使うのは半分で、
    さらに普通なら1枚だろうと思われるデカールがかなり細かく分割されている為多く見えるだけで、
    実際にデカール貼る箇所はそんなに多くなく、しかも1枚1枚がかなり小さいので
    たわみが出にくく貼りやすかったです。
    ただ、デカール細かく分割されているので、絵柄を合わせるのはかなり大変なのですが、
    一応説明書にデカールの貼る順番も記載されているので、その辺は何とかなりました。

    後、一番驚いたのは画像でも分かると思うのですが、
    このスタイルでこのポージングで普通に安定して自立するのはスゴイと感じました。

    横に写っているのはこちらでもたまに話題に上がっていたアニマギアで、
    僕もお店で見かけたので買ってみました。
    大きさ的にDTAと相性が良さげだったので、DTAのスティ子のサポートメカ的な感じに塗装してみました。
    一つ残念だったのは頭部が完成していて、接着剤が使われているので、
    塗装の為に分解するには破壊しなくてはなりませでした。

    このガオガイガールは前々から欲しいとは思っていたのですが、
    値段が高いのとガオガイガー見たことがないので、購入をためらっていたもので、
    近所のショップで安く売っているのを見かけ、今回のテーマにも合うしということで購入し、
    最初、どのように作るか悩んだのですが、
    ネットを調べてみたら以外にメタリック塗装している物が見つからなかったので、
    それならば皆さんの参考になればなぁと思いメタリック塗装で作ってみました。

    ちなみに塗装色は
    メタルレッド、メタルイエロー、メタルブラック、メタリックグレー、ダイヤモンドシルバー、
    肩の新幹線等は調色したメタリックカラーで塗装しています。

    後、後ろに写っているコトブキヤのMB-38 キャラスタンドが
    以前、別のガールズキットのスタンドとして買ったものなのですが、
    とにかく使い難くて、ギアで角度を調整するシステムで、
    いろんなキットで試してみたのですが、このスタンドに合うキットが見つかりませんでした。
    浮かせて飾ればいけるのですが、台座が小さいので浮かせるとかなり不安な感じになります。

    横に写っているぷちりっつはフェイトは全く分からないのですが、
    髪の毛の三色グラデーション塗装やってみたかったので、購入したものになります。
    値段もお手頃で髪のパーツもかなり大きので、髪の塗装の練習用にかなり優秀なキットだと思います。
    後、面白いスタンド台座も付いているので、ジオラマ塗装の練習にも向いているかと思います。

    お気づきになった方もいらっしゃるのではないかと思いますが、ガールズキットがちらほらと・・・、
    まさかコイツ今回投稿した作品をポンデカップにも使いまわしする気じゃねぇだろうなぁ
    と思ったのではないでしょうか・・・。
    気になる方は12月開催予定のちょこ丸さんのところのポンデカップをご覧になり、
    ご自身の目でお確かめくださいw。

    ということで、今回から画像枚数が20枚までならいくつでも作って良いといった感じだったので、
    制作中にあれも作りたいこれも作りたいといった感じで
    どんどん増えていきこのような結果になってしまいましたw。
    いくらいくつでも良いからって常識で考えろよって言われてしまいそうなので、
    次回からは気をつけたいと思います。

    それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。