ニコニコチャンネル

  • 異世界かるてっと2 ある日突如として現れた謎のボタンを押したら、さらなる異世界に転移してしまった!! 転移先は…まさかの「学校」!? 新たな転校生が加わり、更に賑やかさを増す学園生活の行方は…!?
  • 異世界かるてっと 「オーバーロード」「この素晴らしい世界に祝福を!」「Re:ゼロから始める異世界生活」「幼女戦記」。 総シリーズ累計1600万部超え、BD&DVDシリーズ総売上枚数50万枚超えを誇る4作品が、 ぷちキャラアニメになって大暴れ! ある日突如として現れた謎のボタン。ポチっと押すと、なんとさらなる異世界へ転移してしまう!! そこには他世界から転移したキャラクターたちも大集合していて…!? 監督・脚本≪芦名みのる≫、キャラクターデザイン・総作画監督≪たけはらみのる≫、アニメーション制作は≪スタジオぷYUKAI≫が担当。「ぷれぷれぷれあです」「Re:プチから始める異世界生活」「ようじょしぇんき」と、ぷちキャラアニメ界を牽引してきたスタッフ陣が、異世界系ライトノベル4作品のクロスオーバーアニメーションに挑む!
  • 仕掛人チャンネル どうもー!仕掛人でーっす! このチャンネルは、 ・生放送 ・動画 ・ブロマガ ・イベント を主に投稿していく有料チャンネルです。 ほとんど無料ですが、 イベント(グッズ)、アーカイブ動画、一部動画を有料にしています
  • ナナマル サンバツ 文蔵高校、新入生歓迎会。1年生の越山識は、クイズ研究会による<新入生早押しクイズ大会>に思いがけず参加させられてしまう。 読書好きで目立つことが嫌いな識が慌てるなか、同じクラスの深見真理は、クイズの問題が読み終わる前に次々とボタンを押しては、まわりを圧倒していく。 「答えがわかってから押してたんじゃ、全然遅いのよ。早押しは0.01秒の差が勝敗を分けるわ。」 そんな真理を見ているうちに、識は“クイズには答えを確定できるポイントがある”ことに気付く……。 クイズ研究会の先輩と仲間たち、圧倒的強さを誇るライバル・御来屋千智との出会い、正解したときの喜び、ボタンを押せなかった時の悔しさ…知識だけでなく、様々なテクニックを磨いて仲間とともに勝利を目指す≪競技クイズ≫の世界で越山識のクイズに青春をかける日々がスタートするのだった。 キミも、クイズ王にならないか!
  • あんハピ♪ 不憫な少女たちが今日も元気に繰り広げる励まし系コメディ。 〝負の業〟すなわち不幸を背負った生徒たちが集められたクラス、天之御船学園1年7組に入学した、 不運の花小泉杏(はなこ)、悲恋の雲雀丘瑠璃(ヒバリ)、不健康の久米川牡丹(ぼたん)、方向オンチの萩生響(ヒビキ)、女難の江古田蓮(レン)。 「しあわせ」になるべく高校生活を送ることになるが――
  • ベルセルク・ラジオ -鷹の団 勧誘部- 全世界熱狂のファンタジーコミック『ベルセルク』がついに映画化!2月4日の公開に先駆けてWebラジオもスタート!!パーソナリティの グリフィ ス役・櫻井孝宏さんとキャスカ役・行成とあさんが『鷹の団』の『勧誘部』を結成!リスナーのみなさんに『鷹の団』に入団していただき 『ベルセル ク』の世界にどっぷりハマってもらおうと、トークで勧誘します。『ベルセルク』の情報や見どころを紹介しつつ、作品を知らない方でも 楽しんでい ただけるラジオになっています。ゲストもどんどん呼んじゃいますのでお楽しみに!そしてこのラジオはただの音声ラジオじゃない! ?スタ ートボタンをクリックすると画面には…『ちょっとだけ動画な静止画ラジオ』名付けて『どうせいラジオ』(?)たっぷりと楽しんでいた だいたら、 『鷹の団』に入団してみませんか? http://www.berserkfilm.com
  • 岸和田少年愚連隊 女番哀歌(スケバンエレジイ) 岸和田最強の高校生・村山カオル(竹内力) は、四国番長・四万十(アンドレ)との決闘 に向かう途中、キョウコ(桜塚やっくん)率 いるスケバングループに絡まれるが、一蹴。 金ボタンの代わりにスカーフを奪い取る。し かし、この時、不在であった真のリーダー・ 全国総女番(スケバン)のミーコ(亜沙美) は激怒し、カオルが「女」と勘違いしたまま 一路、岸和田へ。 カオルが奪い取ったスカーフは、自称カオル の親友・ハッタリ(小沢和義)の手を経て、 薫子(松永裕子)という優等生の手に渡って いた。ミーコは薫子をカオルと勘違いし、殴 り掛かるが、偶然居合わせたカオルに吹っ飛 される。卒倒しながらも、ミーコはカオルに 一目惚れ。  ミーコ敗北のニュースが全国を駆け巡り、北 は北海道から南は九州まで、日本中のスケバ ン達が岸和田に集結しはじめる。 時を同じくして、島田組は岸和田の利権をか けて花沢組と決戦を迎えようとしていた。   この壮絶な戦い、そして、カオルとミーコの 恋の結末はいかに・・・。 (C) 2007 セディックインターナショナル