ニコニコチャンネル

  • 異世界チート魔術師 どこにでもいる普通の高校生・西村太一と、運動神経抜群でモデル体型の美少女・吾妻凛。 平和な高校生活を送っていた二人はある日突然、不思議な魔法陣の光に包まれ、見知らぬ土地へ迷い込んでしまう。 そこは恐ろしい魔物が生息し、獣人やドワーフ、エルフといった多様な種族が存在する、まるでファンタジーのような世界。 異世界へと導かれた太一と凛は、ここで生き抜くために「冒険者」になることを決意するが、 その適性検査で、二人が“チート”な魔力を持っていることが判明して……。
  • メルクストーリア -無気力少年と瓶の中の少女- モンスターの心を癒す力を持つ癒術士の少年・ユウは、幼い頃に父から不思議な瓶をプレゼントされる。ユウが瓶に触れると中から出てきたのは液体状の少女・メルク。そしてユウと出会う前の記憶がないメルクは自分が何者なのか知りたいと言い、2人はさまざまな国を巡る旅に出た。モンスター恐怖症の見習い癒術士ユウと、瓶詰め少女のメルクが巻き起こす2人のコミカルファンタジー開幕。
  • ラブ米 2期作 穀立稲穂学園に訪れた廃校の危機を救う為、主人公“ひのひかり”の呼びかけで結成されたハーベスター、 その名も“ラブライス”。 ライバルグループ“イーストキング”と食卓の人気を懸け、穀物の祭典“新嘗祭”にてハーベストショーで ぶつかりあった結果、お米もパンも食卓を共に盛り上げる仲間と認めあい、友情の証として“米粉パン”が 生まれた。そんな彼等の前に現れた黒い人影、そして一言。 「お米なんてもう、ご麺だ…」 そう、新たなライバルはもはや国民食とも言える醤油ラーメンのハーベスター、その名も“ショウ” 新入生の天才ルーキー“おいでまい”を始めまだまだ広がるラブ米の世界。 果たして食卓の平和はどうなる!?
  • セントールの悩み 姫こと君原姫乃は、恋に、部活に、勉強に…、ごく平凡な高校生活を送る女子高生。 ただ、違うのは彼女が、ケンタウロスの形態をしていること。 竜人の希、角人の羌子、翼人の委員長、蛇人のサスサスちゃん。 それぞれの形態をしたクラスメイトたちと楽しい高校生活を送っている。 姫の従妹の紫乃ちゃん、その友達のまきちゃん、委員長の4人の妹たちも登場して、“人間だけど人間じゃない”娘たちのキュートな日常が綴られていく♪
  • ひとりじめマイヒーロー なくしていたから、求めていた。『居場所』と『絆』をなによりも。 ヒーローは嫌いだった。自分の前には現れないから。そんなヘタレヤンキーの正広は、"熊殺し"の異名を持つ康介と出会う。 泣ける『居場所』を切望していた正広。力よりも優しい腕を広げたかった康介。 ぬくもりのなかで知った、眩しい感情。 ずっと一緒の約束が破られた。だから健介は支倉と絶交した。 けれど、支倉を忘れられなかった健介。健介の笑顔をもう一度見たかった支倉。 すれちがっていた心が、ひとつの『絆』になる。
  • ラブ米 -WE LOVE RICE- ハーベストショー。 それは、穀物たちが自身の美味しさを周囲にアピールするライブ。 ハーべスター。 それは、素晴らしいショーをする穀物に捧げられる称号。 減反政策に食の欧米化、穀物の人気がパンに取って代わられた昨今── 食卓は、パンのハーべスター『イーストキング』の独壇場となっていた。 廃校寸前の穀立稲穂学園に入学した新米5人は、 米の人気を取り戻すため『ラブライス』を結成。 イーストキングを超えるべく、ハーベストショーの練習に励む……。 お米を擬人化した、笑いあり・熱血ありのハートフル"米"ディ! 食卓に穀物は2つもいらない。どちらが真のハーべスターとなるのか?
  • えとたま  干支神。  動物を模した姿を持つ少女「えと娘」の中から選抜された12匹の神の使い。  古来より日本を護ってきた聖なる十二支。  60年に一度の干支神選抜祭・通称「ETM12」にて勝ち残った強者であり、  えと娘たちの憧れの存在である。  刻は流れて現代。  今年も干支神選抜祭「ETM12」が開催される。  日本全土から集まる数多の干支神候補=えと娘たち。  その中に、一匹の猫が存在した。  その名は、猫のえと娘「にゃ~たん」  もっとも干支神に近いといわれながら、ネズミ属に執拗に狙われ、  卑劣な罠により破れ続けてきた不遇のえと娘である。  干支神になる条件はたったひとつ。十二支全員に勝利すること。  しかし、干支神の力は強大であり、この二千年間、十二支全員に勝利したえと娘は  存在しない。  不遇のえと娘「にゃ~たん」と、  普通の高校生「天戸タケル」が出会うとき……物語は始まる!
  • 戦姫絶唱シンフォギア このアニメーションは、サウンドプロデュー スグループ「ElementsGarden」の代表を務め る上松範康と、ゲームクリエイターとして、 数々のシステムやシナリオをリリースしてき た金子彰史の、 「すべての中心に音楽が据えられた作品を作 りたい!」という想いが原作です。人類を脅 かす認定特異災害ノイズと、唯一ノイズに対 抗しうるシンフォギアシステムを身に纏った 少女たちの物語が、現代よりも少し未来の日 本を舞台に描かれます。少女たちは、理想を 胸に懐きます。少女たちは、現実に胸を痛め ます。突きつけられた過酷な状況に翻弄さ れ、それでも俯くことなくもがき続け、果て の無い地獄に挑む少女たちは、「歌」の持つ 力と、可能性を未来に信じて戦い続けます。 歌がドラマを掘り下げて、歌がバトルを彩 る。本格サウンドロマンアクション――戦姫絶 唱シンフォギア。――少女の歌には、血が流れ ている。戦う者たちに流れる血の熱さを、そ の目で確かめてください。