ニコニコチャンネル

  • RENDA(FRENZ・AEオフ) FRENZと、AEオフが、ワールドワイドで、グローバルに、エクストリームな、スペクタクルの、 エンターテインメントを、リアルタイムで、フレッシュに、ブロードキャストする、レンダリングトークショー   https://renda.live/   https://twitter.com/renda_jp   https://twitter.com/frenzbot   https://twitter.com/AE_OFF
  • 金田博之の「最新の経営理論を習得する低価格・実践型MBA学習サロン」 MBAは「ビジネス界の成功のパスポート」と呼ばれています。 しかし、そんなMBAを勉強したくても「お金(数百万円以上)」と「時間(2年以上)」が膨大にかかり、意欲があっても勉強の機会が作れない日本人がたくさんいます。 「MBAは役立たず」とも言われていますが、果たしてそうでしょうか? 今後、仕事での成功・成長を目指していく中で、経営全般の知識や経営フレームワークを学ぶことで、経営層や経営幹部層との「共通言語」がわかり、あなたの努力次第で、あなたにもその機会が来るようになります。 今なお変化するMBAの最新経営理論や経営フレームワークにキャッチアップし、自分自身の仕事に取り込むことで、今後の出世や昇級、そして仕事のチャンスにも大きく差が開きます。 「MBA学習サロン〜金田サロン」では、現在グローバル企業の最前線にいる金田博之氏が中心となり、新しい世の中のトレンドとリアルなグローバル体験談をタイムリーに発信。毎月1度、参加者中心でビジネススキルを一緒に学びます。 金田博之氏は、INSEAD大学でExecutive MBAを取得。現在、NASDAQ上場の外資系IT企業の日本法人代表で活躍し、8冊の書籍を出版。大学や企業からの講演経験が豊富。勉強会も定期的に開催し、参加者は累計1000名を超える経験豊富な講師でもあり、参加者主体のグループワークをファシリテーションもします。 「MBA学習サロン〜金田サロン」は講師・参加者との距離が非常に近く、継続的に現役のグローバル最前線のビジネスのリアリティや生々しさに触れることができます。共通の目的を持った参加者同士ですので、毎回の懇親会も盛り上がります。参加者同士の「遊び企画(大人の修学旅行)」も定期的に開催しています。 動画による復習も可能。「教えることは教えたから後は自分の力でなんとかしなさい」という感じではなく、万全なサポート体制で実践スピード、効果のスピードが早いです。すでに昇進したり、希望の部署に配属している参加者も多数います。 「MBA学習サロン〜金田サロン」は、金田博之氏の実践経験を惜しみなく出すことで、グローバル化が進む日本で活躍できる日本人を増やしていきたい志で成り立っています。
  • 金田博之の「時代に乗り遅れない!どんな会社でも結果が出せる法則」 LIFE SHIFT(100年時代)、LEADERSHIP5.0、最新のMBA理論など、私達の仕事のやり方やビジネスチャンスの変化はグローバルでの新しい理論やテクノロジーが起点になっているのが事実です。一方、こうした最新のトレンドをタイムリーに入手したくても言葉の壁や仕事の環境で出来ていない日本のビジネスパーソンが多いのも事実です。 こうした変化にキャッチアップし、自分自身の仕事に取り込むことができるか出来ないかで時代の変化に「適合」できるか時代に「取り残される」かが変わり、今後の出世や昇級、そして仕事のチャンスにも大きく差が開きます。 そこで、Harvard Business ReviewやForbes、TEDなどで紹介される様々なグローバル最新トレンドや、グローバル・ビジネスの最新舞台について、日本にいるだけ/海外のサイトやメディアに日々アクセスしないと取りに行けない内容を毎回発信していきます。こうしたグローバルのメディアやニュースソースから情報を取って差をつけようとしても「英語だから読めない」・「読んでも時間がかかる」・「読めても理解が難しい」人にとてもおすすめの内容です。 現在、NASDAQ上場の外資系IT企業の日本法人代表で活躍し、8冊の書籍を出版。大学や企業からの講演経験が豊富で、勉強会も定期的に開催し、参加者は累計1000名を超える金田博之がニコニコチャンネルに登場。グローバル前線で経験する新しい世の中のトレンドとリアルなグローバル体験談をタイムリーに発信し、毎月1度、ビジネススキルを一緒に学ぶ講座を実施します。 チャンネル会員に登録した方は、過去に金田博之が開いた7本の勉強会の動画が見放題! グローバル人材を目指すビジネスマンにとって必須の情報が盛りだくさんです! ぜひご覧ください! 【会員無料動画一覧】 ・金田流タイムマネジメント術 ・海外出張、基本の「き」 ・アウトプット力を高める「疑問」の蓄積 ・目標の「高次元化」が成長のキーワード ・2019年に圧倒的にライバルに差をつける読書術 ・初速思考 ・外資系のスピード感をいかに日本企業で導入するか?