ニコニコチャンネル

  • 青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない 原作は累計発行部数100万部を超える鴨志田 一の人気小説“青春ブタ野郎”シリーズ。 2018年10月よりTVアニメ「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」が放送を開始。 独創的なストーリー展開と巧みな心理描写が大きな話題を呼びました。 そして2019年初夏、待望の続編がスクリーンに登場。 監督は「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦」等、数多くの作品を手掛ける増井壮一。 脚本は「劇場版 Free! Take Your Marks」で知られる横谷昌宏。 アニメーション制作は「PERSONA5 the Animation」のCloverWorksが担当し、 感涙の思春期ファンタジーを描き切ります。
  • 劇場版「王室教師ハイネ」 アニメ声優と2.5次元舞台俳優を同一キャスティングしたことで話題となった『王室教師ハイネ』が、原作・赤井ヒガサ監修のオリジナルストーリーで、初の劇場アニメ化!! TVアニメと同様、監督・菊池カツヤが教鞭をとり、キャストには、植田圭輔、安里勇哉、安達勇人、廣瀬大介、蒼井翔太と、声優・舞台・アーティストなど幅広く活躍中の、今をトキメク豪華俳優陣が再集結! そして新たな劇場版オリジナルキャラクター「双子王子」を迎え、今度はスクリーンにて授業開始――!!
  • 劇場版 Free!-Timeless Medley- 第5回京都アニメーション大賞奨励賞受賞作「ハイ☆スピード!」を原案として生まれたTVアニメ「Free!」シリーズ。 水泳にかける少年たちの熱い想いや繊細な心のやりとりを描いた物語が、2本の劇場版として再構築され、新規エピソードとともにスクリーンに登場する! 一度は立ち止まってしまっていた遙は、真琴、渚、怜とともにかけがえのない時を刻む「劇場版 Free! -Timeless Medley- 絆」。 夢に向かって泳ぎ続けることを決意した凛が、親友の宗介との過去の思いに向き合う「劇場版 Free! -Timeless Medley- 約束」。 そして、未来へ向かって歩み出した遙たちの物語は「特別版 Free! -Take Your Marks-」という新たなスタート台へと続く――!
  • アロウズスクリーン インターネット無料動画サイト ARROWS-SCREENではエンタメ動画を力いっぱい配信中! アロウズスクリーンHP:http://arrows-screen.com/ ニコニコチャンネル:http://ch.nicovideo.jp/arrows-screen/ youtube :https://www.youtube.com/user/arrowsscreen/
  • 劇場版FAIRY TAIL -DRAGON CRY- 「週刊少年マガジン」で連載中の大人気コミック『FAIRY TAIL』の新たな物語がスクリーンに刻まれる。 2006年に連載が始まった『FAIRY TAIL』は、幅広い年齢層に愛され、TVアニメは全277話という長期に渡り放送され、 さらには海外からも高い評価を受け、全世界累計発行部数6000万部を超える大ベストセラーとなった。そして、今回の劇場版は、原作者・真島ヒロが自ら描き下ろした約200ページに及ぶ渾身のネームを基に創られたオリジナルストーリーだ。 断崖絶壁に囲まれた孤島・ステラ王国を舞台に、ナツやルーシィたちおなじみのメンバーに加え、魅力的な劇場版オリジナルキャラクターたちがスクリーンを彩る。 連載中の原作は既に最終章に突入!! 興奮と感動が加速する中、その起源(ルーツ)がスクリーンで遂に明かされる!?
  • 劇場版「黒執事 Book of the Atlantic」 枢やな原作、全世界累計2300万部を超えるベストセラーコミック「黒執事」待望の劇場アニメーション化! 2008年TVアニメ「黒執事」、2010年TVアニメ「黒執事Ⅱ」、2014年TVアニメ「黒執事Book of Circus」&OVA「黒執事Book of Murder」と、4度のアニメーション化を経て、ついに原作屈指の人気エピソード『豪華客船編』が劇場版アニメーションとなってスクリーンに登場。
  • チェインクロニクル-ヘクセイタスの閃- 2016年冬、“ファンタジー”の新機軸、誕生-。 『ロード・オブ・ザ・リング』『アルスラーン戦記』などに続く 新たなファンタジー作品が2016年、冬に誕生する。 2013年、7月26日にスマホRPGゲームとしてサービスがスタートした「チェインクロニクル」。 総ダウンロード数500万を超える大人気RPGとして3年経った今なお伝説のRPGゲームとして君臨し続けている。 その「チェンクロ」が遂にアニメ化しTV、劇場でその壮大なる物語を紡いでいく。 ユグド大陸で繰り広げられる闘い、数多くのキャラクターを作り上げたのは「BLEACH」の工藤昌史監督。 そしてその世界に命を吹き込んだのが「ルパン三世」のテレコム・アニメーションと『楽園追放』のグラフィニカ。 2Dセル調の作画と3DCGの何層にも渡る見事な融合により“チェンクロ”の世界観を表現することに成功している。 またゲームではプレイヤー自身だった主人公ユーリに石田彰、旅を共にするフィーナに佐倉綾音、 ピリカに内田真礼とゲームのオリジナルキャストも参加。 そしてアニメ化にあたり新たに義勇軍に加わった新キャラクター、 アラムを山下大輝が演じ上げる。 “チェンクロ”が作り上げるファンタジーの新機軸を是非ともスクリーンで体感して頂きたい。
  • キュートランスフォーマー とあるサービスエリアに集まって話し合うオプティマスプライム、バンブルビー、ロックダウン。 記念すべきトランスフォーマー30周年を迎えるにあたり、 “希代の無理ゲー”と名高いファミコンゲーム『コンボイの謎』がリメイクされた事について語り始める。 そして「『コンボイの謎』は何がいけなかったのか?」を理解しようと伝説の無理ゲー『コンボイの謎』をテーマに、レトロゲーム&クソゲーあるあるトークを展開していく。 企画:田島豊(株式会社タカラトミー) 椎木隆太(株式会社ディー・エル・イー)江口文治郎(株式会社ディー・エル・イー)Duncan J. Billing (Hasbro) 監督・脚本:石ダテコー太郎 構成協力:平間邦修 作画監督:鈴木豆 背景:藤岡早苗 録音調整:常川総一 音楽 :Hajime(fromLiLi) 音響効果:徳永義明 プロデューサー:小縣拓馬(株式会社タカラトミー)芦塚明子(株式会社ディー・エル・イー) オープニングテーマ:OLDCODEX オープニングアニメーション制作:6次元アニメーション アニメーション制作:DLE 製作:キュートランスフォーマープロジェクト ~キャスト~ オプティマスプライム:細谷佳正 バンブルビー:木村良平 ロックダウン:鈴木達央 ~ゲストキャスト~ ランボル&サンストリーカー:中村悠一 プロール:井上剛 ホットロディマス:小野賢章 ホイルジャック:福島潤 マイスター:遊佐浩二 アラート:鳥海浩輔 スモークスクリーン:内山昂輝 ブルーストリーク:片山福十郎 トラックス:保志総一朗 ウルトラマグナス:石田彰
  • 聖☆おにいさん ダジャレやお笑いをこよなく愛し、新しいモノ好きな浪費家イエスと、自分とお金に厳しく、シルクスクリーンでTシャツを作るのが大好きなブッダ。 世紀末を無事に超えた二人は、東京・立川のアパートをシェアし、日本の四季を堪能しながら下界でバカンスを過ごしていた。 二人はマイペースに日常生活をエンジョイしているが、ついつい神パワーを発揮し、あちこちでセイントな奇跡を起こしてしまう。 そんな“最聖”コンビと、大家の松田さんや近所の子供たち、ハッスル通り商店街の面々も交えた、立川デイズ。 それはまさに聖人級のミラクルな笑いに満ちていた――!
  • こども刑事めめたん 赤ん坊にしか見えない新人刑事・めめたんが鳥取と奇跡のコラボ!脱力系の日常コメディ。 鳥取県内の観光&名産など、鳥取県とのコラボがふんだんに盛り込まれているのが、作品の見どころのひとつになっています。番組後半には鳥取県ローカルの“ふたりでひとつ”なアイドルユニット「Chelip(チェリップ)」が出演する「めめたん&Chelipのとっとり探訪!」というミニコーナーが見られます。さて、今回はどこを探訪するのか!? 純鳥取県産アニメ! Made by とっとり100%(※) ※鳥取県制作×鳥取県出身の漫画家×アニメを鳥取県内企業で制作×出演者×ロケ地など!
  • 劇場版 シドニアの騎士 世界が絶賛したアニメーションの新機軸。あなたはシドニアで宇宙を体感する— 国内のみならずハリウッド監督などからも高い評価を受ける漫画家・弐瓶勉の代表作を、日本最大手のデジタルアニメーションスタジオ、ポリゴン・ピクチュアズがアニメ化し、世界50ヶ国以上で大好評を博している「シドニアの騎士」。元々スクリーンサイズのクリオリティで制作された全12話を、 監督・静野孔文が自ら劇場公開用に再構成! 未公開のアングルカットを多数追加し、音響効果も再制作するなど、更なるクオリティアップが施された本作。主人公・谷風(たにかぜ)長道(ながて)、ヒロイン・星白(ほしじろ)閑(しずか)など、 魅力あふれるキャラクターたちが、スクリーンの中で生き生きと描かれる姿は必見!
  • スタードライバー THE MOVIE 銀河美少年、ここに輝く。 静かに雪が降る、東京・新宿。高層ビルの狭間に現れる、巨大な影。 威容を見せつけるかのように立つそれは、人々から《サイバディ》と呼ばれていた。 《ゼロ時間》の封印から解き放たれたサイバディが、現実世界へと侵攻を始めたのだ。 しかしそこに、ひとりの少年が颯爽と登場する―。 輝く白いコスチュームに身を包んだ彼の名は、ツナシ・タクト。 そして彼の姿を見守るのは、シンドウ・スガタとアゲマキ・ワコ。『スタードライバー THE MOVIE』は、 運命の糸で結びつけられた彼ら3人が出会い、経験してきた道のりを綴った、青春の物語だ。 青い海と空に囲まれた南海の孤島《南十字島》にタクトが辿り着くところから、物語は幕を開ける。 新たなステージへの期待を胸に、島の学園で高校生活をスタートさせるタクト。 だが島の地下には多数のサイバディが眠り、その力を巡り《綺羅星十字団》が暗躍していた―。 サイバディの封印を司る《四方の巫女》のひとりであるワコや、ワコの婚約者であるスガタと出会ったタクトは、 すべてのサイバディを破壊してワコを宿命の呪縛から救うため、自らサイバディ《タウバーン》に乗り込み戦いの日々へと乗り出していく。 しかし、スガタが最強のサイバディ《キング・ザメク》を受け継ぐ者であることは、物語を予想だにしない方向へと導いて―。 ときにすれ違い、ときに激しくぶつかりあう、少年少女たちの思いと願い。 巫女たちの歌声とともに繰り広げられる、濃厚なドラマと迫力のロボットアクション。 「青春の謳歌」をキーワードに大スクリーンで描かれる、熱く流麗なるストーリー。 そして彼らがまだ見ぬ空の、さらに先へ――人生という冒険は続く。
  • 映画『二流小説家 -シリアリスト-』 6月15日(土)公開の映画『二流小説家 -シリアリスト-』のオフィシャルチャンネルです。 こんなミステリー映画を待っていた!「このミステリーがすごい! 2012年版(海外編)第一位」、「週刊文春ミステリーベスト10 2011年(海外部門)第一位」、「ミステリーが読みたい! 2012年(海外篇)第一位」という、海外ミステリー部門として初の三冠達成に輝いた、デイヴィッド・ゴードン著『二流小説家』。 ミステリー史に輝く数々の名作──『羊たちの沈黙』『ミザリー』『ボーン・コレクター』『ダ・ヴィンチ・コード』……といった名だたる作品が成し得なかった三冠を獲得した話題作だ。 さらに、デビュー作であるにもかかわらず、ミステリー&サスペンス小説の賞としてもっとも歴史と権威のあるアメリカ探偵作家クラブ最優秀新人賞ノミネートも手にした未曾有の傑作。 そんな世界が注目する新時代ミステリー小説が、この夏、日本映画としてスクリーンに登場する!
  • 犬のおまわりさん てのひらワンコ3D 2011年8月27日(土)より、“生命を感じる”全国フル3Dロードショー! 「ネコナデ」「幼獣マメシバ」「ねこタクシー」「犬飼さんちの犬」と、年々成長を続けるAMGの「動物シリーズ」。シリーズ番外編として2 011年1月 に劇場公開された「ねこばん3D」は親子連れを中心にスマッシュヒットを記録した。その第2弾にあたる本作は、動物シリーズでの経験と3 D技術を集 約した新たな作品となる。 興業界で活況を呈する3D映画は「迫力」や「臨場感」を売りにしている。本作は3D技術を目の前にある「ぬくもり」や「肌感」のリアリテ ィに特化。 仔犬のフワフワな体毛から肉球のふくらみまで、ハッキリ手に取るように見ることで、生き物に命を感じることができる。 主演愛沢健を演じるのは旬な若手俳優「中尾明慶」。2000年に子役デビューして以来、数々の人気ドラマに出演し、あらゆる世代から愛される 実力派。本 作品が満を持してのスクリーン初主演となる。さらに、個性派俳優の川原和久、中村ゆりのほか、髭男爵、伊藤裕子、螢雪次朗など豪華共演陣 が物語を彩 る。 <ストーリー> 愛沢健(中尾明慶)は、まだ新米のおまわりさん。毎日事件も無く、退屈な日々。ある日、少年が交番にゴールデンレトリバーの赤ちゃん「チ ョボ」を連 れてきた。遺失物法が改正されて以来、交番では犬は預かれなくなったこと、また、センターに預けても、引き取り手が現れない場合1週間で 殺処分され てしまう事を聞かされる。気が付くと、健は子犬を、ペット禁止の自宅アパートに連れて来てしまっていた。しかし、初めて犬を飼う健は子犬 に翻弄され っぱなし。しかも、「チョボ」の兄弟が見つかり、子犬3匹の面倒を一度にみることになってしまう・・・
  • テレビばかり見てると馬鹿になる 人生なんて、暇つぶし。 人気セクシー女優・穂花(ほのか)、待望のスクリーン・デビュー!!山本直樹×亀井亨で贈る新時代エンタテインメント! 有紀(穂花)はゴミだらけの狭いワンルームで、テレビを見ては眠りにつくという生活を続けてもう5年になる。 訪ねて来るものといえば、NHKの集金と実家の母親から送られてくる食料の配達。そして、伊藤(三浦アキフミ)と山崎(大橋てつじ)の2人だけ。 伊藤はインターネット上で有紀と知り合い、彼女の部屋に小型カメラを設置し、ネット配信している男。定期的にやって来ては、カメラによく映るようにして有紀を抱く。有紀は習慣としてご飯を食べる。お腹が満たされれば、また眠る事が出来る・・・ただ、それだけ。夜通しテレビを眺め、やがて朝が来る。 そこに、母親から頼まれ、有紀を社会復帰させようと、カウンセラーの馬戸(田村泰二郎)が現われる。「テレビばかり見てると馬鹿になりますよ」と、あれこれ話しかけるが「ぬかに釘」である。そんな有紀に馬戸はシンプルな提案をする。じゃんけんをして、負けたほうが外に出ると。だがその時、凶暴で少し頭の弱い山崎が現われた…。