ニコニコチャンネル

ネットワークに関連するチャンネルを検索しました。ネットワークのみを検索する
  • 君は彼方 高校2年生の澪は学校の授業は適度に手を抜き、宿題もとりあえず後回し、本気で努力することが苦手な女の子。 幼馴染の新と親友の円佳と、放課後は池袋で遊んで、それなりに楽しく生きていた。 そんなある日、円佳に新のことが好きだと告げられた澪は、自分も新の事が好きだったことに気づく。 でも、3人の関係が崩れることが怖くなり「応援する」と伝えてしまった。 どうしたら良いのか分からなくなった澪は、新にワザとよそよそしい態度を取ってしまい2人はケンカに。 すれ違いの中で、自分の気持ちから逃げてばかりだったことに気が付いた澪は、 新と向き合うことを決め、仲直りをしようと雨の中を新の元へ向かう途中、交通事故に遭ってしまう。 澪が意識を取り戻し、目を開けると、そこには不思議な世界が。 海の上を走る電車、横を綺麗なクジラが泳いでいる・・・。 見たこともない場所。 電車が駅に到着し改札を出ると、今度は見慣れた池袋の街並みが広がっている!けど、どこか変。 不安になりながらも街を歩くと、澪は「この世界のガイドだ」と名乗るギーモンと出会う。 ギーモンから澪は<世の境>にいると説明され、望む世界に行けるという扉を開かせようとした、その時。 謎の女の子・菊ちゃんに引き留められた澪は<世の境>から本当に抜けられる方法は<忘れ物口>と呼ばれる場所に行き、 元の世界での大切な思い出の中にある“忘れ物”と、帰りたい強い“想い”を伝えることだと教えられる。 ギーモンと菊ちゃんと共に<忘れ物口>を探し出した澪だったが、何故か“大切な思い出”が分からない。 答えられず戸惑う澪を残し、係員は消えてしまった。 澪は新の元に戻るための唯一の手段、 “大切な忘れ物”を思い出で溢れた“誰もいない池袋”の街で辿ることとなる――
  • 中島孝志のインテリジェンス時事放談 自身の著訳書500冊超(電子書籍120冊超)、政財界有名人出版プロデュース500人超、年間読書量3000冊の作家・ジャーナリスト・経営コンサルタント・キーマンネットワーク主宰の中島孝志が、日本と世界の政治、経済、社会、軍事、市場、その他の時事問題などホットな話題を、マスコミが絶対に伝えない真のインテリジェンスでお伝えする情報チャンネルです。
  • ゲーセンXTV オールドゲームから最新ゲームを、ゲームが大好きな声優(篠田有香,赤星真衣子)が実況! 番組キャストや製作スタッフのネットワークを活用して、ゲームメーカーさんを訪問し、新作紹介やゲームプレイを配信!もしかしたら特別プレゼントも!?
  • 遊☆戯☆王VRAINS ネットワークシステムが発達した都市Den City(デンシ ティ )。そこでは大企業『SOLテクノロジー社』が作り上げた高度なネットワーク技術により、 『LINK VRAINS(リンク ヴレインズ )』と呼ばれる VR 空間が構築され、人々はその空間での新たなデュエル体験に熱狂していた。 『LINK VRAINS(リンク ヴレインズ )』に、デュエルによるハッキングを仕掛ける謎のハッカー集団『ハノイの騎士』が現れる。彼らの狙いはネットワークのどこかに存在するという『AI たちの世界=サイバース』 を滅亡させる事にあった。 しかしそんな 『LINK VRAINS(リンク ヴレインズ )』の脅威に立ちはだかる1人のデュエリストがいた。 彼の名は“ Playmaker”。圧倒的なデュエルで『ハノイの騎士』を倒し、何も語らずに去っていく彼の名は、ネットワーク世界で一躍有名になる。 その“ Playmaker”の正体である高校生『藤木遊作』は、過去に起きた事件の真相を探すため、VRAINSに出没する『ハノイの騎士』を追っていたのだった。
  • Voice Love Network “Voice Love Network”は声優プロダクションが中心となり、各社お勧めの声優情報やここだけしか聞けない楽しい番組をインターネットで放送中です!
  • 久野潤チャンネル 久野潤チャンネル:日本近現代史の研究者、政治学者、歴史学者である久野潤が時事問題から歴史、サブカルまで、ノンストップかつ縦横無尽に語り尽くす番組。日本全国に渡るフィールドワークにより培った芳醇なネットワークを活かした、多彩なゲストを迎えた特番も。
  • ヤンキームービーチャンネル B→ONシリーズ ほかヤンキー系映像を配信!
  • 新春ニコ生 ネ申曲∞ループ祭 2016年元旦から連日お届けする 『新春ニコ生 ネ申曲∞ループ祭 '2016』 運営の選んだ"ネ申曲"の ミュージックビデオやライブ映像、リミックスなど 様々なバリエーションの映像や音源をループでお送りする企画。 心に残る曲をみんなで一緒に聞いてコメントで盛り上がろう!
  • 佐藤尊徳の俺にも言わせろ! 当チャンネルでは、ウェブメディア「政経電論」の尊徳編集長が編集員と世の中の出来事についてしゃべります。ときには二十数年間経済誌を手掛けてきたネットワークを生かしたゲストを招き、政治や経済のタイムリーな話題を討論します。ブログやメルマガではビジネスに役に立つ情報を発信。 ――「政経電論」編集長:佐藤尊德(さとうそんとく) 1967年11月26日生まれ。神奈川県出身。明治大学商学部卒。1991年、経済界入社。創業者・佐藤正忠氏の随行秘書を務め、人脈の作り方を学びネットワークを広げる。雑誌『経済界』の編集長も務める。2013年、経済界を退職し株式会社損得舎を設立、電子雑誌『政経電論』を立ち上げる。 趣味はスキー(コブ)と競馬と野球観戦。 https://seikeidenron.jp/
  • janog.tv JANOG (JApan Network Operators' Group)の本会議を配信するチャンネルです。
  • ラシンクチャンネル 私たちは積極的なdelete(削除)を行うことで厳選の逸品を選択。 その逸品を”羅針盤”となってあなたへ指し示します。 羅針盤(ラシンク)を使って あなたが探していた逸品を最短ルートで見つけてみませんか? ラシンクを運営するのは、「ニンジニアネットワーク株式会社」。 1991年に創立。法人のお客様を対象にリサイクルトナーやプリンタラベル、オフィス用品・紙製品などのカタログ通信販売、オンラインショッピングサイトを運営しています。 「オフィスのコンシェルジュ(=案内人)」として価格・品質・魅力の面で最もお勧めできる1品を選びお客様に提供しています。 モットーは「世の中のニーズの30センチ先を行く」。 自由なアイディアと感性で、新しく魅力ある「価値」を創りだし走り続けています。
  • スペースシャワーミュージック 株式会社スペースシャワーネットワークの音楽レーベル&ディストリビューション&マネジメント事業部門、SPACE SHOWER MUSIC(スペースシャワーミュージック)が運営する公式チャンネルです。
  • 熊坂義裕 ふくしま県民のわ・ネットワーク 熊坂義裕を応援する公式団体「ふくしま県民のわ・ネットワーク」のチャンネルです。政策発表や熊坂義裕に関連する放送をしていきます。
  • アドベンチャー・タイム 優しい色とタッチで描かれた不思議な世界を舞台に、ヒーローになりたいと願う少年・フィン(声:朴璐美)と、特別な力が使える相棒犬のジェイク(声:斎藤志郎)が大活躍。アメリカをはじめ全世界で 大流行中の人気アニメがニコ動に登場。カワイイ絵柄に騙されて子供向けと思ったら大間違い!大人がツッコミを入れながら、時にほろりとしながら楽しめる本物のエンターテインメント!
  • NTT R&D チャンネル NTTの研究所が取り組んでいるR&Dアクティビティをご紹介いたします。 世間で注目され、関心を持たれているR&Dにかかわる「キーワード」は数多くあります。単語は知っていても、人に説明できるかと言われれば困惑する方も多いと思われます。このチャンネルでは、人びとの豊かな暮らしに貢献する研究開発を推進するNTTが、それらのキーワードに対してどうかかわり、また成果をあげているのかを、わかりやすく紹介していきたいと思います。ニコ生放送スケジュールはブロマガにて随時告知させていただきます。
  • プラネックスチャンネル 無線LAN機器も一般的になってきましたがまだまだ「Wi-Fiってなんなの?」という人も大勢います。 そんな疑問に答えつつ、製品情報もお伝えして参ります。
  • のりこえねっとTV ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク、「のりこえねっと」が発信する公式番組です。
  • MIAUチャンネル 一般社団法人インターネットユーザー協会(MIAU)のチャンネルです。インターネットを巡る諸問題についての解説番組やトークイベント、セミナーなどの生中継を行いま す。
  • 港北ふるさとチャンネル 地域には、文化財、史跡、歴史的なお祭りや行事などがたくさんあります。新しい文化の発展の中で、それらの貴重な文化遺産が語り継がれることなく人々の記憶から忘れ去られようとしています。また、地元の歴史を知らずに生活をしている人々も多くいます。 本にも書かれていない、地元の長老しか知らないような地域の昔話、文化財に指定されていない文化財、祭りなど、貴重な文化遺産が風化してしまう前に、高画質なハイビジョン映像に記録して保存して行きたいと考えています。 そしてその映像が、「ふるさと」としての港北区を再発見するきっかけになって欲しいと願っています。さらには、教育現場や生涯学習などの教材に活かされれば、さらに地域に貢献できると考えています。私たちの主な活動としては、 (1) 映像の記録保存(港北映像アーカイブス) 「今」を撮影しておけば、10年後、20年後、その映像は、10年前、20年前の貴重な映像になるはずです。古い映像を発掘する活動ももちろん必要なことですが、私たちは「今」を記録して行きたいと思っています。私たちの記録した映像は「港北映像アーカイブス」に保存され、将来的には「映像の図書館」を目指しています。 (2) 映像作品の制作 オリジナル番組「港北ふるさと散歩」やその他の映画やドキュメンタリー作品、また、生涯学習の講座用の映像などを制作し、ブルーレイやDVDで 頒布しています。 (3) インターネット放送局の運用 著作権、肖像権の問題のない映像については、インターネット放送局にて動画配信をおこなっています。また、インターネットを通じて、さらにネットワークを広げて行きたいと思っています。 (4) 港北ふるさと映画祭 テレビや映画館などでは観ることのできない、地域映像を鑑賞する「港北ふるさと映画祭」を毎年港北公会堂で開催しています。 2011年度は、小川港北区長、地元在住女優の五大路子さんにもスペシャルゲストとしてごあいさつをしていただきました。 (5) テレビ局への映像提供 また、テレビ局への地域のニュース素材の提供など、ニュース番組の制作にも協力しています。
  • 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭 「東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」は、1992年より毎年開催されている、セクシュアル・マイノリティ界でも歴史あるイベントです。  1991年に国際連絡会議ILGA(International Lesbian&Gay Association)の日本における支援・参加団体であるILGA日本に加盟する非営利団体として発足し、以降年一回、「東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」を開催しています。ここまで大規模なイベントの運営のすべてを、ボランティアスタッフのみで行っているのも大きな特長で、映画業界内でも驚きの声を頂いております。  私たちは、一般上映される機会の少ないセクシュアリティやジェンダーをテーマにした優れた作品を紹介し、映像文化創造に貢献することをその趣旨としています。また、作品の上映を通してセクシュアル・マイノリティやHIV/AIDSに関する偏見や誤解を解き、より多様で自由な社会を創出するための教育と情報提供の場となることを目指します。加えて、海外の作家や世界各国のセクシュアル・マイノリティ映画祭とのコラボレーションを通じて、幅広いネットワークを構築し、芸術の国際交流をより活発に促進することを目的としています。  1992年に第一回目を開催以降、回を重ねるごとに開催規模が大きくなり、映画の質も向上してきました。また異性愛者の観客も増え、現在ではセクシュアル・マイノリティである人たち自身が楽しむための「お祭」でありつつ、異性愛者たちと共にセクシュアル・マイノリティの豊かなカルチャーに気軽に触れることのできる「アートイベント」として定着しています。 文化庁や各国大使館などからのご支援もいただき、社会的にも認められた映画祭として歩んでいます。  世界にはセクシュアル・マイノリティをテーマとした映画祭は150以上ありますが、同種の映画祭の中では、当映画祭は観客動員数において「アジア最大規模」を誇っています。  その人気の秘密はもちろんクオリティの高い映像作品と、他では体験することのできないイベントの数々。世界中から選りすぐりの作品を上映します!
  • パケキャプ Wiresharkを中心としたパケットキャプチャ技術と無線・有線LANの解析情報をお届けします。最新の解析製品やセミナーの情報も公開しております。
  • PurpleDays 石坂翔太(Keyboard) 1986.8.12 吉田ワタル(Vocal) 1986.8.17 鈴木俊彦(Guitar) 1987.3.11 2006年、石坂が友人である鈴木を誘い、楽曲製作/バンド活動を開始。 半年後、共通の友人の紹介で、吉田ワタルが加入。ユニット名を「Purple Days」とし2007年、本格的に活動を始める。 その才能を小室哲哉氏に見出され、結成半年にしてTM NETWORKのコンサートにゲスト出演。 数千人の観客の中、ライブを披露し、大きな話題を呼んだ。 2009年にavex/tearbridgeと契約し、 コンベンションライブ「avex new comer showcase」に出演。 全国のディーラー、媒体関係者に荒削りながらも堂々としたパフォーマンスを披露し、その才能の片鱗を見せ付けた。 古来より気高く神秘的だとされた“紫色”は現代の音楽シーンで新しい輝きを放つ“Purple Days”彼らの存在そのもの。 その3人が紡ぎだすサウンドは、日本人の心に深く突き刺さり、懐かしくも美しい高揚感を呼び起こす。 連綿と続くデジタルサウンド・ロックユニットの系譜を受け継ぐ彼らが、“群れになって咲く=「群ら」「咲き」“その語源のとおり、ファンと ともにひとつの大きな花を咲かせ、新たな歴史の開拓に名乗りをあげる。
  • 情報法チャンネル 情報ネットワークに関する法と技術の問題を、時々のテーマをとりあげながら解説したり、問題提起を行います。新潟大学法学部教授の鈴木正朝と産業技術総合研究所主任研究員の高木浩光とブロガーの山本一郎(やまもといちろう)を中心にテーマに応じたゲストをお迎えしながら動画配信を行うとともに、各種論考を等を発表していきます。その他、関係するシンポジウムやセミナーを配信します。
  • 石川 温の「スマホ業界新聞」 「いま、スマートフォン業界に何が起こっているのか」 アップル・iPhoneの噂話から、Androidスマートフォンの新製品情報、キャリアの新サービスや海外市場の動向、ネットワーク障害まで、 スマホ業界には連日、ニュースがあふれている。日々、発信されるスマホのニュースはどれを読んだらいいのかわからないのが現状。ケ ー タイ・スマートフォンジャーナリストの石川 温が独自の取材網で集めた情報を厳選し、わかりやすく深い視点でスマホニュースを切って いく「スマホ業界人の必読紙」。
  • オガワカズヒロチャンネル オガワカズヒロは、商品企画、販促支援、パッケージデザイン、広報戦略、商品あるいは企業全体のブランディングなどを手がけるクリエイティブ ユニットです。 シリアルアントレプレナーとしてさまざまな事業企画を手がけてきた小川浩と、ソーシャル&モバイルマーケティングで業界に革新的なソリューシ ョンを提供し続ける小川和也の二人の"オガワ"によって結成されまし た。 インターネットビジネスの最新情報やベンチャー事業などの最旬のトピックをとりあげていきます。
  • アクセル・ワールド "2046年、ニューロリンカーと呼ばれる 携帯端末を用いることで生活の多くが仮想 ネットワーク上で行われるようになった世界。 だが、どんなに時代が進んでも「いじめら れっ子」はなくならない……。ハルユキもそん な中学内格差(スクールカースト)最底辺に 位置する一人であった。 ローカルネットの片隅で、ひたすらにスカッ シュゲームに打ち込むだけの暗く陰鬱な日々 を過ごしていた彼だったが、ある日突然、校 内一の有名人《黒雪姫》に声をかけられる。 「もっと先へ――《加速》したくはないか、少年」 彼女から謎のプログラム《ブレイン・バース ト》を託され、《加速世界》の秘密を教えられ たハルユキは、黒雪姫の『騎士』として戦う ことを決意する……!!"