ニコニコチャンネル

リレーに関連するチャンネルを検索しました。リレーのみを検索する
  • Free!-Dive to the Future- 飛び込め、未来へ──!! 2013年7月、TVシリーズとして幕を開けた『Free!』。 水と泳ぐことに特別な思いを見出している七瀬遙。 遙を水の世界へ導いた橘真琴。競泳の世界へ誘った松岡凛。 彼らは水泳によって仲間と出会い、時にすれ違いぶつかり合いながらも、想いをつないだ先で“見たことのない景色”にたどり着いた。 翌年、続編にあたる『Free! -Eternal Summer-』(2014年7月)が放送。 高校生最後の夏、遙は、将来への思いに戸惑いながらも、かけがえのない仲間と大切な絆を結び、それぞれが目指す“次のスタート”を決めた。 その後、『Free!』の前日譚にあたる『映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-』(2015年12月)で、遙の中学生時代が紐解かれる。 少年から青年へと移ろうあわいの季節。 遙は、桐嶋郁弥、椎名旭という新たな仲間と出会い、もう一つの最高のチームで泳ぐ喜びを知った。 2017年10月に公開された『特別版 Free!-Take Your Marks-』では、高校卒業を控えた遙たちの何気ない日々が描かれた。 そして、2018年7月。 夏の訪れとともに、『Free!』シリーズは、ついに“新章”へ突入する! 高校を卒業し、水泳でつないだ絆を胸にそれぞれの未来へ歩み出した遙たち。 遙は東京で、かつてともにリレーを泳いだ旭と再会する。 中学生の記憶を呼び覚ます遙。その胸に蘇ったのは“あの時”の郁弥の姿だった。 遙とともに上京した真琴は、新たな夢に向かって進み始め、 シドニーへ旅立った凛は、新天地で意外な出会いを果たす。 それぞれの未来で彼らを待ち受けていたのは、新たな戦いか。 それとも、残してきた過去との対峙か……? 小学生、中学生、高校生、──そして大学生へ。 遙たちが水の中で紡いできた 友情と青春の物語は『Free!-Dive to the Future-』で、ひとつになる!
  • 王様ゲーム The Animation 遠く離れた高校に転校してきた金沢伸明は、前の学校で経験したある出来事が原因で、クラスメ イト達と親しくなることを恐れ、心を閉ざしていたが、体育祭でのクラス対抗リレーをきっかけに 打ち解けはじめていた。  そんな中、クラスメイト全員の携帯に「王様」と名乗るモノからの一通のメールが届く。単なる いたずらだと思って真面目に受け止めないクラスメイト達だったが、その意味を知る伸明だけは、 これから始まる「死」のゲームに立ち向かおうと葛藤するのだった…。
  • 映画 ハイ☆スピード!ーFree! Starting Daysー 水とふれあい、水を感じることに特別な思いを持つ七瀬遙。 小学生時代最後に出場した大会でのメドレーリレーで、 橘真琴、葉月渚、松岡凛とともに、遙は「見たことのない景色」にたどり着いた―――。 そして桜が満開の春。 遙は真琴とともに岩鳶中学校へ進学。新たな生活が始まろうとしていた。 水泳部に入部することになった遙と真琴は、椎名旭、桐嶋郁弥と4人で メドレーリレーのチームを組んで試合を目指すことになってしまう。 考え方も目的もバラバラな4人。そして彼らにはそれぞれに抱えた悩みがあった。 そんな中でリレーの練習を重ねるも、上手くいかないままで……。 「チーム」となるために必要なこととは何か。 過去のメドレーリレーに心が囚われたままの遙が新たな場所で何を思うのか―――。 彼らが少しずつ互いを知り、 水泳を通じて新たな思いに気づいていく姿を描く[映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-]。 少年たちのみずみずしい青春、水泳にかける彼らの未来が今、始まる。
  • プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ 5人のランナーと1人のリレーショナーの6人が一つのチームとなって街を駆け抜け、その速さを競い合うエクストリーム・スポーツ《ストライド》。 高校の部活動に始まり、全国的に人気を得つつある《ストライド》だったが、方南学園高校のストライド部は廃部寸前の状態に陥っていた。 そんなストライド部にやってきた新入生の藤原尊と桜井奈々は、ストライド部を再始動させるべく、クラスメイトである八神陸に声をかける。 《ストライド》だけはやりたくないと尊と奈々の誘いを断る陸。 しかし2人にストライド部の部室へと連れて行かれた陸は、そこで入部をかけたストライド勝負をすることになってしまうのだが……。
  • チャンネルリレー ゲーム実況チャンネルリレー企画をお知らせするポータルサイトです。
  • みんなで作る週刊誌小説戯曲チャンネル チャンネル企画概要: 【運営の流れ】 1 発行本、映像を公開。 2 読者様からご意見感想をいただく。 3 物語の広がり、新たな登場人物、シリーズ展開などを編集部が肉付け。 4 以降繰り返しながら、著作権フリーとします。 5 シリーズは、筆者より面白く、才能ある方にお渡し。 6 時代を越えて物語として見た聖書のように、筆者と読者、新たな筆者で作るリレー式のコミュニティとしたい。 *映画なのか、朗読なのか、舞台(ライブ)なのか相応しい形式で公開することも視野の中にある。できるならライブで楽しみたい。 【理念的なもの】 ジャンプなどは読者アンケート形式で求められる内容とキャラクターを作っている。 オープンソースのように、デジタル式ネットの世界で、距離感が近く半永久的な創作プラットホームにしたい。 【多チャンネル化】 物語のみならず、ビジネス本も勉強会の乗りで討論し、時代を取り込みつつ新しい価値を創造していく。 マーケティン大喜利、川柳であったり、ビジネステーマの討論本であったりする。日刊きまぐれ大喜利新聞を”つぶやく”こともある。 ☆著者プロフィール 78年大阪府出身 父は考古学者。叔父はカメラで書籍を出している。ただ皆、無名。 ジャンプと大河ドラマに影響されて幼少の頃、劇団○ま○りの新聞広告を親にもっていき破られる。 大學在学中は30公演(演目)を踏むも、やはりビジネス経験が必要と痛感。 広義のマスコミ 広告代理店に入社。時まさにネットマーケティング草創期。 マスコミや広告以上にマーケティングの時代を体験する。 証券会社マーケティング部課長を経て、独立。リーマンショックを現役で体験し 金融、経済の経験値を活かし小説、脚本を執筆。 主演映画はcine drive,岡山総社芸術祭、福岡インディペンデント映画祭で上映。 ☆おすすめポイント ●テレビなどマスコミが切り込めない政治経済、金融動向などを時にシリアスに、時にフィクションや笑いで包み提供する。 ●俳優、脚本、販促、マーケティング、金融などの専門性 人のつながり ●読者ターゲット ・メインターゲット: コアな読者層は現役で最前線、中間管理の立場 30-40歳 ・サブターゲット:  世の中と将来を知りたい学生、社会人若手。働く人全て。 ・感想:経済素人を自負する俳優「何を言っているか専門的?だが刺激的面白い」 ・ストーリーの独自性と、発想と情報網 常にシリーズ化できる。 ●読者様の質問に回答します。そこにまた、ドラマが生まれる。 ●損はさせまへん。 ☆販売書籍 amazon 【熱海殺人事件 2020 木村伝兵衛最後の事件】 【天界国会中継~歴代総理大集合 】 【松永弾正 戦国を上り詰めた男 信長が認めた気骨と反逆】 【「我輩も猫である。」 漱石と愉快な面々】 ☆未公開書籍 「短編コメディ集 笑い科学研究」「内部査察官明智の事件簿 ファイナルケース」 「new_town_old_boyz」「ポジショントーク資本主義ゲーム」 「デフォルト 近未来経済スリラー映画」 「マルシェ マルケット マネー(ココロの)行方 金融コメディ映画」 ☆近々、発売予定書籍 《大喜利で語るマーケティング》 《グッバイ大統領 松平元康》政治コメディ
  • アンファー ニッポンを若くするアンファーの公式チャンネルです。 アンファー株式会社は、1987年の会社設立以来「ニッポンを若くする」をコンセプトに、皆さまの「いつまでも美しく、健やかに生きる」というエイジングケア・ライフスタイルの実現をめざすトータルエイジングケア・カンパニーです。多くの医師や臨床機関・研究機関との密接なリレーションを構築しながら、「スカルプD」をはじめ、化粧品やサプリメントなど様々なエイジングケア商品の企画・研究開発および販売を行っております。http://www.angfa-store.jp/
  • PINKEYチャンネル いま注目度急上昇中のセクシーアイドルグループ/PINKEY(ピンキー)の公式ブロマガ。丘咲エミリ、北川 瞳、周防ゆきこ、友田彩也香、あやみ旬果らメンバーたちの面白くてセクシー、そして赤裸々な想いを語るブロマガをリレー形式で毎週金曜日更新! 
  • 立命館大学産業社会学部 音楽関連団体共同寄附講座ちゃんねる 立命館大学産業社会学部音楽関連団体寄附講座チャンネル 昨年に引き続き、コンソーシアム京都の立命館大学産業社会学部音楽関連団体寄附講座では、講義の模様をニコ生で放送することを決定いたしました! 講座「デジタル/コンテンツ文化・産業論」では、様々な音楽団体からの寄付(詳しくは下記を参照してください)によって講義が運営され、 エンタテインメント産業界の第一線でご活躍されている方々を講師として招き、 様々な分野で一流の方に毎回異なるテーマで講義を行っていただいています。 この度、ニコニコ生放送のご協力のもと、チャンネルを開設いたしました。 <音楽関連団体寄附講座「デジタル/コンテンツ文化・産業論」とは> 音楽関連団体寄附講座「デジタル/コンテンツ文化・産業論」は、 一般社団法人日本音楽出版社協会、一般社団法人コンサートプロモーターズ協会、社団法人日本芸能実演家団体協議会・実演家著作隣接権センター、一般社団法人日本レコード協会の寄附金によって運営されています。毎回の講義では、音楽評論家で日本レコード大賞常任実行委員でもある反畑誠一先生(産業社会学部客員教授)のコーディネートにより、エンタテインメント産業界の第一線でご活躍されている方々をゲスト講師として招き、リレー形式で毎回異なるテーマや分野からの貴重な講義を展開しています。<次回放送>シンセサイザー・プログラマーの松武先生が立命館大学で講義!!【タイトル】「テクノポップ&ビジネスモデル2013」【日時】2013年11月8日(金)13:00~14:30【出演】 松武 秀樹(シンセサイザー・プログラマー) 反畑 誠一(音楽評論家・立命館大学産業社会学部客員教授) 粟谷 佳司(立命館大学産業社会学部准教授)【リンク】●立命館大学産業社会学部ホームページ http://www.ritsumei.ac.jp/ss/ ●音楽関連団体共同寄附講座「デジタル/コンテンツ文化・産業論Ⅰ・Ⅱ」ページhttp://www.ritsumei.ac.jp/ss/education/related.html/ ●立命館大学産業社会学部デジタル工房ホームページhttp://sansha.info/ 【撮影・デザイン】 産業社会学部事務室デジタル工房 学生スタッフD-PLUS